羽生結弦、今季世界最高得点

コメポ

羽生結弦、今季世界最高得点者としてファイナルへ ISU公式ツイッターではリラックスした表情も

フィギュアスケートのグランプリファイナルが12月5日から開幕する。男子シングルでは羽生結弦選手が3大会ぶりの優勝を懸けて臨む。もし優勝すれば5度目の優勝は男女通じて史上初。

ISU(国際スケート連盟)は公式練習前にツイッターを更新し、選手たちのリラックスした表情を紹介。羽生選手もほかの参加選手と並び、カメラに笑顔を向けた。



The starting orders for the Short Programs have been drawn! Click the link and check them out!

https://t.co/9gqr6isAqm

#⃣ #JGPFigure #GPFigure #FigureSkating pic.twitter.com/04syUykp83

— ISU Figure Skating (@ISU_Figure) December 4, 2019





羽生結弦が今季世界最高得点者として挑む

3大会ぶりのファイナル制覇を目指す羽生選手の今季は、グランプリシリーズのスケートカナダとNHK杯で優勝。スケートカナダでは今季世界最高得点の322.59点を記録した。

NHK杯後の会見では、アメリカのネイサン・チェン選手をライバル視した。チェン選手は羽生選手がケガのため欠場した一昨年、昨年のファイナルを連覇している。



ネイサン・チェン選手 (c)Getty Images



また、フィギュアスケートは2018-19シーズンからルールが大きく変わったが、新たな採点基準で300点を超えた選手は羽生選手(322.59点)とチェン選手(323.42点)の2人だけ。ファイナルは300点台でのハイレベルな直接対決が期待される。

SPREAD

ジャンプさえノーミスなら良いということだ。

ジャンプ以外の演技が素晴らしくてもジャンプを重視してるんだな今の採点は。

そのうち5回転ジャンプするのが出てくるわ。
ネイサン・チェンのフリーの演技は凄く良かったのに、衣装が練習着にしか見えなかった…
飛べればいいという採点になったのなら ジャンプという枠を作ったらいいと思う。 本来美しいフィギュアスケートが 細い少女がピョンピョン飛ぶ体操みたいになってしまった。おもしろくもなんともない。怪我を助長するだけなので早急な改善を求めたい。
下り坂驀だね、すでに過去の者に成りつつあるスケート会の天狗様。
ふざけた採点方式に嫌気がさして全く見なくなった。
今も勝たせたい選手に有利なルール改正しているの?
せめてジャンプの回転とかはAIにジャッジさせるべき。
この人のドヤ顔が苦手。勘違いしてて。見ててこっちが恥ずかしくなる。
相手がミスして本人が、ノーミスじゃないと厳しいね

まっ、最後まで自分を信じてやるしかない!だな

羽生に厳しいコメばっかり、日本人なら素直に応援しよう。
羽生選手の事を絶対的王者と連呼するテレビに違和感しかなかった。

現状チェン選手のほうが実力上なのは素人目でもあきらかやとおもいます。

今肩書きつけるなら日本のエースというほうがしっくりきます。

王者としてよりチャレンジャーの気持ちでいかないときついと思います。
ネイサン・チェン頑張れ。ショートでミスった羽生、めちゃ悔しそうだった。負けは死ぬことだもんね。

page top