ドクターイエローだけじゃない「鉄道のお医者さん」

コメポ


        ドクターイエローだけじゃない「鉄道のお医者さん」 会えたらラッキー? その功績とは

線路などの状態を検測する「鉄道のお医者さん」として特に有名な車両は「ドクターイエロー」でしょう。このような検測車は、東海道・山陽以外の新幹線にも、在来線にも存在します。ここでは愛称が付けられた事業用車両を紹介します。



「ドクターイエロー」はJR東海 ではJR東日本は?



 東海道・山陽新幹線を走る「ドクターイエロー」こと923形新幹線電気軌道総合試験車は、その愛称の通り線路や架線の状態などを検測する「鉄道のお医者さん」です。東京~博多間の全線を走るうえ、運行日が非公開であることから、「見ると幸せになれる」ともいわれます。「ドクターイエロー」のように旅客を乗せず事業用のみで使われる車両は、JR在来線や各鉄道会社にももちろん存在します。車両数は少ないことがほとんどで、特に工事用となれば日中に走る姿をほぼ見られないため、こちらも「見られたらラッキー」な存在といえるかもしれません。



 今回は事業用車両のうち、特に愛称が付けられている各社の車両を紹介します。



「East i」JR東日本 E926形新幹線電車



 東北新幹線や上越新幹線など、JR東日本管内の新幹線全線を走ります。ミニ新幹線である山形新幹線と秋田新幹線も検測可能。秋田新幹線で使われるE3系電車をベースに、2001(平成13)年に登場しました。



「East i-E」JR東日本 E491系電車



 JR東日本管内の在来線用の事業用車両です。国鉄時代の事業用車両である443系電車やマヤ34形客車などを置き換えるため、2002(平成14)年に登場しました。ミニ新幹線も走る奥羽本線など一部区間を除き、電化された路線全線を走ります。なお、JR線とつながっているIGRいわて銀河鉄道や、しなの鉄道などの第三セクター路線でも検測を行うことがあります。 ちなみに、非電化路線など「East i-E」では走行不可能な路線は、「East i-D」と呼ばれるキヤE193系気動車によって検測が行われます。



私鉄にもいます!「お医者さん」



 私鉄にも愛称が付けられた事業用車両が存在します。



「TOQ i」東急電鉄7500系電車



 東急電鉄が所有するのは「TOQ i」(トークアイ)こと7500系電車。愛称は公募で決定しました。2012(平成24)年、それまで使われていたデヤ7200系を置き換えるために登場。世田谷線を除く東急全線の検測のほか、車両の牽引にも使われます。



「TECHNO-INSPECTOR」小田急クヤ31形電車



 小田急電鉄の事業用車両で、「テクノインスペクター」と呼ばれます。こちらも公募で愛称が決定されました。車両は通勤形の3000形電車がベースです。



「Dynamic Analytical Express」京王クヤ900形電車



 2008(平成20)年に登場した京王電鉄の事業用車両で、頭文字を取り「ダックス」と呼ばれます。車両の前後に電動車を連結し運用されます。ちなみに電動車は2015(平成27)、通勤形9000系電車をベースにしたデヤ901・902形電車に置き換えられました。これらは運転席周りの車体が黄色に塗装されています。



「はかるくん」近鉄モワ24系電車



 関西圏の私鉄にも、愛称が付けられた事業用車両が存在します。2007(平成19)年に2両が導入された近鉄モワ24系電車は「はかるくん」と呼ばれます。大阪線などを走る通勤形2410系電車を改造した車両です。近鉄には、線路の間隔が1435mm(標準軌)と1067mm(狭軌)の2種類の路線がありますが、「はかるくん」は台車を付け替えることで両方の路線を検測走行できます。 紹介してきた事業用車両、特に検測車は、先述した線路などのほか、ATS(自動列車停止装置)など信号装置の状態も検査できます。もともと終電後の夜間帯に集中して行われていた検測作業が、旅客列車が走る日中に高速運転したまま可能になったという点で、検測車の功績は大きいといえるでしょう。

乗りものニュース

お医者さんごっこシよう!!
昔昔、子供の頃に読んだ鉄道関係の本に線路整備の車両も載ってあり、「マルチプル・タイタンパー」という車両がインパクトあり過ぎて、未だに名前を覚えている。
北九州モノレールにも事業車両が走ってるけど見られるのは終電後…たまに夜中にドン・キホーテに行った時に見る位かな?
page top