月の手取り23万でも年100万円貯めた!

コメポ

月の手取り23万でも年100万円貯めた! 40代女性のテクニック 【貯金記事ランキング】



また今年もお金を貯められなかったとため息をついていませんか? オトナサローネでは1年で100万円貯めるテクニックをご紹介しています。今回は、人気の高かった記事をランキング形式でお送りします。

第1位:月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック



1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっしゃいました。どんな貯め方をしていたのでしょうか?

実際の家計簿を見ながら貯めるテクニックはどこなのか確認してみましょう。

毎月の貯金額は1か月5万円なので12か月で60万円、ボーナス時20万円を2回で40万円。合計年間100万円のペースで貯金しています。手取り23万円で5万円貯金すると、残りは18万円。では、どのような家計のやりくりをしているのでしょうか?

続きは>>>こちら

第2位:めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条



お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になるというのは非常に難しいものです。そんなズボラ女子が貯金をするにはどうしたらよいでしょうか。誰でもできるシンプルな方法の3カ条を紹介します。

めんどくさがりな人間は、お金以外のことも細かく決めるのがキライです。今は困っていないからとりあえずあとでいいや。1カ月先の予定は決めたくない。そんな自由でいたいという思考パターンが、貯金についても表れます。「何にいくら使う」と決めてしまうのがイヤなのです。これから紹介することは、決める約束はひとつだけ!

続きは>>>こちら

第3位:お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合



OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう!1回めはタケイ啓子さんです。

「私もファイナンシャルプランナー(FP)の端くれ。毎月の収支はそれなりに均衡を保ち、貯蓄もするようにしています。しかし、ここで急に『1年後までに100万円の新たな貯蓄が必要!』という事態になったら、どのようにして目標を達成したらいいでしょうか。今回はそんな場合を想定して、1年間の貯蓄計画を立てていきます」

続きは>>>こちら

第4位:貯蓄ゼロだったけど今年1年で100万円貯めた人の「5つの習慣」



毎年同じことを繰り返していてはいつまでたっても貯蓄ゼロです。

貯蓄が全くなかったのに今年100万円貯めた人は、「貯める!」と決めてから、貯めるための習慣をこつこつ続けているのです。そんな人たちが共通して実行している、お金が貯まる5つの習慣を紹介します。

続きは>>>こちら

第5位:「私なら1年100万円はこう貯める!」節約女王・FP稲村さんの削りかた



OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」と質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう!3回めは実践的な節約記事にも定評のあるFP、稲村優貴子さんです。これまでの2人と比べると、節約のウェイトが高い内容!

「マネー相談をしていると『お金を貯めているけれど貯まらないんです』というちょっと聞くと謎なお話になることがよくあります。共通しているのは『貯めている』のではなく『よけている』だけであること。何かのためにと『別保管』しているだけなので旅行・交際費などで使ってしまうから貯まらないのです。では、これから1年で100万円貯めるならどうするか具体的に考えてみましょう。FPである私は自営のフリーランスなので、お金の出入りが一定ではありません。そこで、みなさんが実践しやすいよう『私が会社員だったら』こうする!という事例にしていきます」

続きは>>>こちら

OTONA SALONE

手取り350で貯金100万って、出来て当たり前でしょ。
この手の貯金できました、記事って何の参考にもならん。
同じく40代女性ですが、ボーナスもなく子どもも3人居ます…。
同じくくりで話されると私が能ナシみたい。
・給料が手取りで23万円?そりゃ貯金出来るわ。
page top