非常ボタン、火災想定せず

コメポ

 東京都渋谷区代々木の小田急線沿線火災では、近くを走る電車がたまたま現場の真横で停車し、屋根に延焼した。警察官が踏切の非常停止ボタンを押したため緊急停止し、再び動かすまで約8分かかってしまった。沿線火災時の非常ボタン使用は想定されていないといい、専門家は「むやみに押すのではなく、運輸司令所や最寄りの駅に連絡を」と指摘している。

 警視庁代々木署などによると、火災は10日午後4時5分ごろ、小田急線沿線のボクシングジムが入る3階建ての建物で発生。現場に駆け付けた同署員が消防隊員から「線路側から消火したいので電車を止めて」と要請された。踏切の非常ボタンを押したところ、近くを走っていた普通列車の自動列車停止装置(ATS)が作動し、同11分に踏切の約23メートル手前で緊急停止した。

 しかし、停車したのは運悪く現場の真横。運転士は火災に気付いておらず、踏切に異常があったと思い、降車して安全確認に向かったところ、立ち上る炎を見て初めて認識した。慌てて安全な場所に移動させようとしたが、非常ボタンを解除し、運輸司令所から許可を得るまでに約8分かかり、その間に2両目の屋根に燃え移った。

 乗客約300人は線路に降りて避難。結果的にけが人は出なかったが、状況によっては大惨事になった可能性もある。

 小田急電鉄によると、沿線火災を運転士や車掌が確認した場合、運輸司令所に報告して指示を受けることになっている。非常ボタンは踏切内で人や車が立ち往生した場合のために設置されており、沿線で起きた火災などは想定していない。

 大阪産業大の大津山澄明教授(鉄道工学)は「火災現場に差し掛かり、手前での停車が難しい場合には、速度を維持するか若干落として通り過ぎる方が安全だ」と指摘。緊急停車させるとかえって危険な場合もあるといい、「むやみに非常ボタンを押すのは控えるべきだ」と話した。 

時事通信社

ウマシカなのは貴方です
書かれている通り 立ち往生や侵入などがある場合は押していいのですが 火災の場合今回のようなことがあるため通りすぎた方が安全なのです
書いてあるでしょ? ちゃんと読んだ?
仮に火災で建物の一部が線路に落ちていたら押しましょう 基本は線路上になにかある場合
なかなかとっさに判断しにくいから今回は誰も責められませんよ
今後を考えて鉄道会社は消防と警察とを交えて話し合ってすりあわせするのが大切かと
同じことを起こさないための話し合いが大切です
非常ボタンがダメなら、踏切に発煙筒の設置をお願いしたい。それを使って列車に向かって走って伝えれば良い。
煙に色でもつければさらに目立つことと思います。

指令所や駅に連絡なんて悠長なことやってられるかよ!知らせるべき相手は運転士!!
消防から指令所に連絡済みで、それでも停止していなかったから、こう言う事態が起きたのでしょう

消防隊が着く前に、指令所には一報が入っていた

一報から、5分以上経っていたなら、該当駅間を走行中の車両に連絡が出来たのでは?

もし確認が取れないなら、運行継続でなく、停止を選択すべき

イタズラなどを疑っても、一時停止を選択しない鉄道会社は、安全意識が無いと言わざるおえない
むやみやたらと押すなって
非常ボタンの意味がねぇ。
この専門家はウマシカか?「むやみに」押したら駄目だけど、非常事態の時に、いちいち連絡して許可が降りるのまってたんじゃ遅いだろ。それじゃ「非常ボタン」じゃねえよ。
沿線火災時の規則はあるぞ。非常ボタン取扱時の規則もある。

沿線火災時に非常ボタンを押された場合の規則が無いのです。

鉄道側を責めている人は普段から規則や定められたルールを守らない人たちです。相手にしないこと。
「結果的に」誰が悪いか敢えて言うなら非常ボタンを押した警察官。線路の上を進むか止まるかしかできない電車の運転手に今回の件でできる事はない。
「むやみに押すな」とか言うと、これから押さなくなるよ。
非常ボタンを押した人が悪者みたいになっているが緊急事態を伝えたい思いでの行動だからやむを得ない
一番悪いのは乗務員。特に運転士。前方での異変に気付かないか?
「非常ボタンが押された…面倒くさいな…」なんて考えながら行動したのだろう。沿線火災に気付いていたら安全な場所に停車出来た。指令にもその旨を伝える事が出来た筈
「お客様の安全」と言いながら念仏のように唱えているだけでは実行出来ない
いやあ~踏切事故以外で踏切の緊急ボタンを押すのは考えられない 警察官のミスですよ!火事なんかは運転士の判断で停止するか通過するか決めるでしょう 緊急停止したらどうしようもないし今回みたいな事になりかねない

page top