「中途半端」「薄っぺらい」と批判

コメポ

ローラ“政治的発言

タレントでモデルのローラがツイッターとインスタグラムで「男女平等」を訴えた。

【関連】ローラの“いっちょかみ”が酷い!『動物保護』『基地問題』すべて中途半端 ほか

3月8日は『国際女性デー』で、ローラはその日に合わせて更新。「Happy International Women’s Day 私たちは強くて優しくてかっこいい!!自分を信じて頑張っていこう」と書き込んだ。



投稿には多くのコメントが投稿され、「ローラさんがそんなこと言うてくれはるのすごくすごく力強い! ありがとう~~!!!」「ローラ素敵です 強くて美しくてかわいくて憧れる」「ローラちゃんっていろんなこと考えてて、すごい!!!」と賛同が相次いだ。

しかし、匿名掲示板では、

《一つのことをちゃんとやってから次を主張しようか》



《全部中途半端 やっぱり頭悪いんだろうなー》

----

《ネット上でよく見掛ける「せやっ!〇〇したろっ!!」って感じ》



《目に付いたものにとりあえず食いついとく印象で全部薄っぺらい》

などと冷たいコメントばかり。ローラは米ロサンゼルスを拠点に活動を始めて以降、犬猫の保護を訴えるなどさまざまな政治的発言をSNSに投稿してきた。中でも注目されたのは、沖縄県名護市辺野古の新基地建設賛否を巡る件だ。ローラは米軍基地の沖縄・辺野古移設のための埋め立てに反対を表明し、トランプ米大統領に中止を訴える署名活動に協力を求める投稿をした際、「何にも分かってないくせに」「海外セレブみたいな真似はもうやめとけ」などと批判を浴びた。

 

手を広げ過ぎとの批判も

しかし、これに懲りることなく、プラスチックによる環境問題についてインスタに長文を投稿したり、サイや象を保護する動物愛護の投稿を続けてきた。これらの投稿にファンは称賛を示しているが、ネット上からは「なんかもう手を広げ過ぎてすべてが浅く見える」「海外のセレブみたいになりたいのかもしれないけど口だけって感じがする」と手厳しい意見が並ぶ。

----

しかし一方では、3月4日に東日本大震災の被災地である宮城県を訪問して、復興に向けて頑張っている会社経営者を紹介するなど抜群の行動力を褒め称える声もある。



とはいえ、勉強不足を解消しないうちに政治的発言を繰り返すのは世間知らずのそしりを受け続けるだろう。どれか1つでも本気になって取り組まないと批判の声は止まらないかもしれない。

 

まいじつ

目立ちたがり屋ですね… 批判されて当然
真剣取り込んでいる人達はいい迷惑だろな
スタッフも悪だけどね
動物愛護は発信しても良いが、政治問題はおやめなさい。一部しか見ていず、誰かに唆されているのでしょうか 国籍はどこなのか知らないが、日本の政治問題を言うのはやめて下さい。御身のお為。
海外のセレブもこんな感じだよ(苦笑)
金持ちの暇人に目をつけられたら、ガソリンぶちまけ絨毯爆撃、確かに激しく燃え盛りはするが、それも束の間。飽きる、次に移る、はい終了。
燃えかすにされた、ホニャララ運動たちの死屍累々。希少生物保護から#metooまで、あっと云うまに、拾う者なし。
本人がその都度思いつたことを、とりあえず述べ連ねているだけの、お子様発言に呆れる。
例え薄っぺらでも、他人を誹謗中傷するしか出来ない奴らよりは遥かにマシ、それはともかく男女平等って何?今のご時世平等を訴えたいのは男の方だよ、パワハラ、セクハラに気を使い、のーたりん女を野放しにする毎日、男女平等を切に願う。
男女平等?北欧辺りじゃ女性も兵役訓練があるよ!平等だからね!イスラエルも男性三年、女性一年兵役だよ!ちゃんとわかろうよ(笑)
国民健康保険の海外療養費の不正詐欺を指南していたローラの父親。日本で数ヶ月国保に加入した後、帰国して入院した、手術したって、嘘の申告をして不正受給。この方法を指南して1000万円以上をだまし取った。ローラ自身が国民健康保険をきちんと払いましょうのポスターになっていたのが最大の皮肉。普通だったら引退。でもこの人はマスコミに守られている。
あの時も大騒動にはならなかった。この守られようが気味が悪い。
昔の職場で、何かにつけ2、3辺りを知った段階で10まで知った気になり高飛車に出て、最後は総スカン食らいまくった女がいたが、ローラもこのタイプの女か。
低俗報道バラエティー番組のコメンテーター就活か。それとも関口サンモニの後継番組MC狙いか。
朝日やTBSで争奪だろうが、政治報道ではなく真面目な喜劇番組の方が似合っている。山田花子に弟子入りしろ。
「広く浅く」を乱用しすぎる懸念がある。彼女は以前から性格上一途なところ(逆に飽きっぽいところも)があるため、行動力があるのはいいが時折空転する傾向もかなり見受けられる。だからハリウッド進出の際は、「無謀なギャンブル」などと揶揄する声が頻発した。
生き残るために行動範囲を広げるのは構わないが、相当無理して体を壊さないかが不安視される。でもそれは彼女の勝手だし、こちらが無理に抑制する必要もない。好きにすれば、と放任してやればいいだけだ。自己責任だけど。

page top