「日本酒飲むおじさんが風評被害の救世主」

コメポ

「日本酒を飲むおじさんが風評被害の救世主」福島第一原発事故から8年、新たな風評被害の懸念も

 日本有数の米の産地といわれる福島県。しかし、「放射能汚染米」「がんになる」「危険」「食べたくない」などと、福島第1原発の事故の影響で、農作物にも放射能セシウムが含まれているとの情報がネットで拡散。結果、全国平均と比べ低価格での取引が固定化、ブランド米の多くが「業務用米」など、福島県産と分からない形で流通しているという。  現在、全ての福島県産の米は放射性物質に関する検査を実施しており、1kgあたり100ベクレルという、国が定めた基準値を超えた米は出荷されないことになっているが、ここ5年間、そうした米は出ていないという。「二本松農園」(二本松市)の齊藤登代表が作ったお米も、測定値はほぼ0が続いており、ネットを中心とした直売で、風評を気にせず買ってくれる消費者との関係を大事にしてきた。  世界一厳しいともいわれる検査を通過し、世界最高水準の安全性といわれる福島県産の食品。しかし、東日本大震災から8年が経った今も続く風評被害により、斎藤さんの周囲でも米作りを辞めてしまった農家は多いという。「消費者の頭の片隅にある、震災直後に付いたマイナスのイメージを全て拭いさるのは難しい」。  昨年オープンした「SHOKU SHOKU FUKUSHIMA」(郡山市)では、風評被害の払拭に向け、生産者と消費者が触れ合えるイベントを開催している。「このシイタケ、放射能検査を何回受けていると思いますか。7回です」と安全性をアピール、参加者は「これほど美味しいシイタケって食べたことなかった」と絶賛。「福島県の人は情報発信をやめちゃいけないなと思う」と話す人もいた。  「美酒嘉肴 ゆきみさけ」(東京・中野)の店主・渡邉祐紀さんは「私の地元・石川郡平田村は葉タバコが盛んだったが、セシウムが降ったということで全滅し、農家の方々は東京から来た企業の工場で働くことになった。提供している地元の酒蔵・若清水酒造のお酒の酒米も、全て煩雑な手間をかけて検査をしてもらっている。酒米を作っている農家さんも酒蔵の人も、早くお客様に提供したいということで、皆さん全て自腹を切ってやった」と話す。渡邉さんは石川郡古殿町の農家と契約し、自ら精米したご飯を提供、客は「めちゃくちゃおいしい」と舌鼓を打つ。「"これ福島のですけど、大丈夫ですか"って聞くが、"全然大丈夫だよ、山菜も食べたいから。いつでも福島のOKだよ"と言ってくれるお客さんがたくさんいて、嬉しい」。  福島県いわき市出身で立命館大学の開沼博准教授(社会学)は、「日本酒を飲むおじさんが、実は風評被害払拭の救世主でもある。というのも、震災直後の2011年、福島のあらゆるものが売れなくなる中、統計的に売上が上がったのが日本酒。"飲んで応援しよう"ということで、福島の日本酒の人気が上がったというのがいい。データや検査の話も重要だが、同時に楽しいよ、美味しいよ、というところに訴えかけていくのも風評被害払拭の重要なポイントだ」と指摘した。

 そんな中、福島・いわき市にある沼の内漁港では大きな壁に直面している。それが放射性物質の海洋放出だ。  かねてから福島第1原発では、汚染水からあらゆる放射性物質を除去しているが、唯一トリチウムという放射性物質だけは取り除くことができず、東京電力はトリチウムを含む水をタンクに貯め続けてきた。しかし、敷地の限界や廃炉作業への影響から、一昨年12月、原子力規制員会は「希釈して海洋に放出するのが現実的にとり得る唯一の手段」と公表。放射線が非常に弱く、人体への影響はないとされるため、一定の濃度に薄めれば、海に流すことが認められているのだ。それでも漁師たちは「仕方なく目をつむって涙をのんで決断するしかないけど、それでもOKとは言えない。最後まで反対する」「風評が出るのが怖い。できれば流してもらいたくはない」と心の内を明かす。  原発事故と食に関して研究している筑波大学の五十嵐泰正准教授(社会学)は「安全というのはマイナスからゼロになるということ。もっと買ってもらうために魅力を発信する局面になってきたと思う。実際には放射能を心配している消費者は少なくなってきているので、お店が忖度せず、店頭に展開すると消費者は買うということもわかってきた。そういう認識や理解は必要」と指摘していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

AbemaTIMES

福島産と言っても県の西は殆ど汚染されていない所もあり、茨城産や千葉産より無害な場合もある。
風評被害を払拭したいのであれば、検出限界値をもっと下げた調査結果を出してアピールすれば良い。
仮の話だが、ガンになるのがそんなに心配か。毎日、知らないところでガンになる要素があるのに、逐一それらを避けて生きてるのか?ただの誇大妄想だ。なるやつはなるし、ならないやつはならない。そもそも、そんなに長生きしたいのか?社会保障費が右肩上がりで、嘘っぱちの理由つけられてまで増税されて、増税の原因だと世間に後ろ指を指されながら生活するのがそんなに幸せか。オレは日本酒が好きだから福島のも取り寄せて飲んでるが、我慢してまでただ長生きするのは真っ平御免だ。かっこ悪い。
一昨年、JR新橋駅SL広場にて催された、「ふくしまの酒まつり」は盛況でしたなぁ‥
政府が嘘ばかりだったから未だに信用できないんですよ、

本当に風評被害なのか、安全なのかどうか分からないなら、とりあえず食べるのは避けるでしょう。

今だって汚染水が海に流れ出ているだとか、色んな情報があるのに。

風評被害を作り出したのは、原発事故当初の政府の発表に問題があったからでしょう。

でもまぁ日本の食品自体が農薬まみれだし、食品添加物まみれなので、

危険なのは放射能だけではありませんね。
福島産の食物は安全ですよ!原発の爆発が有ったからと言う人が居るが今まで日本人が浴びて来た他(原水爆実験)からの放射能からしたら数値は低いですよ。只、私は福島県民が嫌いだから避けているがね、理由は些細な事さ(笑)
ボール状トリチウムあるよね こういうのは無害ですか?無知怖いですね
だから、TOKIOもCMで福島の安全性を伝えるために頑張ってたんだよね。
けど、福島原発のそれは、チェルノブイリよりも酷いと、政府から正式発表するべきなんじゃないの?その上で、原発周りの状況を正確に伝えるべきでしょ。炉心溶融の後、初期の段階で海洋汚染云々も正確に世界に発信しておくべきだったのに。
皆、頑張って今日明日を生きようと必死なのに、復興が牛歩なのも風評も 政府がキチンとやってないからでしょ。こればっかりは、中央のせいにしてしまうわ。
7回の放射能検査をクリアして出荷される椎茸。世界最高基準の検査を受けて出荷される福島米。こうした情報をメディアが流さない。それに腹が立つ。復興が進まないニュースは大きく流すが、地元がコツコツ復活している様子には注目しない。で、復興は進んでいると思いますかみたいな、復興基準も調査対象もあやふやな世論調査をやって、ほら復興は進んでいないってやってる・・。風評被害の発信源がマスコミになっているのが日本の不幸。
実はトリチウムは日本中どこの水道水にも普通に含まれている。どんな高性能なフィルターを使っても取り除けないから。当然天然のフィルターである人体も全てすり抜けるため、体内に蓄積することなく無害。お隣韓国やフランスは常時大量のトリチウムを海へ排出している。お隣は良くて日本はダメな理由は?何十年も大量のトリチウムが排出されてきた日本海で汚染が発生していますか?健康被害が出ていますか?
韓国産や中国産より安心・安全だと思うけど!

page top