「老後2000万円」厚労省が根拠

コメポ

 老後資金に2000万円が不足するとした金融庁の審議会報告書をめぐり、試算の根拠を厚生労働省が示していたことが13日、分かった。「政府のスタンスと合わない」として報告書の受領を拒否した麻生太郎金融相の説明に矛盾が生じており、野党は14日に開かれる衆院財務金融委員会で麻生氏を追及する構えだ。

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、「(金融審議会が設置した)ワーキンググループ(作業部会)で、厚労省が高齢者世帯の収支差額が(月に)5万5000円となっているとの説明を行ったことは事実だ」と言及。同省はこれまで何度も同様の説明を繰り返してきた。

 4月12日の金融審作業部会では、厚労省は2017年の家計調査に基づき、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦世帯の実収入と実支出との差は、月5万5000円程度になるとの資料を提示。これを受けて作業部会は年金受給世帯の家計の赤字に関し、30年間で約2000万円の取り崩しが必要になると試算した。

----

 厚労省の課長は「今後、社会保障給付は低下することから、取り崩す金額が多くなる」と発言した。2月22日に開かれた同省の審議会でも、同じ資料が示され、同様の説明が行われた。   老後資金に2000万円が不足するとした金融庁の審議会報告書をめぐり、試算の根拠を厚生労働省が示していたことが13日、分かった。「政府のスタンスと合わない」として報告書の受領を拒否した麻生太郎金融相の説明に矛盾が生じており、野党は14日に開かれる衆院財務金融委員会で麻生氏を追及する構えだ。

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、「(金融審議会が設置した)ワーキンググループ(作業部会)で、厚労省が高齢者世帯の収支差額が(月に)5万5000円となっているとの説明を行ったことは事実だ」と言及。同省はこれまで何度も同様の説明を繰り返してきた。

 4月12日の金融審作業部会では、厚労省は2017年の家計調査に基づき、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦世帯の実収入と実支出との差は、月5万5000円程度になるとの資料を提示。これを受けて作業部会は年金受給世帯の家計の赤字に関し、30年間で約2000万円の取り崩しが必要になると試算した。

 厚労省の課長は「今後、社会保障給付は低下することから、取り崩す金額が多くなる」と発言した。2月22日に開かれた同省の審議会でも、同じ資料が示され、同様の説明が行われた。 

時事通信社

日本国から税金を巻き上げ、さらに母国からも工作費をもらえる蓮舫サンには分からない話でしょうね。
与党議員も野党議員も議員なら老後の2000万なんか屁とも思わないだろ❗️それ以上もらっているのだから
その2000万も税金に取られて終~了~。
公務員様々の方達は定年まで勤め上げれば、退職金まず間違いなく2000万出るでしょうね!庶民弱者は遙か彼方の数字ですが!血税泥棒みたいなものと思われる人々が多々いると思いますがね!
自営業は国民年金なので死ぬまで働くしかない。「生涯現役」というと格好いいが、しょうがないので現役だろうな。ホントにカネの切れ目が命の切れ目なのだ。
試算がおかしい?
退職金が計算に入れてない。
フリーターやバイトでは足りなくなるが
年金のシステム変えても 無理です やはり 少子化が問題だろ?理論的には 子供がいないと 年金維持できませんよ 野党は 何で 追求しないの? 野党は 子供を増やす努力を まず しません
保険とか入っている人なら老後の貯金が2000万円以上いるのは常識なんだが? それは何十年も前から。今さら政府に言われなくても考えればわかること。少子高齢化の現代、国民皆保険も財政を圧迫する(国民健康保険だよ)
今、国会で吠えている先生方は良いですよね。
議員年金が月40~50万円貰えるから。(与党も野党も)
働かなくても暮らして行けますよね。
議員年金だけで年収500~600万円ですから。
厚生労働省は将来訪れるであろう問題に警鐘を鳴らしているのに政治家はそれを無視ですか。
警鐘を受けて政策を検討し制度を作って実行するの政治家の責務でしょう。
単に支給額を減らすや支給年齢を上げる政策なら猿でも考えられる。
生活が苦しい少額年金受給者に5000円支給なんて、猿以下の浅知恵です。
日本の政治家の質は今、地に落ちてますね。
タレント上がりや元スポーツ選手でも務まるのですから。
老後の貯蓄が必要とかさんざん言ってるが肝心の貯金がまともに出来ない世帯が沢山いるのにどうしろと?

物価も消費税率も平成初期よりも高く携帯必須の時代で子育てにも金がかかるのに貯金をする余裕なんかないだろ。

そもそも年寄りの年金の需給元の大半が年金支払い対象者からの毎月の募金からの遣り繰りで成り立ってるとか、こんなの高齢者が増えれば年金支払い対象者が辛くなるだけの理不尽な制度が100年安心な制度なわけがない。

page top