山口俊、古巣・巨人に電撃復帰で20日にもチーム合流 「苦しい投手陣の救世主なるか」

コメポ

【プロ野球】山口俊、古巣・巨人に電撃復帰で20日にもチーム合流 「苦しい投手陣の救世主なるか」

ジャイアンツ傘下3Aのサクラメントを退団した山口俊が、2019年まで在籍していた巨人に復帰することが分かった。

3日、自身のインスタグラムで「この度、山口俊は日本に帰国することを決断しました。夢を追ってメジャーに挑戦しましたが、力及ばずシーズン途中での帰国となります」と退団を報告。日本球界への復帰を示唆していた。

山口は2019年オフに巨人からポスティングシステムを利用し、ブルージェイズに移籍。メジャー1年目の20年は先発ローテ入りが叶わず、救援投手として17試合に登板して2勝4敗、防御率8.06でシーズンを終えた。

今年2月に自由契約となり、ジャイアンツとマイナー契約を結んでいたが、5試合に登板して0勝3敗、防御率6.17という成績だった。

◆日本復帰を表明の山口俊、メジャーで苦しんだ要因とは? 持ち味生かせず昨季は防御率8.06

■苦しい投手陣の救世主なるか

2017年から19年までの巨人時代には、2018年7月27日の中日戦で史上79人目のノーヒットノーランを達成するなど、3年間で60試合に登板、26勝をマーク。

19年は15勝4敗で勝率.789、防御率2.91、188奪三振の成績を残し、自身初のタイトルとなる最多勝利、最多奪三振、最高勝率を獲得。ベストナインも受賞した。

今年、巨人はここまで3年目の髙橋優貴が6勝、戸郷翔征が5勝を挙げるなど若手が奮闘しているものの、エース・菅野智之が7試合登板で2勝3敗と不調。

苦しい投手陣の救世主となるか。山口俊は20日にもチームへ合流、調整を開始する予定だ。

◆山口俊、日本球界復帰を決意「夢を追ってメジャーに挑戦しましたが、帰国することを決断しました」

◆ロッテ・佐々木朗希、本拠地で初勝利なるか 初白星から中13日で登板

◆もう一度見たい規格外の本塁打 怪物ルーキー・佐藤輝明が5月度月間MVPを受賞

文・SPREAD編集部

SPREAD

シーズン途中入団のマイナーあがりの外人投手くらいに考えた方がいいかな。ベンチにいるピッチャーを明日のことも考えずに使うなんて終身名誉監督みたいだ。
メジャーのみずに合わずに活躍出来ない選手は必ずいる。
実力とは別の部分でな。

問題は帰国後活躍出来るか?じゃない?
メジャーに行く時に日本に戻る時は必ず巨人に連絡する事って書類にサインしてたんでしょ?
メジャー通算2勝だからな、桑田真澄を超えている(笑)頼もしい存在
出戻り、ですか。。。。。
日本球界でぶっちぎりの実力者でないとメジャーだと普通に活躍するのも難しい。
とりあえずこの選手はもう「メジャーにいきたい」とは言わないだろう。
その意味では、球団は安心して使えるかもしれない。

メジャーで活躍できる選手は、日本ではトップクラスだった選手ばかり。
日本人選手がメジャーに憧れる気持ちはわかるが、メジャー行きを選ぶ前に、日本で自身がとれくらいやれていたかをよく見極めたほうがいい。
ポンコツになって戻ってきた感じ。結構いるよね日本人選手でそんな感じの人。
山口が巨人のために帰ってきたわけではないでしょう。アメリカで居場所がないから帰国せざるを得なかっただけ。巨人もプライドってないのかな?
電撃じゃないだろう。まぁ行っても一年保つかなと思ってたからな~?しかし無様だね。日本で使い切られて願望だけでメジャーはまず通用しない。
page top