芸能人プロデュース 失敗の深い理由

コメポ

木下優樹菜と梨花『撤退』!芸能人プロデュースの店“失敗

(C)まいじつ

先ごろ、モデルの梨花が、自身のプロデュースするブランド『メゾン・ド・リーファー』を年内で全店舗閉店すると発表して話題となった。

【関連】木下優樹菜“娘の顔出し”卒業宣言も「隠す気ないだろ!」投稿連発 ほか

2012年4月に東京・代官山で1号店をオープンし、初日に2000人、初年度は35万人が来店。すぐに全国6店舗に広がり、一時期は年商10億円以上に上った。

「経営しているのは大手アパレルブランドで、梨花さんはプロデューサーとして契約していました。経営状態が悪化して閉店に追い込まれたという説もありますが、梨花のこだわりが強過ぎて経営陣と衝突したともいわれます。サンプルが出来上がっているのに、梨花さんが一から変えたいと要望することがあり、スタッフとうまくいかなくなっていたそうなんです」(アパレル関係者)

芸能人プロデュースのブランドでは、こういう話はよくあるという。

----

「木下優樹菜は12年から17年までファッションブランドをプロデュースしていましたが、自分がこうやりたいと思っていても、『それは売れないんで、こうしましょう』とガラッと変えられるのがツラいと、夫のフジモン(藤本敏史)にこぼしていたとか。タレントは自分の名前が付いている以上、思い通りにしたい。しかし経営側にしてみればコストの問題もありますからね」(芸能記者)

 

こだわりは商売の邪魔になる?

『博多華丸・大吉』の華丸は、ラーメンのプロデュースを断ったことがあるという。

「名前貸しだけすれば、かなりもうかる話ですが、華丸へのオファーで最初に出された条件が『味にこだわらないでください』だったので断ったとか。会社側からすると、味にこだわると万人受けしないので売れないんだそうですよ」(同・記者)

ファッション関係が特に多いが、芸能人プロデュースのビジネスは思ったよりも難しいようだ。

 

まいじつ

名前貸すならこだわり持ってやらないと、結局イメージ壊すだけになる気がする。ずいぶん昔に神田うのが鞄をプロデュースした時、スタッフと衝突しながら意見を言う姿を見て、意外と大変そうだなと思った。益若つばさもその苦労を語っていたことがある。芸能人だからって好き勝手にモノ作れてるわけじゃ無いみたいです。
エスパー伊東さん、Heyたくちゃんさん、東野純直さんは、自分自身が厨房に立って、ラーメンを作っております。エスパー伊東さんは、黒字店であっても、閉店させます。それだけの覚悟がないと、無理・無駄だと思います。
生キャラメルやチーズ売っている芸能人の豚丼屋、最近見ないな。他人の店の品物パクって、金儲けしてるんだもの♪偉そうに北海道を語らないでほしいわ、北海道出身でもないのに
この人達がプロデュースなんて、買いたくない。
芸能界も引退すればいいのに
芸能人は名前を貸すだけが多いから、

ちゃんと携わっていれぱ衝突はあるだろうね。

ちなみに生キャラメルの花畑牧場は、

チーズや土産物など、生キャラメル以外もあるので今でも大儲けしてますよ。
AKBもNGTも秋元はプロデュース契約してるだけ。なのに、運営会社より叩かれる。経営者じゃないのに。
店舗であろうとアイドルであろうと、プロデュース契約者を叩くのは奇怪しくないか?所詮雇われただけなんだから、責任は運営会社にある。違うか?
今、デビル雅美さんは北九州でぬか漬け屋さんの店長さんされてます。お店は繁盛店です♪行ったけどめちゃくちゃ美味しかったばい☆
で 深い理由とやらは どこに?
所詮は副業だからね、失敗しても生活に困らない。必死さが足りない

page top