深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」

コメポ

深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」第1話あらすじ 禁断の恋の幕開け

【モデルプレス=2019/07/11】女優の深田恭子が主演を務めるフジテレビ系新・木曜劇場「ルパンの娘」(毎週木曜22:00~※初回15分拡大)が11日、放送スタートする。



【写真】深田恭子、セクシーな泥棒スーツ姿を披露



◆深田恭子主演「ルパンの娘」



原作は横関大の同名小説で、代々泥棒一家の主人公・三雲華(深田)と代々警察一家の桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。



深田がフジテレビドラマに主演するのは木曜劇場「隣の家族は青く見える」(2018年1月)以来。今作は元号が令和になってから初のドラマ主演となる。



◆第1話あらすじ



図書館に勤める三雲華(深田)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張している。



和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。それを聞いて震え上がり、さらに和馬が警視庁捜査三課と知った華は…。



その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。



実はここが本当の三雲家。高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも…他人様から失敬したものばかり。



そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。



一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家、“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。



和馬は彼らを捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家だった。(modelpress編集部)





【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

単純に面白かった。
母親役の年齢が若い?
気にしないし逆にはまり役でしょう。
深田恭子さんの演技がいつも同じ?
私は好きで見てます。
実写化が期待されてやっと実現した作品です。
深く考えずに楽しみましょう。
深田恭子?黙っていたら可愛いけど…笑顔が似合わない人だね。
喋ると更に残念な気分になる。

確かに可愛いよ♪

でも…お人形さん的な可愛さなんだよね。

ドラマは瀬戸君が漫画チックに見えて、海月姫の女装のインパクトがあるから、男だったんだ~って妙な気分だった。

パーフェクトなんちゃらみたいに、最終回だけ見るかも♪
しょうもないドラマだ。ヤッターマンのパクリでしかない。ちょっと見てやめた。
深田さん、もっさりとして、どっかりとして、いつみても、垢抜けなくて、じゃまな、でかい置物みたい。
小沢真珠が良かったわ。
私は、容姿も、小沢みたいなきつめの美人か好き。
深キョンを観るのです



深い事考えてはダメなんです
細かい事言ってはいけないのです。



深キョンを視る為だけのドラマなんです。


キャッツアイのドラマ版?何故かワンダバのテーマ?がかかってウルトラマン??年の近い親子???
まぁ、深キョン可愛いから許しちゃう。
モンキー・パンチ氏が亡くなったのを良い事にルパンを使うのか?まぁ元はアルセーヌ・ルパンだけどな、どっちにしても朝鮮放送のフジじゃ何をやってもコケるんじゃないの?どうせジャニタレも出るんだろ?
深田恭子さんのドラマは何をやっても同じに思えて観る気がしないんだよね。
よくよく読んだらキャッツアイじゃん。と思ったら、そんなコメントもちらほら。
原作は小説? 怪盗キッドもそう言えばそうだし、禁断の関係を作ろうと思うと、限られるってことかな。

深田さんが年寄り若い役をやるのは、何も言わない優しさが必要だよ。
できればやってるんだと思うよ。あの喋り方(滑舌?)では、大人の女性の雰囲気が出ないのではないかしら。外見を維持できてるんだから、やるべきことはわかってるんだと思う。
お笑いをドラマにしたような(笑)くだらなすぎて妙にに笑えました(´▽`)肩の力を抜きまくって観られるので結構オススメ(笑)

page top