『ホンマでっか』嘘だらけの“特集に呆れ声続出「マジでやばいな」

コメポ

『ホンマでっか』嘘だらけの“特集

(C)Vital9s / Shutterstock 

7月29日の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で、イマドキ女子の恋愛事情が放送された。しかし、当の若い女性視聴者からは、「共感できない」「一緒にしないでほしい」などといった批判が相次いだようだ。

【関連】『モニタリング』バレバレすぎる“銅像ドッキリ”に疑惑「ヤラセに見える」 ほか

この日に放送されたのは「衝撃!イマドキ10代の恋愛事情」というテーマ。モデルやYouTube、TikTokといった活動で同世代の女子から人気を博す19~25歳の5人が、「イマドキ女子」代表として現代の恋愛事情を明かしていった。

まず、「男性がデートを引っ張るのは古い」「イマドキは全部女性が仕切る」と明かすと、司会の明石家さんまや『ブラックマヨネーズ』らは自身の世代との価値観の違いに驚愕。ユーチューバーのふくれなは、彼氏の髪型すら自分が決めていると話し、彼氏と同じ髪色に染める動画を「こんなカップルになりたい」と思われたいがためにアップしていることも明かしていく。

その後も、イマドキ女子サイドからは「高学歴高収入の男性はもう古い」「新モテる男の要素はフォロワー数」など驚きの恋愛事情が飛び出し、さんまら旧世代の人間はアゼン。「浮気に縛られたくないため付き合わずにいろんな人と遊ぶ」と明かされたときは特に驚きが激しく、「同棲してる鍵をポストに入れておいて、(複数いる相手が)誰でも入れるようにしてる子とかいる」など、仰天の恋愛事情まで語られていった。





デートは女子がリードする時代□□

久間田琳加さん @lespros_rinka

ねおさん @neo_neo66

ふくれなさん @fukurena0924

ミチさん @mi0306chi

ゆんさん @_yuuun_s2 #イマドキ女子 □□‍♀️が勢揃い□#ブラマヨ @bmyoshida @kosugilive

もびっくりな新常識!

\21時~ #ホンマでっか 見てね□/ pic.twitter.com/863l25I5Np

— ホンマでっか!?TV【毎週水曜 21時~】 (@fujitv_honma) July 29, 2020









肝心の同世代女子は「共感できない」

〝今時の女性〟代表として恋愛事情を語った5人のゲストだったが、こうした価値観は同世代のスタンダードというわけではないよう。ネット上には、

《今日のホンマでっか、正規分布の端に居る子らが現代人代表ヅラで恋愛観語ってるから何一つ共感できない》



《これが若者の代表として扱われてるんか…》



《ホンマでっか若い世代代表恋愛観みたいになってるが何一つ共感できひん》



《何で、こんな誰かも知らん女子たちが、「最近の女子代表」みたいにしゃべってんの? 少なくとも、私の周りの若い女子は、こんな感じじゃないけども?》



《若い女が全員そうだと思うなよ。普通に一途でありたいし浮気は許さないよ。ホンマでっかマジでやばいな》



《同世代の女やけどホンマでっか出てる女の子のゆーてることホンマに分からん》

など、ゲストたちの恋愛観をバッサリと切り捨てる声が噴出していた。どうやら、インパクトを強調したい番組が、物珍しい意見を〝常識〟のように扱っただけのようだ。

世間一般の感覚からすると、変わり者が多いインフルエンサー。その価値観が同世代の常識だとは思わない方が良さそうだ。

【画像】

Vital9s / Shutterstock



まいじつ

昔からじゃないの?今どきの若い子はコレが当たり前みたいにデマを流し情報操作するのがフジテレビの常套手段だった。でもテレビ以上に濃い情報を共有するものが発達し世間が流されなくなったのだろう。
放送免許を取り上げるべきだ。中国、韓国の回し者。
この番組は超マイナーな一説を取り上げるのが特徴じゃん。それを理解して見れば楽しめる。あと、コメンテーターのキャラの濃さね。
ほんまでっか。関西弁ですよね。だから、本当ですか。なのかな。それなら、嘘かもで聞いているんですよね。おれはバラエティーとしか見てないから。それに、年に一度たまたまつけたら映ってるから見るくらい。
ぶっ飛んでる五人を出して、イマドキって?決めつけて?
人は百人いたら百通りあるんだよ!
何でマジだと思うんだ?ドラマも現実だと思うのか?だからSNSのガセにすぐ乗せられるんだよ?簡単に騙されてしまうんだよ。
ほんまでっか、だからね。
何一つまともに受取っては駄目、今までも、これからも。
ヤラセのフジテレビ。
本当の事である方が珍しい。
クレーム入れてる女子達がまともに見える
バラエティーですから。今はもう、NHKもあてにならないですし。

page top