告白本…読み終えた感想

コメポ

「幸福の科学」への出家を発表し話題の清水富美加さん。2017年2月17日、彼女の心境を綴った告白本『全部、言っちゃうね。』が発売された。



同月12日に幸福の科学のホームページ上で出家について発表されてからまだ5日余り。きっと、告白本発売の早さに驚いている方も多いのではないだろうか? そんな中、今回はさっそく書籍を入手。読み終えた感想をお伝えしたい。



・告白本『全部、言っちゃうね。』

本日17日に発売となった清水さんの告白本『全部、言っちゃうね。』の定価は税込1296円。以前の記事でお伝えした通り、Amazonでは一時3500円で販売されていたようだが、書店で購入するのが妥当だろう。なお、出版元は「幸福の科学出版」となっている。



・本を発売することは以前から計画済か

しかしなぜ、こんなにも早く発売することが出来たのだろうか……幸福の科学のホームページ上で公開されている清水さん自筆のメッセージを読み返すと、「この約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、明かしていきたいと思います。」という言葉がある。

----

この言葉から推測するに、出家を発表した当時、もしくはそれより以前から告白本の発売は計画済だったと考えるのが普通だろう。しかし順風満帆に見えていた彼女にいったい何があったのだろうか? 



・精神や体調に支障をきたすようになった

本を読んでみると、自ら望んで芸能界入りしたものの、多忙になるにつれて仕事や事務所(レプロエンタテインメント)に対するストレスが蓄積。やがて精神や体調に支障をきたすようになったという。



そんな中、彼女の心の支えとなっていたのが、子供の頃から信仰していたという幸福の科学。つまり「芸能界入り~出家までの経緯」が本の主な内容となっている。その内容をザックリ言えば「事務所は親身になって考えてくれなかったが、幸福の科学は考えてくれた」ということのようだ。



・自分の努力だけを語っている点に違和感

違和感を若干覚えたのは、文中で清水さんが自分の努力ばかりを語っている点。競争の激しい芸能界で、ここまでブレイク出来たのは事務所の力も大きいハズ。自らの意思で芸能界に入り、自らの意思で出家したのであれば、これまでお世話になった事務所に対し、多少なりとも敬意を払うべきではないだろうか?



今回のように法名「千眼美子(せんげんよしこ)」として告白本を出すのであれば、事務所に対して感謝の言葉を記し、全ての人を “幸福” へと導くような本にして欲しかったというのが個人的な感想である。本日発売なので、気になる方はぜひご一読いただきたい。



参考リンク:幸福の科学「ニュース」

Report:K.ナガハシ

Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24

直ぐに忘れられた存在になるよ。
金と時間の無駄。
お金の無駄になる買いたいと思わない…
新興宗教=洗脳は偏見だよ。
私は学生時代禅宗の小僧見習いをやったが途中で止めて得度まではしなかった。作家の水上勉の書いてるほどじゃないけど、既存の葬式仏教の僧侶なんて宗教心の欠片もないから。
私の叔父は小僧から雲水になり、寺の住職になり召集を受けて軍隊に行ったが、雲水も兵隊もためになるのは最初の2年であとは下に新しいのが入ってきて何もすることがない、遊んで食べて小遣いもらう生活だと言ってたよ。
此れまでのニュースを見ていて思うけど、
洗脳と言うよりは[以下にも今の若い子]って事なんじゃ無いのかね?
世の中に対しての常識も礼儀も何も無い、

お世話に成った人達に感謝の気持ちも全く無い、なにもかも自分一人でやり遂げたみたいなイタイ勘違い少女って感じだね、

家族揃って彼処の信者らしいから、一家揃って常識の無い人達だったのかも知れないな、

事務所が本当に良心的な処だったなら、親に代わって躾もしてあげるんだろうけど、
仕方無いか…

事務所とタレントはあくまでも会社と従業員の関係、
其処までしてやる義理は無い、
事務所はババを引かされた様なもんだな。

いろんな記事で内容を知ることができるので買うまでもない。
『美子』に(笑)昔、漫画雑誌の裏表紙に掲載されていた日本ペン習字協会の広告漫画『日ペンの美子ちゃん』を思い出してしまうのだ(笑)
この騒動で、ブラック芸能事務所とイタコ芸のカルト教団の汚点があぶり出されるなら大歓迎。どんどんやってくれ!
給料が安すぎたとか不満言ってるけど、2014年頃には年収1,000万円は貰ってたとか。
充分すぎると思うけど。
ほんの一部分本人の記述か発言か!?
大半が、口述筆記か?教団出版社側のゴーストライターによる記述か!?

多忙による 精神不安定の結果かも
気の毒

page top