漫画・アニメの影響でロリコンが増加!?

コメポ

漫画・アニメの影響でロリコンが増加!? ラッパーvsオタクの“論争



漫画・アニメの影響でロリコンが増加!? ラッパーvsオタクの“論争”が地獄すぎる… (C)PIXTA



『キングギドラ』(現・KGDR)のベテランラッパー・Kダブシャインが、6月1日に自身のツイッターで日本のサブカルチャーに対する持論を展開。漫画やアニメを愛するオタクたちが猛反発し、この世の地獄のような論争が繰り広げられている。

【関連】オタクの“聖地巡礼”は迷惑?『ラブライブ!』モデル店の苦言に賛否ほか

Kダブシャインは、小学生に対する強姦容疑で男性会社員が逮捕されたというニュースを引用し、《反論承知で言うけど、日本のマンガとかアニメの少女趣味傾向がロリータペドを増長させてるんだと思うよ》とツイート。漫画やアニメが未成年への性犯罪の温床になっているという、独自の理論を展開させた。

すると漫画やアニメのファンからは、《全く根拠が無いのに偏見だけでディスるのやめろ》《じゃあ日本より西洋諸国の方が性犯罪が多いのはなんで?》《あまりに短絡的な考え》《漫画やアニメと全く関係ない事件を引用してまでツイートすることかよ》《それってあなたの感想ですよね?》といった声が。他にも数多くの反論が殺到し、炎上状態になってしまった。

しかし、その後もKダブシャインは《ロリコンたちが趣味をディスられて憤慨してるw》などとオタクを煽り、火に油を注ぐような形に。これまでKダブシャインは児童虐待などの社会的な問題を扱うラッパーとして支持されてきたが、今回に関しては明確な論拠がないため〝たんなる偏見〟だと反論されているようだ。

ラッパーとオタクはなぜ仲良くできなかったのか…

その一方、反論するオタクたちの中にも《HIP HOPだって薬物や反社的な勢力のイメージがあるな》《クスリキメすぎておかしくなったのか?》といった偏見まみれの考え方でKダブシャインを叩く人が。未成年への性犯罪にかこつけて漫画やアニメを批判するのも、「ヒップホップ文化が犯罪を助長している」と決めつけるのも、本質的にはやっていることは変わらない。

こうしてラッパーVSオタクの戦いは泥沼の様相を呈しているのだが、実際のところ両者のような偏見を持っている人は、今や少数派のように思える。たとえばヒップホップも『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)の流行で、多くの人がライムやフロウについて語れるほどにまで周知された。一方で漫画やアニメも、『君の名は。』や『鬼滅の刃』などのブームにより、オタクだけの文化から脱却。ヒップホップは不良の音楽、アニメ好きは犯罪者予備軍…といった考え方は、大体00年代あたりの古い思想だ。

Kダブシャインもヒップホップアンチのオタクも、同年代の似た者同士である可能性が高いので、ひょっとしたら仲良くできるかもしれない。今回の論争は、古い価値観が最悪な出会い方をしてしまったが故の、不幸な事故だったに違いない。

文=大上賢一

【画像】

TRANVANCHIEU / PIXTA

まいじつ

現実の幼女好き(ロリコン)は、漫画やアニメと無関係ですよ。
「西洋諸国の方が性犯罪が多い」は間違い。

被害者が黙っていないだけで、泣き寝入りを含めたら日本の方が多いというデータがある。

欧州の電車に痴漢なんて出ませんからね。
確かに大人の女性より幼い子供が登場するもの増えている気もしますね。

もちろんターゲットが同じ年代の子達なら問題はないのだが、大人をターゲットにしているよね?って作品も子供率高い気がします。

政治家も14歳がいいそうですから増えているのは間違いないでしょうね。
じゃあ漫画アニメオタクはみんなロリコンって事になるのか!?おいおい…それは無いでしょ!😵💨
だってロリコン議員が自分の性癖(?)を法的に認めるように党のワーキングチームで働き掛けようとする国だもの。
アニメの女子はありえない巨乳とか描いてるからねぇ~。身体が細いのにやたらと胸がデカイ。気持ち悪いよ。
そういう写実がないのに、そういう風に見えるのは、その人の頭の中がそういう風になってるからだと思う
オイ!立憲らどうするの?これ。
自分、オタクで二次元の女の子可愛いとは思うが。同時にそれを現実の年端も行かん子らに向けようとは思えんよ?オタクor非オタク両方に倫理観のブッ壊れが居てソイツらが性犯罪を起こすだけ。そして、その現実を見たく無いから、これまで声高に反論しなかったオタクの責任にしてるだけ。コレは今もマスコミが良くやる、猟奇犯の部屋からゲームや漫画が出たと報道。今時、ゲームや漫画を読まん人らのが少ないだろとオタク等は反論中。だったら、犯人の部屋からTVと布団と包丁、フライパンが見つかりましたとも報道しないと。
隣国はロリコンどころか性犯罪をしていますよ。

page top