速水もこみち“YouTubeチャンネルが悲惨!

コメポ

速水もこみち“YouTubeチャンネル

(C)まいじつ 

タレント・速水もこみちのYouTubeチャンネルが、瀕死の危機を迎えている。

【関連】『NGT48』荻野由佳の“YouTube”が大荒れ! チャンネル登録者数も… ほか

もともと、情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の人気コーナー「MOCO’Sキッチン」にて、料理の腕前を披露していた速水。2018年12月にミニドラマに押し出される形でコーナーの放送が休止し、2019年3月に突如番組からの卒業が発表された。

同チャンネルは、その後の9月から本格的に始動。『M’s TABLE by Mocomichi Hayami』という名の通り、料理をメインに動画を投稿してきた。チャンネル登録者数は、現在(10月14日時点) 約38万人を誇り、最初こそ再生回数100万回を突破する動画もあったのだが、最近ではおおむね〝2万回〟前後と寂しい数字。家庭で簡単にできるレシピや、記念日などに最適なおもてなし料理など、さまざまなジャンルから視聴者にアプローチをかけ、参考になる動画ばかりなのだが…。

「スタッフとのコロナ感染防止のためか、あるときは撮影中に〝一言も話さず〟料理を完成させる動画を投稿したり、エイプリルフールでは今まで観たこともないような〝おふざけ〟をやったりと、さまざな工夫をしています。また、有名ユーチューバーや元『SMAP』香取慎吾ともコラボを果たし、着実に認知度を高めてはいるのですが…」(WEBメディア編集者)

もこみちチャンネル迷走し過ぎ

そして、これはまずいと思ったのか、今年の7月からゲーム実況にも挑戦している。

「『バイオハザードRE:3』や『マリオカート』など、バズっている人気ゲームをプレイするも、なかなか厳しい状況で、同チャンネルと縁が深い〝料理〟をテーマにしたゲーム『Overcooked2』をプレイするも、こちらも約2万回と伸び悩んでいます。これも、ボタン操作さえおぼつかず、初心者感が溢れていたため、〝とりあえず流行りに乗っておこう〟感が感じ取れることが原因かもしれません」(同・編集者)



そんな速水に対し、ネット上では

《初期の頃の真似できんような難しい料理やれ》



《もこみちチャンネル迷走し過ぎ》



《数年前にテレビで活躍してたもこみちが今、ゲーム実況動画とか上げてるとかなしい気持ちになる》



《ドンキーコングのオイル工場回だけ異様に伸びそう》

などと、切なくなりながらも励ます声があがっている。

〝再ブレーク〟は料理かゲーム実況か、はたまた他のジャンルか。速水の新たなる挑戦をウオッチしつづけていきたい。



まいじつ

ゆうちぶは「特化」してないと廃れると思うぞ、例えばゲーム実況?でも、勝手に違うストーリーをつくる妄想系の人もいるし、かなり面白いですよ
彼はいったい何に成りたいんだろうか? 料理家なのか俳優なのか中途半端なんだよね。その辺りハッキリさせた方が良いのでは?
料理動画をあげてる人も多いからねぇ。あっちこっち軸がぶれてると、登録者もつまんなく感じるんじゃないかな?自分のスタイルがハッキリしている発信者の動画は安心して観られる。
料理なら料理だけのほうがいいかも。

料理とゲーム実況では完全に視聴者が違うと思いますし。

人気ある料理動画をみていると見やすいわかりやすいです。
page top