埼玉県、生理の貧困へ対応

コメポ

埼玉県、生理の貧困へ対応…県立学校に生理用品を無償配布

 埼玉県は2021年6月16日、新型コロナウイルス感染症拡大による「生理の貧困」に対する取組みとして、県立学校等に生理用品を無償配布する支援策を発表した。児童生徒への支援、相談体制等も整備する。



 新型コロナウイルス感染拡大による雇用や就労への影響から、経済的な事由により生理用品を用意することが困難な状態にある「生理の貧困」が生じている。埼玉県は現在の社会情勢等を踏まえて、必要とする人たちに生理用品を配布する取組みを行う。



 具体的には、県立学校(特別支援学校含む)174校の特定トイレに無償の生理用品を各学校1,000個程度配備。児童生徒への支援、相談体制等を整備する。さらに、町村部に県が設置している7か所の自立相談支援窓口と、各町村社会福祉協議会にも生理用品を配備する。



 また、困窮世帯を支援するため、災害備蓄品の有効活用の検討や企業等から寄附を受けた生理用品をフードパントリー等を通じてひとり親家庭等に配布する。



 市町村支援の取組みとして、県の災害備蓄品の提供希望も打診するという。

外岡紘代

確かに今困窮してる方は多いから、支援する事はいい事だと思います。

問題は支援される事が当たり前になってしまって権利ばかり主張される方が一定多数いる事。

こういう人らのおかげで一生懸命抜け出そうと頑張ってる人まで余分な誹謗中傷を受けてしまう。
生理用品を配布すると簡単に書いてあるけど、形状・吸収量など、人それぞれ適したものに違いがある。
アンケート調査した?
「これでも渡しとけ」みたいな対応されてなければ良いが・・・・
デリケート案件だから慎重にするべき。
毎月のスマホ代は払えるんでしょ?格差って言うのは言い訳にすぎないって思うんだけどな。
格差社会
今は、コロナのせいで仕事を失くした人が多いから、それが買えない人もたくさん出てくるのではないのでしょうか。
必要最低限の生活ができるように県も援助しないと。
格差社会と言われて久しいが、これほどまで経済大国なんて言ってる日本で起きている事実、ガッカリだよ、バブル崩壊して30年、生き延びる為としてもこれだけの搾取があると言う事だろう、確かに個人収入が減ってそれが30年続いている、子供を増やす政策とか、今更的な発想では救えるものも救えない、金持ち優遇制度を見直せょ、
それってコロナの影響で経済的に苦しく無ければ問題なかったことなの?もし経済的問題だけなのだとしたらそこに生活費が回せないって相当ですよ。生理の貧困と言うより完全に生活保護レベル。その認定もせずに物だけ提供することが解決になるのか甚だ疑問です。
んー… 生理用品買うのに月千円かからないでいけるでしょ。ひと昔前ならまだしも、今は困窮してたとしても生理用品くらいは買えるよ。
父子家庭で言い出しにくいとかも、気持ちはわかるけど、なんかなぁ。
まぁ現物支給だからまだいいけど、これに甘え続けると貧困の負のループから抜け出せなくなるんよ。
急な生理の為にトイレに常備されるのは、助かると思うけど、困窮の為って、月にせいぜい500円だよ?他で節約しろ!と思う。

page top