河野外相が中国の報道局長との自撮りを公開!

コメポ

【中国の反応】河野外相が中国の報道局長との自撮りを公開! 中国SNS「まるで○○みたい!」の声が続出



日中韓外相会談のため北京を訪れた河野太郎外相。対北朝鮮政策、徴用工などで注目されるなか、あるほっこりツイートが話題となっている。それは中国外務省の報道局長・華春瑩(か・しゅんえい)氏との自撮り写真だ。

華報道局長といえば、会見では厳しい態度や表現も辞さないことで知られるが、それがこの笑顔。和やかなムードに「いい笑顔」と日本で話題となった。この自撮りが中国でも報じられたのだが、ネットユーザーからさらに踏み込んだ反応が寄せられている。

・日本大使館も中国SNSに投稿!

2人の自撮り写真は、8月21日に在中国日本大使館の公式Weiboでも投稿され、さらに拡散。ニッコリ笑顔の2人に中国ネットユーザーも反応! 隣国の友人どころか、「まるで夫婦みたい!」という声が続出したのだ。

2人の笑顔が作り物ではなく、自然で親密なものに受け取られたのだろう。そのほかにも

「なんて温かい笑顔なんだ!」

----

「河野外相って可愛いね」

「永遠に仲が悪い国なんてないんだなぁと感じる」

「日中友好バンザイ!」

と、2人の自撮り写真自体には歓迎ムード。一方で、

「スポークスマンが笑顔だからといって、王毅外相がどう考えてるかは別の話」

という冷静な意見もあった。

・万里の長城ツイートも話題に

中国で注目された河野外相のツイートは、この自撮り写真だけではない。日本時間の21日0時59分に万里の長城に登った写真が投稿されたのだ。日中外相会談 → 記者会見 → 日中韓外相夕食会の後だという。ネットユーザーからはそのアクティブさに感心する声が多く寄せられている。

ちなみに……このツイートには一言「不到長城非好漢」という言葉が書かれている。これは1935年に毛沢東が詠んだ漢詩『清平楽・六盘山』の一節だ。

直訳すると「万里の長城に行かなければ男じゃない」という意味だが、転じて「困難を克服し、目的を達成してこそ英雄豪傑」、そこから夢や目標を追う人に対し「何があっても諦めないで頑張り続けよう」と鼓舞する意としても使われるのだ。

万里の長城という場で中国人なら誰でも知っているこの言葉を、それもこのタイミングで……! なんてスマートな投稿だろう!! 日中両国で河野外相の好感度が上がっていくのも納得である。

参照元:Twitter @konotarogomame、Sina Weibo @日本国驻华大使馆

----

執筆:沢井メグ

ロケットニュース24

河野外相って名前聞く様になってから、思うのが今まで自民のやり方と違うな?と、感じるんだが。発言や言動が旧自民は重過ぎ、民主系は軽過ぎ(チャラい)るけど。その中間的な感じで良い印象に思う。
韓国外相とのtwo shotもお願いします。お互い殴り合って、血だらけでもいいですよ。
まあ、エエやん。
報道官と日中友好。
日中の狭間に沈む南朝鮮、焦る焦る!!!
中国さんにとって日本は脅威でもないし、ライバルですらないというところか。軍事的な問題がなければ日本は中国とアメリカの二大経済圏の間で大きな恩恵を受けるのだが。
人間同士だもの、仕事を離れれば特にいがみ合う必要も無いのでは❗
河野外相ナイスジョブ‼
友好は笑顔から、右手で握手、左手はカ○タ○ナを。
中国には後ろ姿を見せるな、足下を掬われるな。
韓国のあの女性外相とは自撮りしたの?
したくない? 断られた? 撮ったけどゴミ箱に入れた? 竹島を始め、取りつく島のまったく無い大韓民国!!
page top