波瑠が“任天堂ディス!?

コメポ

波瑠が“任天堂ディス

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月14日、波瑠主演のドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)の放送がスタートした。初回の作中の会話で、ゲーム最大手の『任天堂』を「ディスったのでは?」などと話題になっている。

【関連】波瑠がうっかり失言? 正直すぎるコメントに「そんな言葉使うの!?」 ほか

主人公は、恋愛をさぼってきた〝おひとり様〟産業医・大桜美々(波瑠)。「コロナパニック」の世の中を過ごす中で、ふとオンラインで知り合った相手にSNSで恋をしてしまう。しかも相手は、どうやら社内にいるらしい…というストーリーだ。

第1話では、新型ウイルスの脅威の中、全社員1129人の健康を管理する美々の忙しい日常、そして、ゲームをして恋の相手と出会うまでが描かれた。

美々がゲームをするきっかけとなったのは、精神科医の富近(江口のりこ)からストレス解消にとススめられたこと。初め、ゲームと聞いて、美々は「あの癒やし系のやつですか? 花摘んだり、魚釣ったり…」と、あるゲームを想像しながら難色を示す。これに富近が「えっ? そういうので癒やされるタイプ?」と尋ねると、美々は「腹立ってきますね」と否定。

美々の意見には富近も賛成し、「美々ちゃんはこっち系だろ?」と、ハンティング系のゲームをおススメしていた。

実際にゴリゴリゲーマーの波留

ゲーム名こそ出なかったが、美々が「腹立つ」とコメントしたゲームは、今年大ヒットした任天堂のゲーム『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)だと想像した視聴者が多かったようだ。ネット上では、

《まさかのあつ森ディスリ》



《任天堂信者ブチ切れ!》



《反あつ森派笑笑》



《おい!あつ森disんなやww》



《あつ森の完全否定》



《アンチあつ森かよ》

などといった声が上がっている。

「波瑠は以前からゲーマーだと明かしており、オンラインゲームをすることが日課のようです。さらに、ゴリゴリのアクションゲーム『仁王2』のキャストとして仕事を受け、前作をプレーしたとも明かしていたので、まったり過ぎる『あつ森』は、美々としてではなく、波瑠本人が好きではないのかもしれません」(芸能記者)

とはいえ、あくまでドラマの台詞。ドラマのキャラがディスっただけなので、『あつ森』ファンは気を悪くしないでほしいものだ。



まいじつ

オレ、波瑠たんのカレシになりたい。
マスコミなんて放火犯みたいなもんだから火のないところに何とかして煙を立たせたいんでしょ
それが台本だと小学生でも分かると思う。そんなことをいちいち記事にして楽しいのかね
まいじつの記事の低俗さ。
あなただけだよ。
この物語はフィクションです 実在の人物や団体などとは関係ありません
ドラマの台詞=演者の本心。
っておもっているのか?
たまたま昨日、スクウェアがファミコンのディスクシステムでゲーム会社をしていたDOGという名称を検索していた。
久しぶりに懐かしいタイトルばかり見て、昔夢中になって遊んだ頃を思い出した。
今はシステムが複雑で、やりにくいものもいっぱい。
昔の、サクサクやれるゲームが、またしたくなるなぁ(遠い目)
脚本の通りの台詞だろ、役者の意見じゃ無いから。
なにがあかんの?

人気作だって苦手な人も普通にいますよ。

俺も嫌いではないがちまちまやっているとだんだん飽きてくる。
page top