東名あおり事故で被告謝罪

コメポ

 東名高速道路で「あおり運転」を受けた車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の第3回公判が5日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、被告人質問が行われた。石橋被告は「子どもがおるとは分からんかった」と述べ、「こういう事件を起こして、申し訳ないことをしたと思います」と謝罪した。

 事故は昨年6月5日夜に発生。石橋被告の車に進路をふさがれ、追い越し車線上で停車したワゴン車にトラックが追突し、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=と妻友香さん=同(39)=が死亡、娘2人がけがをした。

 石橋被告は、萩山さんを車外に引っ張り出そうとしたことを「勢いでやった」と説明。その後どうするつもりだったかは、「多分、考えてなかった」と述べた。

 助手席にいた萩山さんの長女が子どもだとは気付かず、自分の車の同乗女性から「子どもがおるけん、やめとき」と止められ、手を離したと主張。理由を問われると、「子どもを巻き込んだりしたら悪いと思って…」と言葉に詰まり、眼鏡を外してタオルで両目を押さえた。

 追い越し車線での停車については「その時は何も考えてなかった」と供述し、事故原因は「自分が(車を)止めたことです」と話した。

 初公判で、石橋被告は事故発生に至る事実経過を大筋で認めていた。弁護側は、萩山さんへの暴行は認める一方、被告の運転行為と停車後の事故による一家の死傷には因果関係がないなどとして、危険運転致死傷罪と予備的訴因の監禁致死傷罪について無罪を主張している。 

時事通信社

この被告、まさに反省する気無しで身勝手で大トロ級の「ゲスの極み」!亡くなった被害者の娘らはどうでもいいんかい!(怒)裁判員や裁判官!こんな非常識な被告の罪を軽くするつもりか?!被害者の娘らの立場や無念は?よく考えてこの被告に「この世の生き地獄」を味あわせるために危険運転致死罪は勿論、一発死刑判決か恩赦無しの無期懲役かにしてやれ!
事件起こさんかったら結婚する予定だったって?!ふざけるな!!全然反省してないやん!
のりピーやヨッシーの演技力を見習えば刑期が軽くなるかも知れませんね。
だってこの事件の後にまたやってたんでしょ?その時の被害者が「殴るために生きてる」と言ってたって証言したらしいけど、反省どころか全く謝罪の気持ちはないね。
骨の髄まで腐りきった路上のゴミだ。犬やネコは路上を彷徨いてるだけで保健所行き、1週間で殺処分だ。こいつも、殺処分でよし。犬ネコ以下。生きる資格などない。税金で今日も飯を食え、生かされてるのかと思うと、飯代をそれこそ請求してやりたくなるわ。何が面会に金払えだ!
数ヶ月後にも同様の行動をしている奴が反省なんてするわけない。しかし金のためとはいえ弁護士も可哀想だな
この被告人、いい歳して知的障害有るんじゃないか?
軽い刑ではまた繰り返すのでは…普通に怖いです。
1年やそこらで出てきたらその場で殺られるで
誰かが殺せばいいのに。
殺ってくれた人のこと、全力で支援するよ。そういう同士は日本にたくさんいると思う。

page top