100日後に死ぬワニグッズ、早速メルカリで転売

コメポ

先日堂々フィナーレを迎えた「100日後に死ぬワニ」。完結後に続々と関連グッズが発表され、一部では「元から仕組まれていたのでは」と噂されるほどに沢山のコラボなどが生まれる事態になりました。実際にワニ君グッズが売り出されるロフトでは、長蛇の列が出来ていたそうです。整理券が配られるほどの人気まぁ漫画楽しませてもらったし線香でも上げに行くかと思って

梅田ロフト来たらもう18時からの整理券配ってて

なんだかんだで成功してんだなーって思った。#100日後に死ぬワニ #追悼ショップ pic.twitter.com/FzwJPI6QTJ— ioriさんと他107人のおじ (@iori_iori) March 21, 2020こちらの投稿者さんが向かった先は大阪梅田のロフトだそうですが、他のロフトも凄かったようです。渋谷ロフトのようす渋谷ロフトでの『100日後に死ぬワニ』グッズ先行販売。9時の時点でかなりの行列。転バイヤーでは無く10代の若い子ばかり。若い子はステマや電通なんて関係無いんだな。#ロフト #先行発売 #100日後に死ぬワニ #ワニ #グッズ #loft pic.twitter.com/7vRTEsK3Pe— wired (@kMnpAnhlpWTRQTC) March 21, 2020100ワニ追悼POP UP SHOPと銘打たれた最後尾列が出来るほどの人気ぶり。しかし、転売ヤーはやはり存在したようでトップの画像をもう一度。こちらを見て頂ければわかる様にメルカリには早速、100ワニグッズが定価よりも高額な値段で並ぶ事態に。ネットでもこの高額転売を受け、高額転売許せない、高額転売を買わないようにしよう、という反応が多数並んでおりました。100日後に死ぬワニ既にメルカリで売られてて可哀想— むぎたろ。 (@Uyukipippi) March 21, 2020転売自体が悪いわけではなく、定価より高額で転売されているのが良くないですね。メルカリのワニくん転売屋許さん— もえぴ (@p_moe22) March 21, 2020転売で儲けようという目的で買い占め、本当に欲しい人が高額転売でしか買えない事態になってしまうのが最悪ですね。事実ではないと本人が否定しておりましたが、早すぎる商品展開にステマだったのでは?という疑惑もでた100日後に死ぬワニ。しかし、あれだけ商品化等のお金儲け的な展開に否定的な意見が多かったにも関わらず、蓋を開けてみればやはりこれだけの人気があったのは凄い事です。

秒刊SUNDAY

この転売は好きにしたらいい。

マスクや消毒液とかと違い生活に必要はないものだから。

ただ、いわゆるヴィンテージ品と違い現在進行形で売られているものに関しては一定の制限はかけるべきだとは思うけどな。
最大定価の倍までとか定価がでかいものはプラス2万までとか制限必要だと思う。
貧民は明日をも知れぬ生活で精一杯です。金儲けとかとは無縁です。ある意味ワニ君が羨ましい!
コロナで自粛と言われても行列って…。
陰謀か?差し金か?
まんまと躍らされてる感じ。
この商品は中国製って話だよね。
これだけ世の中が新型コロナで大変なのにこんな短期間でグッズ生産して販売するってやはり不自然すぎでしょ。
それに21日ならまだ「電通案件」って世の中でまだ広まってなかった頃だろうから行列ができてたんだろうけど、こうやって広まってきたから人気はガタ落ちしてるんじゃないのかね。
page top