声優・山寺宏一は“40歳以下の女性フェチ?

コメポ

声優・山寺宏一は“40歳以下の女性



声優・山寺宏一は“40歳以下の女性”フェチ? 過去の離婚&結婚に法則性を発見 (C)PIXTA



6月14日、人気声優の山寺宏一とタレント・岡田ロビン翔子が結婚を報告して話題に。しかし3度目の結婚&約30歳差という事情もあり、素直に喜びの声を上げるファンは少ないようだ。

【関連】アニメ『邪神ちゃん』韓ドラパロディで炎上!? 化石オタクに「時代が止まってる」と呆れ声ほか

今年で60歳となる山寺は、アニメや洋画の吹き替えなどで数々の役を演じてきた、言わずと知れたレジェンド声優。そして岡田ロビン翔子は、女性アイドルグループ『チャオ ベッラ チンクエッティ』の元リーダーで、28歳となった現在はラジオパーソナリティーや歌手として活動している。最近では『ZIP!』(日本テレビ系)に出演していることでも有名だ。

そんな2人が結婚し、山寺は自身のツイッターなどで「この度、岡田ロビン翔子さんと入籍しました事を報告させて頂きます」と報告。また交際のきっかけについては、「共演していたラジオ番組を卒業した事で、彼女の存在の大切さに気づきお付き合いが始まりました」と語っている。



ご報告です。 pic.twitter.com/gnoRgqWqZa

— 山寺宏一 (@yamachanoha) June 14, 2021



https://platform.twitter.com/widgets.js

しかしSNSなどでは、《なんだろう、この素直におめでとうって言えない感じ…》《声優としては大好きだけど、私生活はだらしなくて気持ち悪い》《またすぐに離婚しそう》《夫婦っていうより親子じゃん》《この人いつも結婚してんな》といった声が。ファンであっても、今回の結婚に関してはドン引きしてしまったようだ。

結婚歴のとある“法則性”が話題

また、これまでの結婚遍歴を振り返って、〝山ちゃん40歳までの女性としか付き合えない説〟を提唱する人も。まず1度目の結婚相手は、『アンパンマン』メロンパンナ役としてお馴染みのかないみか(当時29歳)だったのだが、彼女が42歳の頃に離婚。そして2度目の結婚は当時33歳だった声優の田中理恵で、離婚したのは彼女が39歳の時だった。たしかに両者ともアラサーあたりの年齢で山寺と結婚しており、40歳前後で離婚している。

ネット上では《いくつになっても若い子と付き合えるのは羨ましい》と羨望する声もあり、好き勝手言われている3度目の結婚。そんな中、元妻のかないみかは、自身のツイッターで《もうじき還暦!! Wおめでとう~》と素直に祝福しており、本人たちの間ではすっかり過去を精算できている印象だ。

もちろんモヤっとするファンの気持ちも分からなくはないが、基本的には誰と結婚しようが本人たちの自由。周りの声など気にせず、幸せな家庭を築いてもらいたい。

文=大上賢一

【画像】

golubovy / PIXTA

まいじつ

本人同士が良ければ別にいいだろ?
夫婦っていうより親子
??? 40歳以下の女性が好き? つまりこの男性は「おばあちゃん」より「おばさん」のほうがマシだって考えているんだろ? オレと一緒ジャン。ちゅうか、フェチというか古今東西、人類の普遍的原理だろ?
60ても70でも、ピチピチの若い娘に眼が行く。40代ならギリで許容範囲なんじゃね?
前々妻も、前妻も20代で結婚し、40代になると捨てている。つまりは若い女好き。まぁ、一部ではモラハラ疑惑も言われてるし。新しい嫁のご両親は複雑やろね。
長年おはスタでおはガールと毎日仕事してたんだから若い子しかダメになったんだろうな(笑)
page top