昔ヤンチャしてたでしょ?

コメポ

昔ヤンチャしてたでしょ?元ヤンだと思われる「残念デートコーデ」4つ

昔ヤンチャだった方のファッションには、共通点があります。



今回は、元ヤンだと思われる「ド派手コーデ」について、特徴を4つご紹介。

どんなところで元ヤンだと気付くのか、ぜひ参考にしてみてください。



(1)金髪でストレート



『ストレートロングの金パっていかにもコンビニの外にたむろしてそう(笑)』(25歳/商社)



ブリーチをしただけの金髪は、元ヤンのトレードマークと言えますよね。



また、髪はサラサラのストレートというのも特徴です。

落ち着いた髪色を選ぶだけで、グッと印象が変わるので、イメージチェンジをするなら、ここから変えてみましょう。



(2)ジャージ、スウェット



『渋谷でもジャージの人いるよね……がら悪い』(29歳/広報)

----

どこに行くにも、ジャージ、スウェットで出かける方はいませんか。



また、寒い日でもジャージにマフラーというスタイルも、たまに街で見かけますよね。

そんな方も元ヤンの可能性がかなり高いです。



楽というのはわかりますが、かなり目立ってしまっていますよ。

ファッションは周囲への配慮でもあるので、面倒でもジャージでの外出は避けるべきでしょう。



(3)長いネイル



『家事する気ないでしょってほど長いのはギャルの代名詞』(28歳/輸入)



不自然に長いネイルやゴテゴテとしたネイルも、派手なイメージがありますよね。



元ヤンの中には、ネイルにこだわるのが好きな方や、職業としてネイリストをやっている方が多いです。

好きなことは伸ばしていくのが良いですが、同時に、周囲からは家事ができなさそうという偏見も持たれてしまいます。



そのため、ネイルを続けるなら、シンプルなネイルを選んでみてはいかがでしょうか。

----

(4)キャラもの



『キティーちゃんはギャルのものって印象なんですよね』(30歳/美容師)



元ヤンの女性は、大人でもキャラクターものが大好きですよね。

身の回りのありとあらゆるものを、同じキャラクターで統一するため、かなり派手な印象があります。



好きなキャラクターのグッズを揃えていても、コーデにはあまり取り入れないようにすると、イメージが変わるかもしれません。







今回は、元ヤンだと思われる「ド派手コーデ」について紹介しました。

昔ヤンチャしていたのは、コーデに出てしまいがちなので、きっと周囲にバレていますよ。



周りからの目を気にしてしまうのであれば、ファッションから変えていきましょう。



(恋愛jp編集部)

恋愛.jp

私に取ってはヤンキーは編みサンダルかク○○○スのサンダルにジャージかスウェット着てパンチパーマや金髪か茶髪の印象強いかな。
もしこちらに該当者がいらしたら、申し訳ないんですが、
男性で、名前に「斗」が入っていると、なんとなく、そんな風な雰囲気があります…
あんまり付き合いがないけど、そういう感じのお母さんのお子さんも、だいたい「斗」が着いています。
金髪でジャージで長いネイルでキティちゃん着けてたら、「元ヤン」じゃなくて現在進行形でしょう。
確かに、今は、戦略的に上品コーデだけど、キティちゃんには、弱いです。動物なんて大嫌いなのに。
先日、仕事でクレーマーにお詫びの機会が、あったが、さすがに、キレて目力を発揮した瞬間、クレーマー撃沈。昔とったなんたらですね。
プー〇の上下、色は黒か赤。男女問わず知能の低い生き物に見えてしまう(笑)

ゴテゴテした指輪に金(色)のブレスレットやネックレスも欠かせない。トドメはシャネル風の長財布か?

あっ!近所のパチ屋に朝から並んでいるわ、こんな奴等(笑)
洋服の青山で買い物をするとキディちゃんグッズをくれます。私の家にも色々あるけどヤンチャしたことありません。キディちゃんに罪はない。
ヤンチャしてた=ヤンキー⤴だった って使われ方に違和感あるなぁ
ドンキで買ってそうなコーデ
いや、キティちゃん好きが全員ギャルな訳は無いけどさ…持っているブツや使用方法に依っては確定なモンがあるのよ。

私が見た事あるのは…キティちゃんの健康サンダル、しかも外履き(そういうのは普通、ルームシューズだろ…)。
そして、その健康サンダルの上の当人の衣服が何故かジャージ(髪はそういやロングのストレートだったな、勿論、黒では無い)。

…どういう組み合わせだよ(チョイスとかコーディネートが一々オカシイ)。で、その格好で面接に来るとかどういう神経(強心臓)なんだ?と当時思った。
訊くまでもない。たぶん40~50過ぎても同じ系統ファッションのままだと思うから。一緒にヤンチャする仲間と体力が無くなっただけで精神状態とセンスは全く当時の古いまま。

page top