新曲に込められたレコ大への怨念

コメポ

『DA PUMP』新曲「桜」に込められた「レコ大」への怨念とは

昨年『U.S.A.』の大ヒットで16年ぶりに『NHK紅白歌合戦』の出場を果たすなど、再ブレークを果たした『DA PUMP』が、3月6日にリリースされる新曲『桜』のMVを解禁し、話題になっている。

【関連】『DA PUMP』も犠牲に!? 信頼失った「レコード大賞」黒歴史 ほか



新曲『桜』は、前作から一転、日本の四季と日本語の美しさを全面に押し出したナンバーとなっており、中でもメンバーTOMOがしだれ桜をイメージして考案した振り付け“サクラフィンガー”は、ネット上で、

《何と今度は全面“和”をフューチャーしてきたな》



《いや、このダンスまたハマりそうです》

----

《生涯ファビュラスってなにw》



《アメリカもいいけど、やっぱ日本だよね》

など、早くも好評の意見が相次いでいる。

「歌詞に出てくる『ファビュラス』も話題で、SNS上でトレンド入りが続いていますね。『ファビュラス』とは叶姉妹がよく使う単語として有名ですが、DA PUMPの場合は、“マーベラス(すばらしい)”という意味のよう。最近はこのようなキーワードや、個性的なダンスがブレークのきっかけになるケースが多いです」(音楽ライター)

 

大賞受賞ファビュラス

それにしても、昨年の大ヒット曲が『U.S.A.』だっただけに、一転、新曲に和の要素を取り入れたことを意外に思ったファンも多いだろう。

「昨年はレコード大賞確実と言われていた『U.S.A.』ですが、海外の楽曲ということで受賞はかないませんでした。1979年には、当時社会現象にまでなった西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』が、『ヴィレッジ・ピープル』のカバー曲ということで、審査対象から外されてしまった例があります。DA PUMPファンからは、西城秀樹とファンの無念が報われてほしいと、受賞を期待する声が上がっていましたが、残念でしたね。今回『桜』という日本的な要素を全面に押し出してきたのは、レコ大に対する挑戦の意味もあると思いますよ」(同・ライター)

----

今回の新曲が大ヒットし、レコ大にノミネートされれば、時代錯誤の審査基準に抵触することもない。大賞受賞に向けて、ISSAの強い意志が込められているのは間違いなさそうだ。

 

まいじつ

そんなにレコ大に執着はないでしょう。それにレコ大は、YMCA以前からカバーも外国人の作曲もダメだったよ。ベンチャーズ作曲の曲もヒットしたけど、賞は獲ってないし。
レコ大ってそんなに価値があるようには思えないけどな。いつまで続くのって感じ。
でも ゴールドディスク大賞も近年「秋元屋」だけど、あの 廃棄物何とかしろと思う。プラスチックゴミに騒ぐなら、今まで 何れだけの量なのか 考えてほしいね。
DA PUMPは オリジナルでも 見てもらえるように
頑張って下さい。
無理だと思うよ。秋元の常套手段は、握手券、やジャンケン大会入場券がCDに付けているから、一人何枚も何十枚も買ったりして、CDをそこらに捨てられて社会問題になったよね。
これじゃ他の歌手やグループは売り上げ枚数じゃ太刀打ち出来ないでしょ。
日本の音楽会が終わってるの。

だからレコ大が出来レースだとか、そういう問題ではないんです。

選ぶ曲が無い中で選ばれるのだから、

何が選ばれても最悪なんですよ。
元々悪い噂はあったけど、EXILE系の裏金問題が発覚してレコ大の価値は地に落ちた。
DA PUMPもそんな賞に執着は無いでしょう、考えすぎ。
いや、レコード大賞よりオリンピックを意識してるんじゃないの?今時レコード大賞=ヤラセになってるし…。
何で今更レコード大賞なの…?
あまり賞とかに固執するとは思えないけど…

今やレコ大は受賞しても価値がないものなので問題なし

それより今後、どう活動するかを重要視してると思う
レコ大は日本作曲家協会が主催しています。洋楽カバーに冷たいのはそのせいだと考えれば仕方無い話ですね。
まあ、そのアンチテーゼ的な存在として音楽ソフトの業界団体RIAJが始めた日本ゴールドディスク大賞があるわけです。

page top