ピエール瀧容疑者 出演作品一覧がヤバイ

コメポ

【衝撃】ピエール瀧容疑者が出演している作品一覧がヤバイ……

2019年3月12日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者。テクノユニット・電気グルーヴとしてデビューし、近頃では日本アカデミー賞の優秀助演男優賞も受賞するなど俳優としてもお茶の間に知られていた。俳優が逮捕されると出演作品は放送が自粛となることが多いが、実力派俳優としても名声を轟かせる瀧容疑者は出演作品も並ではない。「シン・ゴジラ」も「アナ雪」もテレビから消える? ・現在出演中のラインアップ

現在、CM3本、ラジオ1本、深夜番組1本に出演している瀧容疑者。そのラインアップは以下の通りだ。<CM>

LIXIL「商品広告」

味の素Cook Do「アジアン鶏飯」

サントリー「角ハイボール」<ラジオ>

TBSラジオ「たまむすび」<テレビ番組>

----

静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV」

NHK「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」──このうち、「ピエール瀧のしょんないTV」は静岡朝日テレビのホームページで休止を発表。3月13日14時現在、番組のページは削除されている。・過去の出演ドラマや映画一覧

バラエティや情報番組などについては、おそらく上記のような対応が行われると思うが、問題になるのは過去に出演したドラマや映画。これまでの薬物逮捕の例を鑑みると、テレビでの再放送が自粛となる可能性が高い。そんな地上波放送不可となるかもしれない作品が以下である。<地上波ドラマ>

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」

NHK「となりのシムラ」

NHK土曜ドラマ「64ロクヨン」

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

NHK土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」

----

NHK連続テレビ小説「おひさま」

NHK大河ドラマ「龍馬伝」

MBS「MM9」

日本テレビ「おじいさん先生」

フジテレビ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

日本テレビ「人類滅亡と13のコント集」

日本テレビ「私立探偵 濱マイク」

TBS「木更津キャッツアイ」

テレビ朝日「カケオチのススメ」<映画>

「アウトレイジ 最終章」

「海賊と呼ばれた男」

「怒り」

「シン・ゴジラ」

「日本で一番悪い奴ら」

「エヴェレスト-神々の山嶺-」

「珍遊記」

「の・ようなもの のようなもの」

「先生と迷い猫」

「進撃の巨人」

「寄生獣-完結編-」

「アナと雪の女王」※日本語吹き替え

「くじけないで」

「そして父になる」

「凶悪」

「のぼうの城」

「ぱいかじ南海作戦」

「はやぶさ 遥かなる帰還」

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

----

「僕達急 – 行A列車で行こう – 」

「モテキ」

「落語物語」

「わたし出すわ」

「ぼくは うみが みたくなりました」

「少年メリケンサック」

「ブタがいた教室」

「百万円と苦虫女」

「隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS」

「犬と私の10の約束」

「グミ・チョコレート・パイン」

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

「ワルボロ」

「恋するマドリ」

「ユメ十夜」

「虹の女神 Rainbow Song」

「ゆれる」

「日本沈没」

「ALWAYS 三丁目の夕日」

「リンダ リンダ リンダ」

「ローレライ」

「SURVIVE STYLE 5+」

「漫★画太郎SHOW ババァゾーン(他)」

「手を握る泥棒の物語」

「アイデン&ティティ」

「1980」

「SF:Short Films」

「月の砂漠」

----

「DRIVE」

「Red Shadow-赤影-」

「SF:Stereo Future」

「SF:サムライフィクション」

「Happy People」<ゲーム>

「SIREN2」(公式サイトより引用)──「シン・ゴジラ」「進撃の巨人」「ALWAYS」「アナと雪の女王」と、多額の費用が投じられてそうな作品のオンパレード。すでにセガゲームスは逮捕を受けて「JUDGE EYES:死神の遺言」の販売自粛を発表。ネットでは、オラフ役で出演している「キングダムハーツ3」にも心配の声が上がっている。はたして、これらの作品は今後テレビで放送されることはないのか? ミュージシャンとしての側面しか知らなかった筆者(中澤)は、俳優・ピエール瀧の出演作品数の多さに衝撃を受けた。改めて事件の影響の大きさを考えさせられる。参照元:ピエール瀧公式サイト、静岡朝日テレビ、SEGA

----

執筆:中澤星児

イラスト:マミヤ狂四郎

ロケットニュース24

放映しないTV曲、販売中止にする会社を攻めるのは間違い。こうなる事を分かっていながら薬物に手を出した人間だけが悪い。
被害者がいる、いないの問題じゃないと思いますよ。犯罪は犯罪です。『誰かさん』の時と同じように叩きまくって作品全部規制すればいいんじゃないですかね!?でないと整合性や公平性が保てないと思います。
公共財の電波を使用するテレビが、放映しないのは仕方ないとしても、DVD販売など、個人が購入するものについては制限必要ないでしょ。
WOWOWやNHKみたいに、視聴料をとってるチャンネルも、その限りでないよ。別けて考えましょう、そこらへんは。

既に販売自粛したというゲームは過敏すぎ。その損害…賠償求めるわけ?
空気読みすぎの自粛は、過敏すぎのポリコレと同じ。それで納得の世間なら、世間の方が自らの首を絞めてる。
本音は撮り終わったものは公開していいとは思うが…個人の責任ってことにすると乱れた芸能界…足枷にはならないよ。ちょっと話は飛ぶが…高校野球見てみなよ…出場辞退しなくなって部員の不祥事、監督コーチの不祥事が出るわ出るわ…やったもんの責任ってのはそうゆう事になるよ
業界人のコメンテーターとかが作品に罪は無いとかテレビで言ってるけど、やっぱり犯罪者は画面で観たくないの方が多いのが一般人の感覚だと思う。難しいけど金取って観たい人が観る映画ならもしかして良いのかな?
大勢に迷惑をかけ、金額的損失も大きいから芸能人は犯罪に手を染めてはならない!

そこを蔑ろにして「作品をお蔵入りにすべきではない」とだけ意見するのは違うのではないか?

相も変わらず芸能界は犯罪に甘い。
別に放送したって良いと思うけどね、未来は消せても過去は消せない、テレビ局に非が有る訳じゃない、クレーマーを気にするのは分かるがやり過ぎだと思いますよ。
TBSの日曜日の深夜にやってる"ゲンバビト"のナレーションどうするんだろ…( 一一)?
allwaysの週末再放送を楽しみにしてる老母が可哀想。
薬物犯等は「被害者なき犯罪」とか言われるが。(反社会的勢力の資金源とかになってるけど)もういい加減作品の「お蔵入り」はやめない?嫌なら見なきゃいいんだし、その人の過去の仕事による収入と犯罪は無関係でしょ。少なくとも、キーファー・サザーランドが48日間服役しても「24」の放映を続け、DVD販売し続けていたフジテレビはピエール瀧の作品をお蔵入りさせるなら、そのダブスタについて説明する義務があると思うが。

page top