解散時期、狭まる選択肢

コメポ

 安倍晋三首相が夏の参院選に合わせた衆参同日選を見送る方針を固めた。首相は2021年9月の自らの自民党総裁任期満了までに、なお衆院解散・総選挙を仕掛ける構えだが、今後は消費税率10%への引き上げや東京五輪・パラリンピック開催などの重要日程が控える。首相の解散の選択肢は限られてくる。

 首相が同日選を検討した大きな理由は、65議席を獲得して大勝した13年参院選の当選組が改選を迎え、議席減が予想されたためだ。同日選で組織をフル稼働させれば減少幅を圧縮できると見ていた。

 こうした中、自民党が極秘に実施した参院選の情勢調査では、勝敗を左右する改選数1の1人区32のうち、厳しいのは数選挙区にとどまったという。内閣支持率は堅調で「参院選単独でも政権運営の求心力を確保できる」(首相周辺)と判断したようだ。

 とはいえ、首相の残りの党総裁任期を考えると今後の解散のタイミングは多くない。大きく見ると、年内20年21年の三つに分けられるが、いずれもリスクが付きまとう。

----

 年内を眺めると、10月1日に消費税増税、同22日に天皇陛下の即位を内外に示す国事行為「即位礼正殿の儀」と続く。

 消費税増税の際には、公明党が強く推した軽減税率も併せて導入される。複雑な制度による混乱から消費者の不満が高まることも予想され、公明党内では「批判がうちに向く恐れがある。しばらく解散は勘弁してほしい」(関係者)との声も漏れる。

 年が明けても増税の反動減で景気が落ち込むなどの状況に至れば、20年1月の通常国会の冒頭解散も難しい判断となる。同年7~9月は東京五輪・パラリンピックが開催されており、解散をぶつけにくい。

 21年になると、首相の党総裁任期(9月)、衆院議員の任期満了(10月)まで既に1年を切っている状態。選択肢が狭まり、「追い込まれ解散」の色彩が濃くなる。不確定要素が多くなり、内閣支持率が落ち込めば自民党内から首相交代論が出てくる可能性もある。

 衆院選準備が遅れていた野党内では安堵(あんど)の声が上がる。立憲民主党関係者は「ラッキーだ」と話した。ただ、立憲の枝野幸男代表はツイッターに「86年の同日選は『死んだふり解散』でした」と投稿。なお警戒を解いていない。   安倍晋三首相が夏の参院選に合わせた衆参同日選を見送る方針を固めた。首相は2021年9月の自らの自民党総裁任期満了までに、なお衆院解散・総選挙を仕掛ける構えだが、今後は消費税率10%への引き上げや東京五輪・パラリンピック開催などの重要日程が控える。首相の解散の選択肢は限られてくる。

----

 首相が同日選を検討した大きな理由は、65議席を獲得して大勝した13年参院選の当選組が改選を迎え、議席減が予想されたためだ。同日選で組織をフル稼働させれば減少幅を圧縮できると見ていた。

 こうした中、自民党が極秘に実施した参院選の情勢調査では、勝敗を左右する改選数1の1人区32のうち、厳しいのは数選挙区にとどまったという。内閣支持率は堅調で「参院選単独でも政権運営の求心力を確保できる」(首相周辺)と判断したようだ。

 とはいえ、首相の残りの党総裁任期を考えると今後の解散のタイミングは多くない。大きく見ると、年内20年21年の三つに分けられるが、いずれもリスクが付きまとう。

 年内を眺めると、10月1日に消費税増税、同22日に天皇陛下の即位を内外に示す国事行為「即位礼正殿の儀」と続く。

 消費税増税の際には、公明党が強く推した軽減税率も併せて導入される。複雑な制度による混乱から消費者の不満が高まることも予想され、公明党内では「批判がうちに向く恐れがある。しばらく解散は勘弁してほしい」(関係者)との声も漏れる。

----

 年が明けても増税の反動減で景気が落ち込むなどの状況に至れば、20年1月の通常国会の冒頭解散も難しい判断となる。同年7~9月は東京五輪・パラリンピックが開催されており、解散をぶつけにくい。

 21年になると、首相の党総裁任期(9月)、衆院議員の任期満了(10月)まで既に1年を切っている状態。選択肢が狭まり、「追い込まれ解散」の色彩が濃くなる。不確定要素が多くなり、内閣支持率が落ち込めば自民党内から首相交代論が出てくる可能性もある。

 衆院選準備が遅れていた野党内では安堵(あんど)の声が上がる。立憲民主党関係者は「ラッキーだ」と話した。ただ、立憲の枝野幸男代表はツイッターに「86年の同日選は『死んだふり解散』でした」と投稿。なお警戒を解いていない。 

時事通信社

国益を考えているのは自民党とか勘違いしている人、ちゃんと今起こっていること見てね。
種子法、水道法、TPPと国の財産投げ売りして国益損ねて反日なのは安倍政権だから!
森林破壊まで竹中平蔵のいっちょ噛みで始めようとしている。
大事なのは目先の地位と金より未来の子供の環境でしょ。
憲法改正で緊急事態条項さえ手に入れたらと思ってるんだよ。
右も左も関係ない。幸せになりたいなら今自民党がやりたいこと真剣に考えないと国民はあとで後悔しても遅いから!
早く解散してちょうだい。選挙行きたくて、うずうずしてるんだから!
『見送る方針』

メディアの発信力からすれば…!!

有り得ない…同日選!?

安倍晋三さん…大好きです。メディアと!?

野党の大多数!?

煽って、喧騒、摩訶不思議な!?
国会審議!!
言い訳の…!?
滑舌が驚くほど悪い!!
自分の身体と自民党の生き残りのための政局しかかんがえていない。税金と保険で賄っている日本、足りないというなら国のちからで年収二百万アップ。すぐに老後はくる。政権交替の時がきた。
安倍総理は同日解散やるだろ。
その点、天敵枝野が警戒してるのは正しい。
どう考えたって、これ以上、自民党の支持率が上がることはない。
まあ、北やチャイナをトランプが潰して安倍政権がそれに乗っかれたら話しは別だが。これからは国民の目は内政より外交に向かざるを得なくなる。
極東の力関係の中で平和裏に日本が勝ち残る目処がつけば消費税増税の不満なんて関係ないさ。
安部政権になり、とんでもない生活困窮になる!じぶんら大臣の野望達成なら、何でもやりうる安部政権
反社会的勢力共産党や立憲民主党をコツコツと駆除するしかない。反日マスコミの雑音に惑わされてはならない。
控除廃止の隠れ増税とかがねえ。予想としては自民党が圧勝するとさらに増税だからと言って自分らがやりたい放題の野党には勝たせたくないから牽制目的で野党が多少議席を増やす程度では?
安倍政権に手放しで賛同しかねるが、少なくとも日本の国益を考えていると思われる。対して野党は日本の議員とは思えない、はっきり言えば特亜の工作員に思える。日本を如何に解体、破壊する事に執心し続けている。民主党の政権時にその正体は明らかになり、その後の反日としての姿勢は極端に異常である。日本国民としての選択肢は1つしかないが、野党議員として国会に残す事も日本にとり何もいいことは無い。徹底的に日本から排除すべきだ。
時の総理の一存で解散できるとか,解散は総理の専権事項なんて考え自体が古い。公約は守らないし何も変わらない。お金の無駄遣い!。国民にとって大迷惑だと思う。今の日本の総理にそのような権限はない!。

page top