『Mステ』改編で視聴率大低迷!

コメポ

『Mステ』改編で視聴率大低迷! 2020年末で“打ち切り

(C)STUDIO GRAND WEB / Shutterstock 

1986年の放送開始から常に同じ枠で放送され続けてきた『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が、今年の10月より枠移動。金曜20時から、金曜21時に移動した。かねて視聴率低迷が指摘され続けてきた同番組だが、この改編によって、さらなるピンチに陥っているという。

【関連】『Mステ』 に怒り爆発!素人のカラオケ企画に「意味不明」「まじしらける」 ほか

「この改編では、同曜日の19時~20時に放送されていた『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』も移動。結果、19時からは『ザワつく!金曜日』、20時から『マツコ&有吉 かりそめ天国』、そして21時から『Mステ』となりました。『ザワつく!――』は視聴率2ケタ超えと絶好調で、改編は〝成功〟と言えるでしょう」(テレビ雑誌編集者)

その一方で、『Mステ』の視聴率は低迷しているという。

----

「改編まで、『Mステ』の視聴率は8%前後だったのですが、改編後は6%台まで低迷。前番組が強くなったにもかかわらず、この数字となると、これ以上の数字は期待できない。最近は、アーティストの時間を割いてまで〝素人のカラオケ企画〟を放送するほどの迷走ぶりで、現場の苦しさが伝わってきます」(同・編集者)

MCのタモリの高額なギャラに加えて、視聴率低迷、改編も効果なしと厳しい状況。打ち切りも視野に入るというが…。



番組を守り続ける意思はあるが…

「改編が決まった当時、ゼネラルプロデューサーは新しくなった『Mステ』に自信をのぞかせていました。また、『まるで老舗料理店のようで、〝守るべき味〟と〝変えていくべき要素〟の2つを良きバランスで追及』などといったコメントから、〝番組を守り続ける〟という意志も感じましたね」(同)

では、これからも番組は継続していくのだろうか。

「現状の『Mステ』は、〝坂道系〟のアイドルグループと、ジャニーズで持っているようなところがあります。しかしジャニーズは『嵐』の活動休止、『関ジャニ∞』のメンバー離脱で魅力が半減以下に。〝坂道系〟グループも、『乃木坂46』が高齢化とメンバーの卒業ラッシュによって、以前の『AKB48』のような凋落がもう目前。2020年はまだこらえるでしょうが、それ以降となると…」(同)

----

来年末、「嵐」の活動休止とともに『Mステ』も終了するかも!?



【画像】

STUDIO GRAND WEB / Shutterstock



まいじつ

テレビで音楽の時代じゃ無くなったみたいだね。新聞と同じくもう限界なのでしょう。
Mステって今21時だったよね。何故1時間繰り下げたのかな。何か出て来る人達も毎度ジャニタレとかアイドルグループ系ばっからしいじゃんか。それじゃあみんな飽きられて視聴率下がるよ…。
曲紹介の後に「~はこの後すぐです」ってCMに行くのが頭にくる。CMをまたぐなよな。
1回の放送で大体5曲?月20曲の年240曲になるけど❗️そんなに曲も無いだろ?
それに、特番もやればそれ以上の曲数って年間出てる事になるけどさ❗️
そんなに知らねーし
編成部 局長様。

90年代のやり方が、1番良かった気がします。

地方では、番組前の(カメラに向かって手を振る?)みたいなのが、20年くらい前からやってません…。

火曜日か水曜日の8時だったら…。

どの様な結果になろうとも…。

決して、個人の責任には、しないで下さい。
コラボとか企画モノが増えてから見なくなった。

訳解らないアイドルについて行けないって事でもあるんだけどね。

本物の歌手の人達が出てるBS放送の歌番組の方が見応えあるよ。

今更テレビで歌はいらない!
まあ、ドラえもん、しんちゃんの時間帯を変えたのも失敗だからな…(笑)
一般人のカラオケなら
既に別の放送局でやってるよ
ただあの番組
サビに行く前にカネが鳴っちゃうから
全然、面白くないんだよね
クレヨンしんちゃんもいつやってるのかわからなくなってとんと見なくなった。長い間慣れてたのが変わるとこうなる。

page top