令和を祝っただけで猛バッシング

コメポ

『TWICE』サナ「令和」を祝っただけで韓国ネット猛バッシングの異常

(C)Sam Wordley / Shutterstock

日本中が改元の話題で持ちきりだった5月1日、韓国では、女性アイドルグループ『TWICE』のメンバーの1人が改元を祝うようなコメントをしたことで、炎上騒ぎが起こっていた。

【関連】指原莉乃“ガルちゃん民”と告白も総スカン「毒ガス混ざってたのか」 ほか

『TWICE』は、2015年に韓国で結成された多国籍の女性9人組。5人の韓国人メンバーと3人の日本人メンバー、1人の台湾人メンバーからなる。韓国での活動を中心としながら、日本においてもNHK紅白歌合戦に出場するなど人気が高い。

猛バッシングによって〝火をつけられた〟のは、日本人メンバーのサナだ。彼女は4月30日、公式インスタグラムに《平成生まれとして、平成が終わるのはどことなく寂しいけど、平成お疲れ様でした! 令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう!》と日本語で投稿。これに対し、そもそも改元に不快感を持つ韓国のネットユーザーらが、「韓国人ファンに対して失礼だ」などと批判的なコメントを寄せたのだ。

----

「批判を受けたサナは、かなり心痛しているようです。その後、韓国の音楽番組に出演した際には涙ぐんでいたとも。肩を落とすサナを支えた韓国人メンバーまでもが、『日本人を支えるべきではない』などと批判の的になっているといいますからヒドいものです」(芸能ライター)

 

全く理解不能なバッシング

この騒動は、日本ではそれほど大きくは報じられなかったが、韓国では依然としてくすぶり続けている他、メンバーの1人の出身地台湾でも話題となっているようだ。ただし、韓国と台湾では捉え方が異なり、台湾のネットユーザーらの間ではサナに極めて同情的だという。

「というのも、台湾人メンバーのツウィが、かつて同じような批判を浴びたことがあるからでしょう。彼女が中華民国国旗を手にしていたことで、台湾を中国の一部と見る中国人ファンの反発を招いたのです」(同・ライター)

事態は国際問題とも呼べるほどに大きくなり、当時まだ16歳だったツウィは動画での謝罪を〝強要〟させられている。以降、中国での活動は全面自粛となった。

----

「今回のサナの炎上も、くすぶりが長引いたり、再度燃え広がるようなことがあれば、彼女が謝罪に追い込まれないとも限りません」(同)

サナにとって令和という新しいスタートは、早くも黄信号点灯となってしまったようだ。

 

【画像】

Sam Wordley / Shutterstock

まいじつ

1965年の日韓基本条件で当時の韓国の国家予算の2.3倍もの賠償金をゲット→おかわり→1998年のアジア女性基金で賠償金をゲット→おかわり→2015年の日韓合意で賠償金をゲット→おかわり(今ここ) ちなみに2002年の日韓ワールドカップで日本が韓国に貸した200億円は、催促しても返ってきません。国家ぐるみの詐欺師集団ですw
本人に対し同情は出来るけど、これで今迄気にする事も無かっただろう日韓の困った現実を嫌って程痛感しただろうな。
ウォン安がハンパない。韓国嫌いだけど、さすがにちょっくら行ってこよっかな、て考えてしまう今日この頃・・・
縁を切るべき時期に来ている国
そもそも日台韓のグループなんていうコンセプトが間違い。
韓国は国内市場規模が小さいから韓国国外で稼ぐためにこんなメンバー構成にしたんだろうが、日台ののぷろだ、関係者はこんな話に乗るべきではなかったと思います。
この件もしかり、最近はJリーグ川崎フロンターレの応援席に掲げられた旗にまで文句をつけてくるという国を挙げての反日運動。縁を切るべき時期に来ていますよ。
韓国のこと何にも知らずにtwiceになっちゃったんだね。基本アイドルになろうという子は政治的なこと知るはずもないか。日本も、韓国も。
祝ってくれとは言わないがそんなに日本が悪いのか♪
日本が嫌いな奴らに
期待しちゃいかんよ
人類みな仲良くできると友好を掲げている一部の方々と同じでこの子も何も知らない子供なんでしょう。しかし、理想を信じている若い日本人が批判されるのは腹立たしく守ってあげたい気持ちになります。
早く日本に帰ってらっしゃい。

page top