「マイナンバーカード」

コメポ

「マイナンバーカード」作成には1か月以上 9月から始まる「マイナポイント事業」に備えよう

2019年10月に消費税が10%に上がりました。

増税とともにクレジットカードやスマホ決済などのキャッシュレス決済を使用すると、ポイント還元を受けられる「キャッシュレス・ポイント還元事業」が開始されました。

政府主導でキャッシュレス化を後押しする形となり、2019年はキャッシュレス元年と言われています。

キャッシュレス・ポイント還元事業は2020年6月まで

増税の影響で消費者の買い控えによる景気停滞を緩和するために、「キャッシュレス・ポイント還元事業」が始まっています。

中小企業が経営する店舗で、対象となっているキャッシュレス決済を使用すると5%のポイントバックを受けることができます。

コンビニやチェーン店など全国規模で経営しているお店では2%となっています。

現在は、最低でも増税された2%分がポイントとして返ってきている状態です。

このポイント還元事業は2020年の6月までとなっています。

2020年7月以降には、ポイント還元事業のようなお得なサービスはないのでしょうか。

マイナポイント事業が開始





2020年9月から「マイナポイント事業」が始まる予定です。

東京オリンピックが7月から始まるため、7月と8月は景気がよくなると言われています。

海外からの観光客の増加やテレビの買い替えなど、通常よりも消費が促進されやすいと考えられているようです。

東京オリンピックが終わった9月から景気が停滞すると心配されており、その影響を少しでも減らすために「マイナポイント事業」が、9月から開始する予定となりました。

マイナポイント事業とは

2020年1月6日に総務省のHPがオープンしました。





----

≪画像元:総務省≫

事前に選択したキャッシュレス決済でチャージまたは買い物をしたときにマイナポイントが付与される仕組みです。

マイナポイントは選択したキャッシュレス決済のチャージや買い物をするときに利用できるポイントとなっています。

上限は5,000円までと決まっているようで、現在のポイント還元事業のように買い物する度に利用できる事業ではありません。

どちらかというとプレミアム商品券に近い事業で、例えば交通系ICカードに2万円分チャージするとマイナポイントが5,000円分付与されます。

まずは、マイナンバーカードを申請しよう

マイナポイント事業を利用するためには、図にあるようにまずはマイナンバーカードの取得申請をする必要があります。





----

≪画像元:総務省≫

マイナンバーカードを取得後に、特定のサイトからマイキーIDを設定し、使用するキャッシュレス決済サービスを選択する流れです。

マイナンバーカードの作成は、現時点でも4週間以上かかるとのことです。

申請方法はオンラインで可能です。

スマホを使ってオンライン申請すれば、スマホのカメラで自分を撮影してマイナンバーカードの発行手続きができます。





≪画像元:マイナンバーカード総合サイト≫

証明写真代が必要なく、書類を役所に持って行ったり、郵送する手間が省けて楽です。

マイナンバーカードは確定申告の電子申告に利用できたり、2021年からは健康保険証としても利用できるようにと検討が進んでいます。

他にも児童手当の申請など、役所に行かなくてもオンラインで済ませられます。

マイナポイント事業の始まる7、8月は発行に今まで以上の時間がかかると思われますので、時間に余裕のある今のうちに申請をしておきましょう。(執筆者:田中 かな太)

田中 かな太

はっきり言う!国の言いなりになっていい事はないのでは?弱者庶民感覚ない血税無駄遣いの輩共が、自分たちがやりやすいようにするために、導入したに決まっている!
マイナンバーは、そもそも税金の取りっぱぐれがないように、国が国民を管理しやすくするためのもの。

だから、いずれは銀行口座や不動産や株式など、税金がかかる全ての資産と紐付けされることになるだろう。

国に把握されるだけでも不愉快だが、番号が流出したら、資産情報に生年月日から何からセットになってるわけで、ハッキングで一瞬でやられて、口座残高がゼロなんて事件が続発だ。

庶民には無縁と思うなよ。
金持ちはセキュリティもガッチリだ。
一人の金持ちを狙うより、1000人の庶民を狙う方がきっと楽だ。

それがマイナンバーの一番怖いところだ。
今まで、何回情報漏れした?
業者任せにしたりして、
謝罪の一礼してきただろ!
キャッシュレス決済をする気は無いが非課税者には昨年、消費税を10%に引き上げた見返りか総額25000円のプレミアム付き商品券を購入して15000円まで遣った。残りの10000円分は未購入で近く購入する予定だ。1冊5000円で2冊購入し3月31日期限までに遣う予定だ。店舗によっては遣えない所も有る。郵便局か市区町村役所で購入出来るけど本人と確認出来る証明書が必要だ。
そんなに特典が付いたとしても、マイナンバーは作りません。
ありとあらゆる個人情報が満載なカードなんて、また、その個人情報をなぜ国が把握し管理しなくてはならない? セキュリティーにも問題アリ。自分は一生作らないです。
キャッシュレス業界(信販関連)の永田町(及び霞ヶ関)への食い付き状況をチェックだな。
5000円配るか税金分引いたほうが早くない?1人5000円1回で終わりならやるだけ無駄だろう。
必要ないから何年かかろうが私には関係ない オレオレ詐欺のターゲットにならなければいいね
そんな金あるなら最初から増税しなきゃいいじゃん!!!
page top