羽田氏、靖国議連を脱退へ

コメポ

 国民民主党の羽田雄一郎参院議員(長野選挙区)は11日、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」を退会する意向を明らかにした。長野市内で開かれた、夏の参院選での野党候補一本化を掲げる市民団体の会合に出席し、「今の安倍政権は戦争に向かっているようにしか見えない。安倍晋三首相を参拝させようとしている方が多い中でやめるべきだと考え、手続きに入る準備をしている」と語った。

 羽田氏は議連の副会長を務め、野田政権の国土交通相在任中を含めて靖国神社に集団参拝してきた。今夏が改選期で、長野選挙区の改選数が1人に減り、自民党の元衆院議員の新人との激戦が予想される中、立憲民主党や共産党などに配慮する狙いとみられる。 

時事通信社

靖国神社を政争の具にしない為の会なんだけどねえ。こういう風見鶏はこの報道だけで「投票する価値の無い候補者」と分かるから、有権者にとっては調べる手間が省けて助かる。
ようはこの羽田雄一郎は、会に入会する代わりに手心を忖度して貰うつもりで入ってたが、法改正でそれがダメになったから辞めると。何と言うか信念が無い人だな…。
じゃあ、羽田は靖国神社公式参拝に反対だったのか?「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」を裏切ったんだな?昔なら御家断絶で没交渉に成ったぞ!北朝鮮だったら死刑だぞ!責任を取って損害賠償しろ!(怒)
反戦で平和が得られたなら、朝鮮は平和だったはずだし、抗日戦争を選択した中国も過ちを犯した事になりますね?

それに、日本が国連を脱退せず戦争もしなかったら、当時の欧米による植民地経営の時代が長引いたのでは?

多くの人命が失われたのは残念な事実だが、あの戦争によって一つの時代が終わり、新しい時代に突入させる契機となったのも事実。
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会!?


なんで「みんなで」なの?
参拝したけりゃ各々で参拝すりゃ、いいじゃん。
そもそも、どういう経緯で、こんな会が出来たのか?
よく分からん。

日本は過去から学んで「侵略戦争は」しないし事実それだけの戦力を持っていない。
あくまでも防衛戦。
第一、侵略戦争賛美なら、籍を置く議員の数はとうの昔にほとんど消えている。
戦争するって言われても、表現が漠然としててなんだかなぁ。そりゃ、防衛戦争はしますよ。欧米流に自然権としてね。個人でいうところの生存権だ。
後方支援はあり得る。義理ってヤツね。
侵略戦争?時代錯誤ってヤツだね。冷戦終結からこの時代まででも、紛争は絶えたためしがない。ほとんどが分離独立で、ロシアのクリミア併合などはごくごく一部。あちこち手を出してきた米国は直接支配なんてめんどくさいことはしない。結局は経済利権だ。んで、日本は隣国に魅力的なところがあるかい?
戦闘可能にしただけで、相手もいないのにどうやって戦争すんのさ。それ言うなら世界中に向かって言えっつうの。
長野の皆さんの良識に期待します。
無垢な日本国民に、無謀な戦争を強いた指導者が、合祀されている靖国神社は、反日本国民的な色彩を帯びている。太平洋戦争に親や親族を人質に取られ無理矢理参加させられ、無知無謀な作戦と言えない戦闘を強いた、大日本帝国の大本営作戦本部の軍人は、日本国民の敵であり、真の反日たるものである。許せない許すべきではない!靖国神社は、非常に残念。
「参拝」は、「英霊のため」であり、「選挙のため」ではない。以上!

page top