「中村さんの命を奪った人は誰であろうと我々の敵」

コメポ

「中村さんの命を奪った人は誰であろうと我々の敵」 アフガニスタン人の追悼コメントを翻訳して見えた“偉大さ



 アフガニスタンで長年にわたり支援活動を続けてきた医師の中村哲さんが4日、何者かに銃撃され死亡した。また、一緒にいた運転手やボディーガード、通行人の合わせて5人も犠牲となった。



 NGO「ペシャワール会」の現地代表の中村さんは、30年前から医療団の一員として、アフガニスタンの医師のいない山岳地帯などで医療支援を行ってきた。しかし、活動を続ける中で「医療だけでは人の命は救えない」という思いを強めていった。



 きっかけは、2000年にアフガニスタンを襲った大干ばつだ。2016年に日本記者クラブで行った会見で、「水がないということは食べ物が取れない、栄養失調になる。そのために体力が落ちてどんどん死んでいく。私たちとしてはいくら薬をつぎ込んでも飢えや渇きは治せない。職に困れば傭兵となって出ていくということが普通のスタイル。干ばつに対する対処でこういう人々は減っていく。実際私たちの作業地は最も治安のよい地域で、ほとんどトラブルがない」と語っていた中村さん。これまで1600本の井戸を掘り、東京ドーム約4000個分相当の1万6500ヘクタールの農地を回復した。

----

 アフガニスタンの復興に尽力した中村さんの突然の訃報に、ネット上では中村さんの名前のハッシュタグとともに、現地の人々などからのコメントが相次いでいる。



「地球上でこんなにも自国民を苦しめる国民は他にいないだろう」

「中村さん、あなたは偉大な人です。その価値を分からなかった人がいたことを申し訳なく思います」

「アフガニスタンでは中村さんのことを『中村おじさん』と呼んで慕っていました。長年アフガニスタン復興のために貢献してくれていました。しかしその命が奪われてしまいました。英雄として天国で穏やかに過ごせるよう祈っています」

「今日、共通の敵が中村さんというアフガニスタンの美しさを奪っていった」

「アフガニスタンのために尽くしてくれた中村さんの命を奪った人は、例え誰であろうと我々の敵です。人はいずれ、亡くなるものですが、彼は我々アフガニスタン国民の心の中に永遠に生き続けています」

----

「先進国の日本から来てくださり、砂漠だったこの地球を緑豊かな果樹園や美しい公園にかえてくれた。中村さんの命が我が国で奪われてしまったことは、非常に残念でなりません。我々を許してください。と口にできない程、悲しみに溢れています」



 中村さんの写真やイラストとともに寄せられた、謝罪や感謝の言葉。白衣を脱ぎ、泥にまみれながらアフガニスタンのために尽くした中村さんの功績は、多くの人に届いていた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

 

AbemaTIMES

実は先月に国が中村さん襲撃計画の情報を入手してて当時一時帰国してた中村さんに注意喚起をしてたとか。それなのに強行してこうなったのならいくら立派な人物であろうとも自業自得とか言えないよね。

世の中には理屈も誠意も通じない人達がいる。そういう人達に対しては憲法9条だの平和の尊さだのを語ったところで無力であるということ。
これが現実。
アフガニスタン問題は、アメリカの責任だろう、、その犠牲者が日本人とは、、、まだまだ日本人の常識が世界には通じない。
水利権が引き起こしたとのコメントが腑に落ちた。中村医師は各地で井戸を掘り、現地でも活用できる江戸時代の用法で、河から用水路を引き、荒れ地を農地や居住地に変えていった。でも、長い干ばつで水量が減っているから下流の国の住民にとっては心中穏やかではない。また、利権関係のごたごたで耕作放棄された場所に用水路を引くとなったら各所から妨害も入る。襲撃の背景や現地の状況を検証し報道するマスコミがいないのが本当に残念。
テロリストにまっとうな意見など通じない
愚かで救いようがないのだ
中村先生の活動はそれこそノーベル賞ものだ
確かに力だけではテロは無くならない
ただし、力をもってしか制圧できない悪もいるのも事実
清濁併せ呑む
これが現実
志し半ばでの逝去はさぞかし悔やまれてることでしょう。中村さんに 慎んでお悔やみ申し上げます。
ところで 自己責任 自業自得の批判される人 されない人の違いがわからない人に悲しみ感じます。何万人の人命救ってる人とジャーナリストとか言って物見遊山で行ってる人の違いくらいわからないのでしょうか。残念です。
慎んでお悔やみ申し上げます。
どうしても、日本人を殺しても無罪放免とする日本に近い国の悪人を疑ってしまう。
それか、アフガニスタンの人々を卑劣に騙した日本に近い国の悪人と間違って銃撃されたと推測してしまう。
「自己責任、自業自得」と批判されるヒトと批判されないヒトの境界線はどこにあるのだろう。
先ずは中村さんの御冥福をお祈り申し上げます。
その上であえて言いたい。
コレが世の中の現実だと。
いかに大部分の国民の為になる事であってもソレが“政府"の為にもなる(暮らしが良くなれば国民は政府に反発しなくなる)なら反対派にとっては敵となる。それほどに“共通の"価値観、正義、利益を持つのは難しい。
人類が数千年かけても見つからない答えを、さも「コレだ!」としたり顔で語る日本の平和主義者の薄っぺらさよ。
無償の愛をこれだけ注いでくれた人によくこんな仕打ち出きるよな?

この人の命奪って損するのははっきりいってお前らのほうやぜ。

日本の反感を買い、同じ国の人からも反感をかう。

頭悪いよな。
慎んで哀悼の意を表します。
しかし平和を愛する諸国民の公正と信義に期待して、って今さら時代遅れなのに分かってないのは日本人だけだわ。

page top