キャッシュレス決済の浸透にブレーキか

コメポ

 ソフトバンクで発生した大規模な通信障害は、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済を推進しているIT企業や銀行業界にも衝撃を与えた。政府は海外に比べて遅れているキャッシュレス決済を推進しているが、落とし穴が露呈した格好。通信網の安定性向上など幅広い対策が必要となりそうだ。

 IT企業や金融機関ではスマホを使って代金を支払う「QRコード決済」参入の動きが急拡大している。顧客がスマホのアプリに表示した「QRコード」を店側が読み取るなどの方法で、決済する仕組みだ。

 ただ、通信障害によりQRコードが表示できず、店舗レジでの支払いが滞る事態も想定される。今回の問題でこうしたリスクを目の当たりにした顧客や小売店の間に不安が広がれば、キャッシュレス決済の浸透にブレーキがかかりかねない。

 IT企業関係者は「サービス普及に与える影響が心配だ」と不安を隠さない。大手銀行関係者も「通信障害にどう対応すべきか真剣に考えなければ」と話す。

 QRコード決済は導入コストの低さから中小飲食店などで普及が進む。携帯各社の通信設備が不具合を起こしても、店内に無線通信Wi―Fi(ワイファイ)サービスがあれば、決済は可能だが、東京都心の30代の居酒屋店長は「(代替として)ワイファイを入れるとなるとコストが気掛かりだ」と憂慮している。 

時事通信社

最強なのは500円よ
紙幣は水害でグシャグシャになるし
キャッシュレスはご覧の通り
貨幣こそが最強なのだ
いつの世でも現金が一番強いと信じたいです。スマホが無ければ出来ないシステム事態可笑しな話であり買えない人はどうする!んだ
海外に行くとき、できるものは全てネット予約していき、何部か印刷して持っていく。
荷物になるけどね。
毎回列車や、美術館などの入場口で、
スマホ決済のコードが読み取られず、買い直し、並び直しさせられている人を見る。
結局原始的な手法が一番安心かも。
こういうことがあるから、オール電化、怖くてできない。
会社のシステムで、QRコードを使ったキャッシュレス決済ができるようになりましたって、話してる日にこのトラブルだよ。

便利の反対は、不便ではなく、
超不便だな。
現金も電子マネーも、どっちも用意しときゃ問題ありませんよね。「災害があったら電子マネーは使えないから現金が一番!」なんて人もいるけど、災害があればキャッシュディスペンサーも使えなくなる訳で、たまたま現金を持ち合わせていない時に災害が発生すれば、現金派でも困る訳です。何故キャッシュレスを推進するかって、現金のやり取りは非効率だからですよ。
中国韓国などでキャッシュレスが急速に普及したのは偽札などが横行していて、現金に信用が無いからなのでは?
日本は印刷技術がレベルが高いので現金の信用度が高いし。

キャッシュレスにも対応できる技術開発、通信障害があった時などにどう対応するかなど技術向上は怠ってはいけないとは思うけど。
現金でもキャッシュレスでも使用者、お店がどちらでも選べる状態が多様性があって良いと思う。

ほらね。スマホに頼りすぎ。アナログが良い事もある。
現金が一番です。キャッシュレスを止め現金払いに…ムダ遣いも減り500円玉貯金を始めました。へそくりです!
なんか、モノは絶対壊れない、壊れてもいけない、なんて思ってるのかね。

これしきの事で、キャッシュレス推進派に衝撃、て・・・・。

大体、ウィンドウズにしたって毎週のようにアップデートがある訳でしょう。

あれはセキュリティ機能向上の為だけじゃなく、プログラムのバグ取りも兼ねてるんだから、本質的に大規模なプログラムとバグは切っても切れない関係にある。

壊れない事を目指すんじゃなくて、如何に壊れにくく、如何に早く復旧手立てを整えるか、でしょう。
解りきった事…

現なま
印鑑
日本文化の一部…



page top