中国領事館が面会拒否要請

コメポ

台湾の蔡英文総統は8日、中米訪問の途中立ち寄った米テキサス州ヒューストンで、昨年の大統領選共和党候補指名争いに出馬していた同州選出の上院議員クルーズ氏と会談した。同氏の声明によれば「ヒューストンの議員団」は面会直前、蔡総統と会わずに「一つの中国」の原則を守るよう要請する「興味深い」書簡を中国の領事館から受け取ったという。今回の面会に中国は反発し、「中米関係を破壊する行為に反対する」と批判した。

クルーズ氏は声明で「米国を訪れた人との面会について決めるのはわれわれ自身だと中国は理解する必要がある」と述べた。さらに、中国側が誰と会うか、米側にも拒否権は与えられていないと述べ、中国を強くけん制した。

時事通信

他国には平気で内政干渉するくせに、中国は他国の要望をすぐに内政干渉と突っぱねる。
韓国や北朝鮮と同じ国だっただけによく似ている言動だ。
中国も韓国・北朝鮮もその思想は、国というより部族感覚だな。
日本も靖国参拝時に文句を垂れてきたら、参拝をするか否かは我々が決めることだと理解するべきだと、コメントすればいい。
内政干渉などはねつけるだけでいい。
台湾というひとつの国を否定する確信犯である
中国というデタラメな国は野放しにせず、厳しく、はっきりとした態度を示さなければつけあがるだけである。
『遺憾』などという言葉は中国には絶対に通じない!
日本の政治家もこれ位強気な事中国韓国に言える様になってくれよ…
要請出来る立場じゃ無いだろ。どっちの国の宗主国でも無いんだから。
中国は、お黙り ‼

内政干渉無用 ‼
中国の息がかかっていた前総統時に中国からの観光客が激増し、台湾経済は一時非常に潤ったが、中国と距離を取ろうとする現総統に代わった途端、中国が台湾への渡航を厳しく制限した為、中国からの観光客が大幅に減少、規模を拡大し過ぎた観光関連業者やそれに携わる人々は一転苦境に立たされた。それらの現政権への不満も大きく今や親中、反中勢力は二分している様だ。内部から取り込もうとする中国に対向して行くのは容易ではない。
台湾人=中国人なら、アメリカで誰でも逢って良いはず。
拒否を要請するんだったら、台湾人=別の国の人だと認める事になる。そんな事も分からないのか?
中国という地域に複数の政府、国があっても何の不思議はないのであって、そもそも、本来の中国とは、万里の長城の内側から東シナ海の沿岸部までをいい、台湾は含まれない。台湾は中国の属国に過ぎないはずだ。
でもどちらも反日だよね
そういや蓮舫が安倍と橋下が会うのに同じようなクレームつけてたな。蓮舫は台湾籍でもあっち側ってことか。
台湾、このまま強気で頑張って欲しい。
日本もこのくらいは言わなあかんな
やれ、やれ~!台湾は国をみせつけれ~
一つの中国って民意に基づく台湾の政権のみを中国と認める事を言うことじゃないの?中国共産党は国共戦争で国民党を駆逐して以来一度も民意を問うことがないから正統性がない。故に台湾の政権のみが中国だと思う。これが本当の一つの中国だろう。
蒋介石や毛沢東は過去の人だよ!
大人になって過去より未来に生きた方がいいのにね!!
中国は超セコい。何だこの醜態は?それに中米関係ってそんな都合の良いものあったっけ?
やはり遺伝子レベルで異常な民族だな
中国や韓国はあまりにも内政干渉し過ぎている!マスコミらも中国韓国に荷担するゲス!
中国韓国北朝鮮は常に上から目線の命令口調。他国に内政干渉するなと言いながら他国に内政干渉する。都合に応じて[先進国の癖に後進国][加害者の癖に被害者][独裁国家の癖に民主国家]と言い張る。

page top