過激すぎて発売禁止!?

コメポ

過激すぎて発売禁止!? 藤子不二雄Aが生み出した衝撃の「お蔵入りマンガ」3選

『オバケのQ太郎』や『忍者ハットリくん』といった数々の名作を生み出した、レジェンド漫画家・藤子不二雄A。子ども向けの作品を世に送り出す一方、ダークな作風でも知られている。しかも過激な描写が多すぎるため、単行本未収録となったエピソードは数知れず、〝お蔵入り〟となった作品も。本稿ではそんな藤子不二雄Aの「お蔵入りマンガ」の中から、3つの作品をご紹介しよう。

【関連】マガジン『炎炎ノ消防隊』“実写”展開が衝撃的…!「漫画で鳥肌立ったのは人生初」ほか

まず1つ目に取り上げるのは、1970年代に『週刊少年キング』に掲載された『毛のはえた楽器』という短編。タイトルからして不気味な印象があるが、その内容もかなり尖っている。

作中では、日本のテレビ番組がアフリカの奥地を探検取材。そこで遭遇した部族から、毛のはえた楽器を売りつけられる。そして、その楽器をよく見ると、行方不明になったスタッフの特徴的なホクロがあるのだった…。

同作は『ぶきみな5週間』という5週連続の連載における、第1話目のエピソード。そのため当初は単行本に収録される予定だったが、人種差別などの問題によって未収録となってしまう。

表現のギリギリを攻めたマンガの数々

「毛のはえた楽器」の代わりに、「ぶきみな5週間」の1話目に収録されたのが『禁じられた遊び』。しかしこちらもかなり〝ヤバい作品〟として、長年ファンの間で騒がれている。

同作もブラックな内容であり、単行本収録時にはページ数が半分以下になるほどカットされた。ストーリーは、動物を愛する心優しい5歳の少女の周りでペットが相次いで死亡。やがて少女はお墓に異様なまでに執着していく、というもの。連載版では「ウ…」とだけ唸る男性が登場し、少女と行動を共にしていたのだが、単行本化の際にその存在が丸々削られてしまった。

同作はカットされた短縮版のみが世に出回り、現在は『奇想天外社』が発行する短編集『藤子不二雄ホラー・ファンタジー劇場 ヒゲ男』にしか掲載されていないようだ。

最後にご紹介する作品は、現代では絶対に連載できないと断言できる『狂人軍』。すでにタイトルからしても危ない臭いを醸し出す同作は、ギャグ漫画ではあるものの、登場人物がとにかくヤバい人たちばかり。文字通り、狂人たちがトラブルを巻き起こすという不条理な内容なのだ。そもそもタイトルに〝狂人〟という言葉を使っていること自体がアウトであり、復刻は永遠に望めない。もし現代版が出版された場合には、修正によって全くの別作品になると思っておいたほうがいいだろう。

今回紹介した3作品は断トツで過激なものばかり。しかし藤子不二雄A作品にはギリギリセーフな作品も多く、一度ハマったら抜け出せなくなるほどの中毒性がある。世の中には「怖いもの見たさ」という言葉があるが、彼の作品にはその言葉がぴったり当てはまっているようだ。

文=大獄貴司



画像=『藤子不二雄Aのブラックユーモア 1 黒イせぇるすまん』(藤子不二雄A/小学館)

まいじつ

猿の手
エコエコアザラク エコエコザメラク
水木しげる先生も戦争のお話描かれてたりしてダークなところありますよね。
その時代を経験してなければ描けないものもあると思うので、今見ることが出来ない私たちはもったいなく感じます。
そういえばサザエさんとかも昔は結構ぶっ飛んでますよね。
日本書紀のグロさは書けないので、エロさなら少し。
雨戸の岩の前でアマノウズメという神様が(ピー)部をあらわに踊ったと。
今の名前で言うと「舞台でのスト〇ップ」ですね、なので風俗のお店の神棚の神様はアマテラスではなくアマノウズメなのです φ(..)
初期ドラえもんはAのブラックさが随所にあったからこそ面白かった。
そんなこと言ったら、ギリシャ神話はエログロすごいぞ。日本の古事記もね。
他人に自分の価値観を押し付ける自己中の意見だな。
ダークな作品も面白そうですね。
古いのだと火の鳥何かもかなり危ないネタのが有るぞ?確か近親相姦の話が有った記憶が...。
4番ファーストはやはり彼なのか。←こらこら

page top