吉本興業が見捨てた才能!

コメポ

吉本興業が見捨てた才能! 他事務所で大ブレークした芸人たち

(C)まいじつ 

6月10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演したお笑いコンビ『スピードワゴン』が、吉本興業から退所した際のエピソードを明かした。

【関連】意外と知らない? 松本人志と内村光良の“ビッグな元カノ”たち… ほか

「スピワ」の2人が吉本に所属していた頃、ステージとして使用していた『銀座7丁目劇場』が閉館。『ルミネtheよしもと』が建つまで「お休みです」と事務所スタッフに言われたため、2人はネタ見せでさまざまなプロダクションへ。そこで、現在の事務所「ホリプロコム」からオファーをもらったため、吉本を退所しようと電話をかけたという。

すると電話口で若い女性が「はい、OKでーす」と軽い返事。これが吉本との最後だったようで、共演者はその適当ぶりに驚いていた。

結果的に現在大成功しているスピワを見ると、事務所退所は正解だったと言えそうだが、彼らのように吉本退所後にブレークした芸人は多い。

『R-1ぐらんぷり』『キングオブコント』優勝者も…

まずは、ハリウッドザコシショウ。彼はNSC大阪校11期生で、陣内智則、『中川家』、ケンドーコバヤシらと同期。そしてスピワのように、1999年の『心斎橋筋2丁目劇場』の閉館に際して吉本を退所。その後『ワタナベエンターテインメント』所属を経て、現在の『ソニー・ミュージックアーティスツ』に所属。2016年に『R-1ぐらんぷり』で優勝して大ブレークを果たした。

お笑いコンビ『ロッチ』コカドケンタロウは、NSC大阪校14期生であった。『フットボールアワー』などと同期で、2000年まで吉本所属で活動。その後、『プロダクション人力舎』へ移籍し、さらに現在の事務所『ワタナベエンターテインメント』まで行きついた。ここで2005年にコンビを組んだのが、現在の相方・中岡創一だ。

実は中岡もNSC大阪校16期生として活動していた経緯があり、コカドの後輩にあたる。中岡は吉本時代、トリオを組んでいたが、一時芸人を引退して5年間豊田市の町工場に勤務。05年にコカドに誘われて芸人に復帰している。

その他、カンニング竹山、ゲッターズ飯田、ザブングル、スギちゃん、『バイきんぐ』なども元吉本だ。

吉本の育成力がスゴイとも言えそうだが…。



まいじつ

引きは良いが、生かし方が下手な吉本。
育成力がスゴイ
会社というか事務所との相性ってのも有るからねぇ。まぁ捨てる神有れば拾う神有りって言うし。拾ってもらってブレイクしたんだから胡座をかいて鼻高々に成らない様にすれば、ソコソコ人生過ごせるのでは?
大きな文字では書けないが昔、会社の先輩の紹介で吉本新喜劇の大スターの付き人になりかけたことがある。その後、その方は酒で身を滅ぼしてしまったが今思えばもったいないことをしたなぁ。
見捨てたとは違うかな。

野球とかサッカーとかでも環境が変わり力を発揮出来る人もいる。

たぶんそのまま残っていたら今テレビに出られていないと思うよ。今の相方さんにも出会っていないだろうからね。
page top