槇原敬之“二度目の覚せい剤逮捕で「また名曲生まれそう」

コメポ

槇原敬之“二度目の覚せい剤逮捕

(C)まいじつ

歌手の槇原敬之が、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。1999年8月に同じく覚醒剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6月(執行猶予3年)の判決を受けているが、これで二度目の逮捕となった。

【関連】槇原敬之の“キョーレツな歯並び”に心配の声「ボロボロやん」「まさか…」 ほか

槇原といえば、数多くの名曲を生み出している天才ミュージシャン。その中でも特に知名度の高いものが、『SMAP』に提供した『世界に一つだけの花』だ。

しかし『世界に一つだけの花』は、『SMAP』の解散によって地上波テレビで流しづらい曲となってしまった。今回の逮捕は、それにさらに追い打ちをかけることになり、ネット上では、

《槇原のせいで世界に一つだけの花はもう二度と世に流れない》



《SMAPも解散したし世界に一つだけの花は完全にお蔵入りかな》

----

《世界に一つだけの花の規制待ったなし!》



《はぁ~これで世界に一つだけの花が再び世に出ることはないかもしれませんな……》



《世界に一つだけの花はお蔵入りか? 教科書からも消えるのか?》

などといった声が上がっている。

「『世界に一つだけの花』は、槇原の一度目の逮捕時の留置場生活体験がきっかけで出来上がった曲だと明かされています。逮捕の失敗で自分を見つめ直し、曲作りの姿勢が変化した結果、この名曲が生まれたというのです」(芸能記者)



自分を追い込むために…?

そんな〝伝説〟のためか、

《まっきーwwwwwまた捕まっとるやんwww 前捕まったとき世界に一つだけの花作詞してたよな。。また名曲生まれそうやな》



《またかよマッキー、、、いや、世界に一つだけの花を超える曲を作るために自ら、、、、!?》

なんて声も上がる始末…。

----

こうなったら槇原復帰のあかつきに、ついでにSMAP再結成にも期待しよう!





まいじつ

なんだ?この記事は薬を容認してるのか?生意気に報道に携わる奴がそれじゃまずいだろう?根性の腐ってる奴が書くからつまらないふざけた記事に気づきもせず。面白けりゃ良いとなる。まいじつならそんなもんか?
パートナーが悪すぎた
キッパリ縁を切る事が
できるのかな
今度は執行猶予は無いだろう
どんなに苦しくても殆どの人は、薬物なんかに手を出さないのです。「また名曲生まれそう」とか変に美化し過ぎておかしいよ・・・。
世界に一つだけの花という素晴らしい楽曲を作り、自らの手で泥を塗り、日本人なら誰もが知っている歌になったのに、これからは、この歌を歌う人達はいなくなるだろう。
薬物で逮捕された芸能人の人達の頭文字を繋げると、SMAPに当てはまる人達が多いと、もう騒いでいる。Pの付く名前はピエール瀧しかいないけど。
ダメな事はダメ!法律違反は違反。それを「まぁまぁ」で済ます事は絶対に許さない。そこのところはハッキリしておかなければならない。
まして、薬物犯罪は過失ではなく、全て自分の意思で犯罪を犯しているのだから、社会的制裁を受けることやバッシングや批判を受けるとこは当然であり、それを大目に見て許したり、一度や二度の…なんて超甘ちゃんな事を言っていると、法治国家日本は崩壊しますよ。
『人生に2つだけの汚点』で済むことを願う。
>あんた達に他人を批判できる人間性を持っているのか、自分の胸に聞いてみなよ。

少なくとも私は法律違反はやってないので、法を犯した人の批判は出きると自負してます。
それにこの人は一度ならず二度も。それも同じ罪で。誰しも一度の失敗はあるかもしれない。それは大目にみても同じ罪で二度は無いわ。
私は初期の作品が好きだな。桜坂とか。
福山さんの桜坂の方が有名になっちゃったけどね。

近作には、あまり興味が出ない。薬を使わない方が実感が出るのではないかな?もっとも、いつから薬を使っているのか厳密には知らない。

余談ながら私は、お酒が大好き。人類史と共に歩んだ合法ドラッグである。不用意に非合法化するとどうなるか、アメリカが既に実証済みだ。

いずれにしても、法律は守ってから異を唱えないと説得力は、無い。
以前スマップへ提供したヒット曲は、彼が執行猶予明けに、
ジャニーズ関連と政策した曲。お膳立てしてもらい、そして今回も同事務所の芸能人へ提供、気にかけてもらいながら…
事務所始め関係者はおそらく迷惑でしょ。

page top