キャッシュレス決済の浸透にブレーキか

コメポ

 ソフトバンクで発生した大規模な通信障害は、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済を推進しているIT企業や銀行業界にも衝撃を与えた。政府は海外に比べて遅れているキャッシュレス決済を推進しているが、落とし穴が露呈した格好。通信網の安定性向上など幅広い対策が必要となりそうだ。

 IT企業や金融機関ではスマホを使って代金を支払う「QRコード決済」参入の動きが急拡大している。顧客がスマホのアプリに表示した「QRコード」を店側が読み取るなどの方法で、決済する仕組みだ。

 ただ、通信障害によりQRコードが表示できず、店舗レジでの支払いが滞る事態も想定される。今回の問題でこうしたリスクを目の当たりにした顧客や小売店の間に不安が広がれば、キャッシュレス決済の浸透にブレーキがかかりかねない。

 IT企業関係者は「サービス普及に与える影響が心配だ」と不安を隠さない。大手銀行関係者も「通信障害にどう対応すべきか真剣に考えなければ」と話す。

 QRコード決済は導入コストの低さから中小飲食店などで普及が進む。携帯各社の通信設備が不具合を起こしても、店内に無線通信Wi―Fi(ワイファイ)サービスがあれば、決済は可能だが、東京都心の30代の居酒屋店長は「(代替として)ワイファイを入れるとなるとコストが気掛かりだ」と憂慮している。 

時事通信社

現金決済とかムリやわ。現金を落とすとか置き忘れ。こうなると諦めるしかない。でもクレカなどは被害が出でもすべて返還される。この部分がいかに重要かがわからない人が不思議。
電子マネーが一番!

ただ駅で電子マネーに現金を入れるとき銀行カードが使えたらな。大手鉄道なら信用出来るし、ましてや中国のキャッシュレス?怖い怖い‼アメリカなども信用できないと敬遠してるとか。
クレカ、電子マネーは使いすぎが心配で現金派なんだよね。そんなにキャッシュレスにしたいの?
なんで?
災害大国日本なのに、電気か電波が止まったらキャッシュレスだと終わりじゃねーかっ!
やたらとキャッシュレス決済とかにすればいいってもんでは無いですよね!クレカや電子マネーとかネットバンキングとかは確かに便利とは思うが地震とか災害起きた時はやはり現金は持っておくべきでしょ!災害起きた時はクレカとかは暫く使えなくなる事も…。
カード決済が浸透している国は貨幣の信頼がないからだぞ
水道から直接水が飲めるのといつもニコニコ現金払いが日本が誇れる文化、腐れ中華の真似をしてどちらも潰そうなんて日本の政治家は頭が悪過ぎる。
震災が多い日本でキャッシュカード中心にするメリットがあまりない。

しかも現金と違ってカードは機械の読み込みが出来る装置がないといけないし、当然停電だと使えない場合も普通にあり得る。

現金を持ち歩くよりもクレジットカードを持つ方が荷物は減るが盗難された時を考えると便利さよりも多くの危険がありあまり持ち歩かない人だっている。

現金の方が安心だしクレジットカードを持たせたって子供や高齢者が犯罪者に悪用されたりする危険性もあるのに他国に比べて普及率が圧倒的に低いからといってカード中心にするのがいいこととは全く思わない。
暗号化によるセキュリティの強化よりもAIの進化によるセキュリティロック解除の進歩の方が早そう…。素因数分解の理論がベースなので。
結論は「不便で面倒でもキャッシュレスじゃない方が安心!」
北海道地震の時コンビニは予備電源なくなれば電子マネーはアウトで予備電源ない店は暗い中で電卓で店員さんが対応してました。買い物も大変でしたが現金は大切だと本当に思いました

page top