離党ドミノ避けられない見通し

コメポ

 民進党の鈴木義弘衆院議員(比例北関東)が13日、離党届を提出した。共産党との選挙協力への反対を理由としており、既に離党した細野豪志元環境相と連携していく方針。前原誠司代表ら党執行部は、「離党予備軍」の慰留に全力を挙げるが、離党ドミノは避けられない見通しで、前原氏の求心力低下は必至だ。

 鈴木氏は衆院議員会館で記者会見し、共産党との共闘を見直すとしていた前原氏について「共産党とは一度リセットすると言いながら、(実行する執行部の)体制が見えてこない」と述べ、共闘路線継続を訴える枝野幸男氏を代表代行に起用した人事を批判した。 

時事通信社

離党して誰かと新党作って、数会わせの為だけにどっかの党と合流して、新しい党作って、何も仕事しないで、離党しての繰り返し
庶民の可処分所得は、減り続けている。富裕層の税負担は、軽くなるばかり。日本でも、格差が拡大。格差が、経済の阻害要因になっている。400兆円を越える内部留保を溜め込み賃金に還流しない大企業。再配分で、格差を小さくする政策が求められる。細野らは、自公に近い。期待は0。




ミンシン議員この有事の時お家騒動ですか ノンキなものですね~政権ミンシンでなくて良かった。
アレアレ?野党第1党になるんじゃないの?
古ネタとは言え、不倫報道より遥に大問題なのに今朝のワイドショーは、文春を無視ですね、なんで?
民進党云々はおいといて、比例議員が離党しても議員でいられるのには猛烈に違和感がある。選挙区で落選、比例区で復活当選した奴なら尚更。党の看板で議員になれたんだから、その看板から離れたら辞職がスジってものじゃない?
離党した議員がマシとか言っている輩は人を見る目がない。泥舟にしがみつくか、自分だけ助かろうと逃げ出すかの違いであり、どっちもどっち。むしろ離党議員が民進時代をなかったことにして議員を続けるのが気持ち悪い。
レンホウ、辻元、かん、玉木、こにし、階とかの胡散臭い、無能な奴らを切り捨てて新しく出直す位の気概はないのか!せっかく山尾をや細野を追い出したのに。最後のチャンスなのにね。
民進党唯一生き残る道は自由党と合流し豪腕小沢一郎を代表代行か幹事長にすること断トツの力を持っている今こそ党にとって絶対に必要な人物だガンバレ民進党
除名すると願ったり叶ったりで大喜びするから、逆に民進党の永久役員に任命してやればいい。

page top