『相棒』“15年ぶり低視聴率に陰口…「70歳手前の警部補だからww」

コメポ

『相棒』“15年ぶり低視聴率

(C)まいじつ

2月5日放送のドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の平均視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かり、ネット上で物議を醸している。

【関連】鈴木杏樹“仰天スキャンダル”で囁かれる『相棒』『ZIP!』オゾマシイ呪い… ほか

同ドラマが12%を切ったのは今シリーズで二度目だが、それも〝異例〟のこと。その前は2005年3月16日の回までさかのぼらなければならず、何と15年ぶりなのだ。大人気ドラマのまさかの体たらくに、関係者も頭を抱えているという。

ネット上では、

《最近、相棒つまらなくなったよね。長く引っ張り過ぎたんじゃないかな》



《もうさすがにオワコンじゃね? あり得ないストーリーばかりでリアリティーはゼロだよ》



《中身のないパターンが続いてる。そろそろ終わりだろうね》

----

《脚本で売れたドラマだったのに、肝心の脚本がクソつまらん》



《まだ相棒見てるやついるんだ。どこが面白いの?》

など、〝つまらなさ〟を指摘する声が散見されている。



事件の動機やトリックが微妙…

「最近では昔の再放送の方が面白いという声が圧倒的ですね。今となっては寺脇康文が演じる亀山が出演していたころの、緩いコメディータッチの方が良かったという声もあります。相棒が他のドラマと一線を画しているのは、脚本の完成度の高さです。輿水泰弘氏や櫻井武晴氏ら実力のある脚本家が練りに練ったストーリーを組み立て、大ヒットしました。しかし近年は、プロデューサーの変更とともに脚本家も大幅に入れ替わり、事件の動機やトリックがことごとく微妙になってきました。今回の低視聴率の理由も、何シーズンにもまたいだ黒幕の真相が、単純にまだらボケの老人だったというオチで、視聴者を愕然とさせています。一部の関係者からは『低視聴率が続くようであればシリーズ終了も現実味を帯びてくる』という声も聞こえてきます」(エンタメ誌記者)

----

加えてドラマのヒットとともに、主演の水谷豊の態度も横柄になり、今では現場で王様のように振る舞い、周囲は過剰なまでに気を使っているという話もある。風通しの悪い現場には重たい空気が常に流れ、若手の製作者からは不満の声も漏れているとか…。

水谷は今年で68歳を迎え、古希も近づいている。

《特命係警部の定年はとっくに過ぎているはず》



《いつまで現役を続けるつもり?》



《70歳手前の警部補だから心配の目で見てしまうww》

など、厳しい声も上がっている。

〝終わりの始まり〟が、いよいよ訪れたのかもしれない。





まいじつ

68には見えないなぁー でも 相棒は毎日見てるし 水谷豊さん大ファンです
米沢さんと小野田官房長がいないからつまらない。
視聴率二桁維持出来れば凄いよ。それに相棒に限ったことじゃなくテレビの世界じゃ実年齢は60代でも50歳ぐらいの設定にしてたりする。現代人が若く見える理由の一つにドラマのキャスティングが印象に残ってるという理由もあるんじゃなかろうか?
長年テレ朝で科捜研の女シリーズとやっていたから終焉しちゃうのは寂しいかなとも…。けど確かに前程は観なくなったな。
刑事ドラマは長く続けば続く程限界が出てくるよね。探偵ドラマなら定年ないけど。
昔は良かった系の批判はつらいよね。
脚本だって毎回練りに練った極上のネタばかり用意出来ないのに。
他にも似たような刑事モノがたくさんあるし、一話で収める話は展開に無理も出てくる。
一切の情報を表に出さず、どうせ助かるんだろと思ったら、突然ラストで壮絶な最後を迎えるとか、有終の美を期待したりもする。
右京が相棒をつまらなくした。
水谷豊さんは、熱中時代の頃が良かった。今は偉そうに見えてしまってなんか好きになれない。
相棒の相棒が不釣り合いだろう?どうも反町のニヤケて惚けた姿が杉下右京の人格と合わない。亀ちゃんは明らかに右京とは対象的な立ち位置のキャラ設定だったからバランスは取れていた。反町はエリート官僚コースから外れた格好で特命係に来た経緯も無理がある。格好つけを無理矢理残したような設定はストーリーにも翔んでるイメージを与えてる気がする。エリート二人じゃ飽きる,作家が困るだろう?
マンネリが酷い。
ただ、
昨今のドラマで10%以上をコンスタントに出せるのは十分凄いけどな。

page top