米兵、民間地の畑に落下

コメポ

米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイからパラシュート降下訓練中の陸軍兵1人が10日、米軍伊江島補助飛行場(沖縄県伊江村)から約50メートル離れた民間の葉タバコ畑に落下していたことが11日、分かった。けが人はいなかった。村は、防衛省沖縄防衛局を通じ米側に再発防止を求める方針。

同村や目撃した村議によると、オスプレイは2機編隊で、1機から6人がパラシュートで降下。1人が10日午前10時45分ごろ、民間地に落下した。その後、訓練は中止された。

時事通信

こんなのイチイチ記事にするなよ、時事通信。訓練は中止したの?それとも、終了したの?米軍も曖昧なこと言わずに、訓練不足なのでこのような事態が発生した・・・よって再発防止のため、今後、訓練回数を2倍に増やす・・・とくらい発表しろよ!
過剰反応という人は自宅とかに降下されてもご苦労様というのかとコメあるが、違うだろ。家に降下したんじゃなく、畑に落ちたからら過剰反応だと言うんだよ。それに、けが人もいないのに。こんなことぐらい、大目に見られないかな。自宅に降下されても云々も過剰反応だよな。
↓米軍の不祥事に情けは無用( ̄^ ̄)
沖縄の韓中化が進んでるな…。けが人出なくて良かったね?に、何故ならんのかな?
毎日訓練ご苦労様です。
米兵キャッチャーで捕まえるんだ沖縄県民
"落下"じゃありません"不時着"です。

by.墜ちた米兵の言い訳
目的地から50㎡離れた場所に降下した。そこが基地の側のタバコ畑。写真だとタバコ畑は収穫後の空地に見える。風向きやパラシュート操作を見誤り50㎡離れた場所に1人だけ降下。場所は収穫後の空地。記事にして騒ぐレベルの事ではない。 それより先般のオスプレイの不時着は墜落と報道し、パラシュート降下を落下とわざわざ言い替えるのは、表現の自由ではなく、世論の煽動や誘導だと思う。
でもパラシュートって日本語では
「落下傘(らっかさん)」
じゃないか?

とすると、落下傘で落下
で良いと言う解釈も出来る。

パラシュートが開かないで落ちたらそれこそ飛行機でも人でも
墜落
でしょう。
実戦で落ちないために訓練してるんだし、落ちても仕方無いっちゃ仕方無い。
オスプレイも給油で失敗したって言うけど、訓練なんだからなぁ。
うちの近くに習志野駐屯地有るけどパラシュートけっこう落ちるよ。
ここで「過剰反応」といった意見の人は、自分の家の屋根や庭、ベランダに米兵が「降下」してきても、
「毎日ご苦労様です~」
って言うんですかね。
降下失敗を落下とか不時着を墜落とか悪意に充ちてるよな、あの不時着も右側は無事左側が岩があった為に破壊されただけだが映像は左側だけ映して墜落だ墜落だと騒いだ、プロパガンダはこうして民衆に刷り込んでいく処が怖いんだよ
空挺部隊といえばどの国でも精鋭集団でしょ。
訓練をしなければ練度が上がらない事は理解できるけど,米軍そのもの質や人選する側,される側の質。
随分劣化してないか?
有事の際,本当に力になってくれるのか?
大いに疑問だ!
いろいろなものが落ちてくるねぇ

オスプレイの事故についてテレビは

『アメリカが不時着とする墜落事故で』と、ちゃんと言っていましたよ
落下というからパラシュートが外れたとか開かなかったとかで米兵が落ちたのかと思ったよ。目標外れただけなの?それは落下じゃなく降下でしょ。落下傘なんだから落下でどこが悪い?とか開き直りそうだけど、自分で降下訓練と書いてるんだからね。
不時着を墜落だと言い募るのと同じ悪質な印象操作だよ。
子どもの頃 校区内にタバコ畑があって 当時は専売公社だったから 先生に タバコの葉は1枚ずつ数を数えてあるので ちぎったりしないように!と言い渡されてました…。
畑荒らしたら葉っぱ1枚単位で補償してくれるんだろうか?今は民営だから保険の範囲内とか?
隕石が降って来た時の補償があると聞いたことがあるけど 沖縄はいろんな物が降って来るから大変だよね…。
ホントまだ畑で良かった?!絶対屋根や庭にも堕ちてるよね?
パラシュート降下を「落下」と呼ぶなら、飛行機は着陸と言わずに「落ちた」と言いなさい。記事を書くならもっと言葉を学びなさい。もしも知った上で書いているなら訓練を誹謗したいだけの卑怯者だ。
けがなくてよかった!が、本心です。訓練でも予期しないこともあります、まずはマイナスな面を大きく言う前に相手を状態を気遣いのが日本人の特徴ではありませんか。オスプレイ不時着にも新聞にはそれも書かれてなかったのが残念です
風と降下タイミングを誤れば、積極的に操作出来ない落下傘タイプば風任せでピンポイントなんて、そもそも無理だし(--;)
開いた後の降下途中で煽られたら、大きく目標外れます<m(__)m>
米兵の失敗よりも、中国機の領空侵犯の方が数も多いし悪質なのに「報道しない自由」に守られている不思議。どこが日本にとって「敵」なのか?少し真面目に考えなくてはならない時期が来ている

page top