綾瀬はるか、高校生と「原爆」…

コメポ

綾瀬はるか、高校生と「原爆」と「戦争」を考える

【モデルプレス=2020/07/31】TBSでは、今年も『NEWS23』の中で “特別企画 綾瀬はるか「戦争」を聞く” を8月6日よる11:00~11:56に放送する。



【写真】綾瀬はるか、ばっさりカットでイメチェン ボブヘアで登場「首元が寒い」



◆綾瀬はるか「戦争」を聞く



2005年の特別番組『ヒロシマ』をきっかけに、2010年以降、毎年『NEWS23』の特別企画として60人以上の戦争体験者の声に耳を傾け、その平和への願いを伝えてきた綾瀬。今回は、自身の出身地・広島の原爆について、これまでの取材を高校生たちとともに振り返り、「原爆」と「戦争」について考える。



1945年8月6日午前8時15分、広島に投下された原子爆弾は、広島の人と街を一瞬にして破壊し尽くした。爆心地から2km圏内の建物は倒壊し、この年の年末までに14万人もの人が亡くなったといわれている。



「あの生き地獄を毎日毎日思い出しよったら、ここ(頭)が狂うわ」と当時の様子を語る女性。小学校で学童の救出にあたっていた当時17歳の男性が、死を覚悟した男の子からかけられた忘れられない言葉。生き残った被爆者の体を襲う放射能の影響。そして、いわれなき差別や中傷。これまで綾瀬が被爆者の方々から聞いてきた“戦争の記憶”を、高校生たちはどう受け止めるのか。



さらに、2005年に行われ大きな反響を呼んだ、原爆の開発に携わったハロルド・アグニュー博士と被爆者の貴重な対話も放送する。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

『歸國』再放送しないかなぁ…
あと、『はだしのゲン』も。
異国の「原爆やったね少年団」に狂喜乱舞するニッポンの少女達。。。。
先ずはここから潰していかないといくら反戦教育やっても焼け石に水。
この日エノラゲイは4機のみの編成で飛来し、当然市民は防空壕に避難している。
しかし、ここでは原爆投下せずに通過し、市民は防空壕から地上に戻る。
そして何故か、ここで引き返したエノラゲイが原爆投下している。
そして、この後に防空壕から出て来た市民は生還している事実にはフタがされている。
夏だけ戦争を学んでも…慣例が気に入らない。原爆投下時間も終戦記念日もしらない若い衆をみると情けなくなるわ。
放送は毎日系列。
内容は時代背景や国際法全てを無視して日本が悪いだろうな。
page top