志村けんイジり⁉ フジテレビ『グッディ』鬼畜演出に「不謹慎過ぎる」

コメポ

志村けんイジり⁉ フジテレビ『グッディ』鬼畜演出に「不謹慎過ぎる」

(C)まいじつ

3月25日に放送された情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)が、新型コロナウイルスに感染したお笑いタレントの志村けんについて特集。〝ある演出〟を巡ってネット上では批判の声が殺到し、あわやの炎上騒ぎとなっている。

【関連】足立梨花の“人間性”に非難殺到…コロナ陽性の志村けんをフルシカト!? ほか

番組では、「志村けん新型コロナウイルス陽性反応 現在人工呼吸器を付け治療中か」と題し、約30分間にわたって放送。志村が2月中旬に胃のポリープの内視鏡手術をしたことや、その数日後に親しい芸能人を集め古希の誕生日パーティーを開いたこと、2016年に肺炎で入院歴があることなど、事細かに解説した。

「冒頭、ニュースの導入として志村のことが書かれているスポーツ誌を映し、ナレーションとテロップで『「だいじょうぶだぁ」ではなかった…』と志村の持ちギャグにかけた紹介をしました。ただでさえ不謹慎さが漂う演出にもかかわらず、ナレーションの言い方がわざとらしいほど深刻そうな言い方だったため、視聴者の不快感を増幅させたようです。もっとも、コミカルに言われても困惑しますが…」(芸能ライター)

----

「だいじょうぶだぁ言いたいだけ」

感染症の専門病院に転院し、人工心肺を装着するなど余談の許さない状況に陥ったという志村。高齢、病歴あり、長年にわたる喫煙、相変わらずの酒好きという重症化になりやすい条件がそろっているだけに、ネット上では『#志村けん頑張れ』のハッシュタグタグがトレンド入りするなど、心配の声が多く上がっている。

そんな状況でニュース番組が〝『だいじょうぶだぁ』 ではなかった…〟という信じがたいイジリをしたことに対し、ネット上では、

《死にかけてるのに不謹慎やぞ》



《ちょっと引いた》



《シリアスなトーンで「だいじょうぶだぁ… ではなかった」と読み上げる『グッディ』どうかしてる》



《この切り口はダメだ フジテレビは報道番組もどき過ぎるな》



《マジでさっきの何なん? マジで腹立つわ》



《フジの不謹慎体質って永久に変わらんのだろうな》



----

《だいじょうぶだぁ 言いたいだけやろ》

などと、批判の声が多く吐き出された。

もっとも元ネタとなった『志村けんのだいじょうぶだぁ』は、フジテレビ系列の放送網。唯一、イジる特権があるとも考えられなくはないが…。





まいじつ

残念!

天国でも楽しんで下さい
それで、昨日辺りから芸能人からのコロナ喚起の呼び掛けが始まったのですか。志村さんはまだまだ笑わせて欲しかった。ドリフターズ世代の俺にとっては寂しい限り。カラスの子などは当時の教育ママからの激しいバッシングなどあったけど。もとうたを知らないと笑えないと言う離れ業。『カラスなぜ鳴くの、カラスの勝手でしょう』合掌
志村さん本当に残念です、私はただただ中国やWHOの身勝手な主張や対応の遅さに怒りしか湧かない!対応が早ければ志村さんもきっと違う何もない結果になっていたと強く思っています
また「だいじょうぶだぁ」って言って出てきて欲しかった…

29日夜、亡くなられたとの一報に、ただただショック。

うそでしょ…

ぜんぜん、現実を受け入れられません。
持病もお持ちだし、日々の過度の飲酒、長年のヘビースモーカー歴…よくなりましたら、ご自身の為にもファンの為にも、生活習慣を見直されて下さい。

人口呼吸器って「自分で呼吸出来ない」から装着するもので、気道確保の為に喉に穴を開ける場合が多い。復帰にも相当時間がかかりそうだし、既往症を見ても心配です。この記事はともかく、回復を期待しております。
最低。それしかない。
人工心肺は最後の手段です

肺の状態が少しでも改善して欲しいです

かなり厳しいはずです
コロナウイルスはやはり危険だ!!
この場合「だいじょうぶだぁ」って言っていいのは志村さんだけ(-_-)
こんな状況の時に軽々しく使ってんな、今は黙って回復を祈っとけ。
見ておくんだった…と言いたいところだが、見なくて正解だったかも知れない。

page top