『ボンビーガール』で恐怖の事故物件!?

コメポ

『ボンビーガール』で恐怖の事故物件!? 靴箱から出てきた“モノ

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

8月20日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、事故物件が紹介されたのではないかと話題になっている。

【関連】休みゼロで月給15万!? 『ボンビーガール』の労働環境に心配の声続出 ほか

同番組では、この日も人気企画「上京ガール」を放送。静岡出身の22歳女性が東京・足立区内、日暮里・舎人ライナーの舎人駅近辺、家賃4万5000円以下、2階以上という条件に沿った部屋を探すことになった。



女性が靴箱を空けて仰天「包丁が入ってる!」

女性は舎人公園に近い家賃4万7000円の物件を訪れることに。ドアを開けると、靴箱も広々としており、女性は心躍らせる。ところが、靴箱の下段を見て、「包丁が入ってる!」と驚いた。

これに業者は、「(退去時の)片付け忘れだと思います。気にしないでください」と事もなげにフォローを入れた。女性はしばらくアゼンとしていたが、内覧はそのまま進んだ。

----

キッチンには飛び出す作業台が設けられていた。業者は「ただの板が出ちゃったもんね。びっくりしますよね」と再びフォローを入れたが、このVTRをスタジオで見ていた近藤春菜は「いや、包丁の方がびっくりしますよ」と指摘。スタジオは笑いに包まれた。

番組では包丁の件を淡々と放送していたが、視聴者からのツッコミは非常に多かった。その大半はこの部屋を「事故物件」だと指摘するもの。

《片付け忘れで納得できない怖さ》



《包丁出てきた家ホラー過ぎんかった???》



《下駄箱に包丁って怖過ぎる。事故物件っぽくない?》



《下駄箱から包丁出てきたのに、管理人さん気にしないでって、事故物件住んでみた芸人やないと、住まんでしょ》



《くつ箱に包丁あるの怖い。足立区だからなのか》



《忘れ物にしては事故過ぎる。カットしないで放送しちゃったのも事故過ぎる》

女性は結局、別の物件を選択した。賢明な判断と言えそうだ。

----

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

まいじつ

まず、この不動産屋の物件ではなかった。不動産は、横繋がりがあるので、他所の物件を紹介している。空いてるか確認の電話してましたからね。

物件が動く時期ではないので、借り手が決まってからクリーニングが入るのは当たり前。

クリーニング入っても、収納棚の中に前の住人の物が残っている事も多い。


事故物件でも何でもない。


包丁は置物ではない 切って使う道具 何を切るかは使い手次第 気違いに刃物
ヤラセではないと思う。これが足立区!!
わざとじゃないの。
普通、有り得ないでしょ。
収録前に靴箱を開けるとか、事前に仕込むので、必ず見てますよ。変な物が出てきたら困るし。
テレビに出るので、インパクトか、貸す気のない部屋なんじゃないでしか?
ヤラセ、仕込みの類です。
まあ、ヤラセなんだから深く考えて見なくても…(笑)
当たり前に管理者がいるんだから知ってるよ!(笑)
観ましたが、単に下駄箱の横が台所なので、引っ越しの騒動で、置き忘れただけと思いました。しかし日本のアパートの狭さよ。
ならお問い合わせすれば 何でもかんでもやらせやらせ連呼 恥ずかしいよ やらせ意味理解してから 言葉使いましょう
アニメ同じ
退居後は掃除などの業者が入るし物件の管理会社も確認すると思うから置いてあること自体が有り得ないと言えると思いますね。

番組的なヤラセだと思います。

もし、部屋も全て確認した時にはなかったということなら恐怖感が出てきますけどね。
さすがに靴箱に包丁は入れない。
あらかたスタッフの仕込みだろ。

しかし、東京という土地柄は歴史的に事故ってない物件の方が少ないだろ。
東京その物が事故物件だよ(笑)江戸は大火、大地震洪水で明治以降も地震に戦争(東京大空襲)等で大量に亡くなった地だよ。其処此処に浮幽霊呪縛霊更には生き霊がウジャウジャして居る。

page top