松嶋尚美がまた炎上!老人介護

コメポ

松嶋尚美がまた炎上!老人介護問題への発言に疑問「施設や病院はダメ?」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

お笑いタレント、元『オセロ』の松嶋尚美が老人介護の在り方について発言し、視聴者から批判を浴びている。

【関連】意見がズレ過ぎ!コメンテーター「失格」だと思う芸人トップ3 ほか

8月22日、松嶋は『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した。番組は今年6月、88歳で亡くなった高島忠夫さんの晩年の生活に迫る放送内容。めいの高嶋ちさ子と長男の高嶋政宏が語り合う形でVTRは進行した。

忠夫さんは68歳でうつ病を発症、芸能界の表舞台から退いた。政宏は当時の父の姿を思い返し「急に変わり果てた。痩せこけた老人が寝ていた。これがもう衝撃で…」とショックを受け、「自分の価値観が変わった」と漏らした。

政宏らは危機感にかられ、忠夫さんのリハビリを兼ねたパーティーを2002年に開催。家族のサポートのかいもあって、翌03年に一旦芸能界に復帰宣言をした。その後、パーキンソン病、不整脈、糖尿病に襲われたものの、妻の寿美花代さんは「病院には絶対入れない」と、自宅で夫の介護を続けた。

----

「松嶋さん、介護したことないんだろうなぁ」

VTRが止まると、松嶋は「2年間ぐらい、『病院に入っててね』みたいなのもありそうなもんやけど……『お互いのためにね』って。理由をこじつけて」とポツリ。夫を入院させる、もしくは介護施設に入れることなく寿美さんが自ら夫を看病したことを称えていた。

しかし、この発言に視聴者は反発していた。視聴者は松嶋の「理由をこじつけて」の部分に違和感を持ったようだ。

《「こじつけ」とても引っかかる。何か悲しい…病院、施設などで助けてもらうのは悪いことなの?》



《あれこれ? 理由をこじつけて? さも施設や病院が悪いみたいな言い方、腹が立つ》



《介護してない人間が 『理由をこじつけて』とか言わないでほしい。じゃー、あなたが今そうなったらできるんですか?》



《松嶋尚美さん、介護したことないんだろうなぁ。こじつけって。腹立つやら悲しいやら…》

----

児童相談所を巡る問題でも炎上を起こしていた松嶋。社会問題に言及するのは避けた方が賢明なのかもしれない。



まいじつ

何でこんなのがコメンテーターまだやってるの?
この人は介護って何?位しかないんだよ。
虐待される子どもも子どもが悪いって思ってる。
世の中のことを知らなすぎだしボキャブラリーもない。でも上から偉そうに話しちゃう。
知らないわからないを勉強する事もしない。(料理も)
わからないことが沢山なのになぜコメンテーターの仕事を引き受けるのか?1人でお笑いの仕事もできないから?
もともとええ年して日本語のボキャブラリーが少ないから、あぁまたやらかしたか位にしか感じない。
ただ、自分でも自覚する必要はあるでしょう。ええ大人なんだから…
介護経験者です。この発言は賛同します。共倒れにならないためにも。プロのお力を借りました。
施設に預けるのは悪いことじゃないよ ところでその職場で働く人の給料知ってる? 手や壁やカーテンとかを茶色くしちゃう人とか暴言暴力とかセクハラとか病気の感染リスクもある人材も足りない休みも取れない 勿論ゴールデンウィークやお盆や正月休みもない 純粋に体力的にも精神的にも腰にもキツい DQN家族もいる 仕事だから我慢するけどさ DQN入居者の暴言は特にキツいよね 心折れそうになる それでいて安い給料 テレビで手もかからない人のお世話体験して大変だけどご家族や本人の笑顔がって言った政治家には現実を見せてやりたかったね プロだから頑張るけどさ心折れるまで頑張るけどさ 給料は上げてくれ
松嶋の言い方は雑だけど、コメントの内容は間違ってないかもと思う時代が四半世紀しないうちにやってくると俺は思う。
松嶋尚美みたいな人は、結構いると思うよ?。今は、ある程度の歳まで挫折しない人や「周りと一緒が一番!」って、人が増えてたからね。
コメンテーターのレベルによって話題とするものを選んだほうがいいと思う。
この番組に限った話ではないけれど。
介護問題ならきちんと専門家や介護従事者、介護に携わる家族や経験者などからの意見でよいでしょう。
ちょっとのVTRやアナウンサーの説明で薄っぺらく発言するからこうなるんでしょう。
母が脳梗塞で倒れ認知も出てきた。田舎では施設はどこも何百人待ち。空いているのは高級施設ばかり。この先親の介護で終わっちゃいそう。
今現在、母親を介護しているけど母親は目が悪く病院に付き添わなきゃ行けないそれに思うように働けないし母親の年金だけでは生きていけない本当に苦労したこのままじゃ私が精神を病んで事件を起こしかねないほど追い詰められ介護施設に入れている。
松嶋さんは頭が普通の人ではないと思うことがある冗談の聞かない番組には出ない方が良い

page top