ビートたけし、石橋貴明の“娘はどこへ…消えた2世タレントたち

コメポ

ビートたけし、石橋貴明の“娘

(C)まいじつ

デビュー時は大きな注目を集めるものの、話題性だけで中身が伴っておらず、一瞬にして消えてしまうことの多い〝2世タレント〟。一体、どんな人たちが消えてきたのだろうか。

【関連】浜田雅功の“権力”が強大すぎる… 2世タレント吊し上げに恐怖 ほか

まずは、北野武(ビートたけし)の娘・北野井子。1982年生まれの彼女は、1997年の当時14歳の時に、たけしの映画『HANA-BI』に出演して芸能界デビュー。98年には、『X JAPAN』YOSHIKIプロデュース&楽曲提供の曲『Begin』で歌手デビューすると、13万枚を売り上げるなかなかのヒットを記録した。

しかし、続くシングル『薔薇と緑』は、同じくYOSHIKIプロデュースだったものの、オリコン週間最高29位と振るわず。そして2004年に調理師の男性と授かり婚をしたが、すぐに離婚。05年に映画『有限会社ひきもどし』で主演を務めたが、以降は名前を聞くことがほとんどなくなってしまった。

石橋貴明の娘はヌードにもなったのに…

続いては、石橋貴明の娘・石橋穂乃香。芸能界に入ったばかりの頃は、石橋の娘ということを伏せるために、「穂のか」名義で活動していたが、後に石橋の娘ということを明かして、家族トークなどもしていた。

そして16年には、映画『過激派オペラ』でヌードを披露するなど、体を張った演技にも挑戦。しかし女優としての仕事はあまり増えておらず、名前を聞く機会はどんどん少なくなっていった。17年放送の『じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演した際には、舞台女優とアルバイトの仕事を兼業していると告白。19年放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、父・貴明と年に1、2回会う関係になっていることも明かしている。

最後は、明石家さんまと大竹しのぶの娘・IMARU。09年にモデルデビューすると、10年に歌手デビュー。自身が作詞をするなど、気合十分で挑んだが、オリコン週間最高50位とふるわず。2ndシングルにいたってはランキング圏外と全く結果を残せなかった。

しかし、音楽が趣味であることを活かして、音楽番組のMCを6年以上も担当するなど、地道に仕事を続けている。ツイッターフォロワー数も23万以上と人気で、しっかりとファンを獲得できているようだ。

結局、芸能界は実力社会なのかもしれない。



まいじつ

世襲は議員に限らず不要です。
あと木村拓哉の娘…
長嶋茂雄に林家三平、三波春夫…超一流の親父と三流の息子というのはわりと多いが、それを考えると歌舞伎の世界というのは凄いな。
50歳になってから勘三郎ファンになったがもっと早くから観とけばよかった。
フジの女子アナに多く見られたな?高島彩、高橋真麻、永島優美などはジャンルは違えど二世だがちゃんとそれなりの仕事をこなしてる。
ビートたけしさんの娘さんは既に芸能界引退されてますね。石橋貴明の娘もあれから見ないし、やはり二世は長続きしてるのは僅かなのだなと思いましたね。
やはりある程度『実力』が問われる世界なんだな。

2世タレントの中でも、生き残っているのはごく一部だ。

岡田某なんぞその最たるもので、父親を上手く利用しているがかといって依存はしていない。

消えていったのは、七光りを利用した所謂一発屋だ。
河合奈保子さんのお嬢さん、歌唱力もあり、作詞作曲の能力も高くて期待していたんだけど、
最近見ないね…
親が芸能人だからって、芸能界に居続ける事が幸せなの?
「うちの娘をヨロシク」って?
田舎っぺのお役人や農協、地方銀行なら分かるがタレントは親が口利きしたらダメでしょ?
親が売れたからって、子や孫まで売れるとは限らないから…逆に親の七光りと揶揄されたり、比較されるから大変なんじゃない⁈いずれにしても、ハードルは高いよ。

page top