お笑い批評とかでメシ食ってる奴が

コメポ

カンニング竹山、「お笑い批評とかでメシ食ってる奴が嫌い」

 12月1日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 この放送の翌日に『M-1グランプリ2018』の決勝戦があることから、今回はゲストにザブングル・加藤歩、鬼越トマホーク、ラフレクラン、真空ジェシカら芸人が集まり、お笑いへの熱い思いを語った。



 ラフレクラン・西村真二は「SNSで批評するなら素性を明かせ」と書かれたフリップを出す。「ある程度の誹謗中傷は覚悟しているんですけど、ことM-1に関しては」と切り出した西山は、「何をちょっとそんじょそこらのアドレスで作ったアカウントで悪口とか言うとんやと、覚悟を持って悪口言うてこい」「魂でぶつかってこい、こっちは命かけてるから!」と憤る。

 竹山が「それはなに、そういう人がいるってこと?」と聞くと、進行の古関れんがSNS上での実際のやりとりを紹介。あるユーザーの「ラフレクラン、決勝いったとしても審査員は笑わんやろな~!」という発言に対して、西村は「ダメ出しありがとう、おもんなクソ暇野郎。」と返して口論になったという。



 最終的に、西村が「おつむ弱い奴相手すんの疲れたからブロックするな、おつかれした。」とリプライした後に実際にブロックしてSNS上でのつながりを閉ざし、このやり取りは終わっている。



 この一連のやりとりを聞いた竹山は「俺も一言、言っていいですか?」と切り出すと、そのユーザーに向かって「お前一生テレビ見んなボケ!」と怒りを爆発させる。「一般人がお笑い語ってもいいけど、表で語るなボケお前! お前が1番面白くないわ!」とブチギレる竹山に、ラフレクラン・きょんは「こんな味方が居てくれるとは」と驚いたが、竹山は「気持ち分かるもん、大嫌い」と吐き捨てた。

 さらに「俺も知り合いとかいるから、なかなか言いにくいんだけど」と前置きしつつ「芸人以外の人で“お笑い”でメシ食ってるような奴が嫌い」「お笑い批評とか、そうやってメシ食ってる奴が嫌い」と怒りが収まらない様子の竹山。



 「どの芸人も、そうやってメシ食ってる奴を絶対どこかで信用してないよね」と続けると、相手の立場が上の場合には仕方なく挨拶を交わすものの「お前に今、挨拶しないと厄介なことになるからやってるだけ」と、一線を引いて付き合っていることを明かした。



▶︎【見逃し配信】カンニング竹山の土曜The NIGHT#43~M-1前夜にモノ申したいSP!



(C)AbemaTV



AbemaTIMES

竹山自身がいろんな物に手を出している
ラフレクラン?覚えておくわ。どんなオモロイか期待しとくわ。ところでこの話、竹山も耳が痛いんじゃないのか?
コメにもあるが竹山自身がいろんな物に手を出している事にならないか?お笑いだけしてたら分かるのだが
芸人って元々イロモノでしょう?咄家の間で客に飽きさせない為にあったものでしょう?たけしなんてストリップの間でやってたんでしょう?それがテレビやらで持て囃されてメイン見たいな存在に成った、社会的地位を得たのは先輩の努力でしょう?そこにチョィ出してさもイッパシの天狗に成れるのは、歴史を知らない韓国人みたいだょ、カッコよさはそんなんじゃないと思うが?
芸人仲間で絶賛されてもネタやトークがつまらない人も居るが、職業として「お笑い芸人」を選んだ以上はクスクスさせないとさぁ、全員でなくてもね。「理解できない素人」なんて嘯いてるうちは「部活のノリ」と変わらない。自信があるなら吠えずに泰然自若で居てこそプロですよね。
そうやって他人の意見を聞き入れず独り善がりなお笑い哲学を寿命が尽きるまで語っていな。

売れるためには、謙虚、素直そして時には妥協も必要。


君らの価値観とは明らかに違う。



一般人に批評されたぐらいで、ビクビク・イライラする程度ならば、(自称)お笑い芸人など、辞めてしまえ。

しょせん、その程度の二流テレビタレントめ。


もう彼のキレ芸も月並みになってきたよね…。やたらとキレキャラ演じればいいって感じでなんだかなぁと思うけどね…。彼は悪い人では無いのはわかるけどね…。
キレ芸人 竹山には、もっと もっとキレて欲しい!! 誰彼構わずキレまくって、キレ芸を極めて貰いたい!! そして、いつの日か キレ芸グランプリを制作して欲しい!!
相方が、聞いたらなんて言うかなあ~

page top