鈴木さん擁護で女優2人に非?

コメポ

女優の鈴木砂羽さんが演出・出演する舞台から、演者の鳳恵弥さんと牧野美千子さんが直前で降板した一件が話題を呼んでいる。鳳さんと牧野さんが所属する事務所、またそれぞれのブログによれば、2人は鈴木さんから土下座を強要されるなど「人道にもとる数々の行為」を受けたという。



この件はワイドショーなどでも大きく取り上げられているが、報道を見て違和感があるのは、「舞台の風習とイジメが混同していること」である。様々な情報が飛び交っているが、この2つはしっかり整理した方がいい。



・泥沼待ったなし

まずは舞台の降板騒動について、簡単に説明しよう。鈴木砂羽さんが演出・出演する舞台『結婚の条件』に出演する予定だった鳳さんと牧野さん。主宰の江頭美智留氏がスケジューリングのミスをし、2回目の通し稽古ができなかったことから鈴木さんから罵声を浴び、土下座を強要されたという。







現在は情報が入り乱れている真っ最中で、鈴木さんサイドが「2人の虚言」だといえば、鳳さんサイドは「謝罪を受け一度は舞台に戻るつもりだったが、鈴木さん側から “もう代役は決まった” と告げられたので降板した」などとしており、まさに “泥沼待ったなし” の状態だ。

----

・話をややこしくしている存在

ことの真相についてはいったん置いておくとして、今回の騒動をややこしくしているのが、梅沢富美男さん、高橋克実さん、カンニング竹山さんなどの舞台経験者たちである。それぞれワイドショーでこの件について触れているが、



「土下座と言うが、稽古が終わったら全員ありがとうございましたと手をつくのはあたり前」

「演出家は大体一段高いところに座っていて、演者たちは床に座ってダメ出しを聞くから、自然と最初から土下座してる感じになる」

「稽古は人格否定から始まる。本当に有名な俳優さんでも稽古場の隅で泣いたりしている」



……などと、いずれも鈴木さんを擁護、降板した2人に非があるというスタンスだ。







確かに世の中的にはナンセンスに思えても、“その世界だけの風習” は存在する。そしてそれ自体は否定することでもない。演劇の世界に時代遅れの価値観が独特であろうと、外野がヤイヤイ言うことではない。

----

記者がちょっとだけキックボクシングを習っていたときには、稽古前と終わりには必ず全員で神棚に向かい土下座スタイルで頭を下げていたし、あの大女優・中谷美紀さんは映画『嫌われ松子』の撮影の際、監督から厳しい指導を受け「殺してやろうか」と思うほど追い込まれたという。







なので、その世界の独自ルールはいい。……が、問題なのは、



「独自ルールや風習に見せかけて、パワハラやいじめがあったのではないか?」



……ということだ。厳しい指導と単純なイジメ、その境界線はパッと見ではわかりにくいが、要するに鈴木さんは2人に愛を持って接していたのか? 2人は鈴木さんから厳しさの中に愛を感じていたのか? これに尽きるのではないだろうか?



正直、この件で鳳さんと牧野さんの名前を知った人も多いことだろう。鈴木さんとの知名度の差は歴然だ。それだけに、有名人たちが風習だけを理由に鈴木さんを擁護する姿に違和感を覚えずにはいられない。風習の一点張りだと、逆に鈴木さんのイメージも下がってしまうように思う。

----

風習とイジメ。今回の報道を目にする際は、その2つは分けて考えた方がいい。そして舞台関係者は風習を理由にするだけではなく、鈴木さんに愛があった根拠を示した方が本人のためにもなるハズだ。



【追記2017年9月15日19:30】

当初は「2人の所属事務所がスケジューリングのミスをし」と記述しておりましたが、「主宰の江頭美智留氏がスケジューリングのミスをし」の間違いでした。訂正してお詫びいたします。



参照元:しぃぼるとプロダクション 、 直撃LIVE グッディ! 、 情報ライブ ミヤネ屋、ORICON NEWS

執筆:P.K.サンジュン

Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24

代役の二人はプロ
降板した二人に集中砲火?この二人にはさほど失うものがないんだと思う。グッデイの高橋さんその他の皆さんの話しを聞けば鈴木さんの擁護がハンパないと思うし印象操作で言えば完璧だよねぇ。代役が決まった時点で代わりはいっぱいいるし自分達は必要ないと普通は思うだろう。やっぱりパワハラだと思いますよ。鈴木さんの気分を害したのだから。こんな話しは女の職場でならいくらでも有る話し男の職場でも普通にあるでしょう。嫌なら会社を辞める事も普通にあると思いますよ
舞台の稽古って、今回の件のような事は日常茶飯事なんでしょ!?直前に降板した2人は、少なくともキャストの皆さんには謝罪するべきだと思うけどな。
本番二日前に代役で来た二人の名前を出してあげて下さい。きっと二日間 徹夜で必死に稽古して台詞覚えたりしたんだろう。代役の二人はプロだな。それに引き換え、ごちゃごちゃと理由つけて、本番二日前に辞めて行った二人は、全くプロ意識がないね。一旦引き受けた仕事は最後までやり通すのがプロ。最後までやってから文句言えよな。
わかった事は降板した役者が2人いて、テレビに出たがり社長がペラペラとお喋りした事。もう誰も一緒にお仕事はしたくない事務所であり役者の売り込みしても信用信頼はされないでしょう…。
素人に毛が生えた位の人間が女優気取ってるだけだろう
売名行為と言われても仕方ないだろうが誰も使わないよ
この2人の女優や事務所社長は、『蜷川幸雄』の舞台でも同じようにドタキャンしたんだろうか?
要は、初演出の鈴木さんを甘くみて嫌がらせをしたんじゃないのか?
2日前のドタキャンなんてありえない。
プロなら一度受けた仕事はきちんとこなす。
その上で不平不満があるなら、次からその仕事は断わったらいい。
この件に関して
当事者二人が自ら
テレビに出て弁明し始めたら
売名決定
ということでよろしいかな?

元々合わない人(特に同性)同士が衝突しただけ。
それにしても、二日前の代役で充分舞台が成り立っていたんだから、ドタキャン女優の二人がいかにプロ失格かがよくわかるよ。舞台のお客様が代役になっていたことに全く気が付かなかったってインタビューに応えてましたから。あなた達の代わりなんていくらでもいるってことだよ。鈴木砂羽さんの舞台だから足を運ぶお客様はいても、ドタキャン女優なんて眼中にないから。
愛ある厳しい指導をしても、受けとる方がいじめと思えばいじめ。単純に割りきれないから、今の世の中こんなにパワハラが問題になってる。

言えるのは、苦労を乗り越えた人だけが成長できるってこと。
売名。
よい作品にしたいと思うなら大根女優なんて必要ありません。文句言う前に実力つけて大女優になりなさい。
複数の人が真逆の事言ってるし、証拠も無いので判断出来ないでしょう!
やぁねえ、味方が多いから正義なら、パワハラし放題になっちゃうじゃない。

この鈴木って人の方が、利害を握ってる相手が多いってだけでしょ。

本当の所なんか私たちにはわからないのに、舞台製作に責任のある人が、騒ぎを終息させるどころか拡散に回っているところが嫌だわ。

何が真実だとしても、舞台裏の事は身内で始末しなさいな。
いちいち出演者に対する愛なんて必要ないよ。甘ったれすぎ。互いに最低の奴と思ってたとしても成功させるのがプロの舞台人でしょ。
そのためにも、そのときの舞台に対する愛は全員が持っててほしいけど(問題の2人には無かったかもね)。できれば観客に対する敬意も。
誰かが一方的に悪いってことはないと思うよ。

行き違いがあったのは事実だろうしそこから揉めたのも事実だと思う。

言葉も受け取り方次第で変わることも多々あるからね。

要するにコミニュケーション不足からくる行き違いもあったと思う。
世間一般の常識からはずれた「独特の風習」を強要する会社をブラック企業といいます。芸能界、芸能事務所のやり方にハテナマークがつくことが多いのも、芸能界独特の風習がまかり通っているから。「演出家は一段高いところに座って…」云々も、今どきどうかと思うけどね。
演劇界が、この事務所の女優・俳優は、起用しなくなるだけ

みんなで「お疲れさまでした」と、指をついて頭を下げるのと、床に額を付けて、謝罪するのが同じな訳がない。
しかし、一週間前くらい、あれほど日野皓正さんの指導を非難し、「他の方法があったのでは」一色だったのに、
舞台となると、何をされても我慢しろプロだろう?という話になるの?
何かが違う気がする。

page top