東急バス「深夜急行バス」

コメポ


        東急バス「深夜急行バス」一挙廃止 通勤高速バスも 「コロナ禍の新生活様式が定着」

終電後の足は、もう不要なのでしょうか。



深夜急行バスの草分けだったが



 東急バスは2022年7月1日(金)、深夜急行バス「ミッドナイトアロー」と通勤高速バス「TOKYU E-Liner」について、今月末をもって廃止すると発表しました。



 深夜急行バス「ミッドナイトアロー」は渋谷駅からの5路線が、通勤高速バス「TOKYU E-Liner」は虹が丘営業所→渋谷駅の路線が対象。これらはコロナ禍で運休となっており、そのまま廃止される見込みです。 深夜急行バスは主に鉄道の終電後に郊外へ向かうバスで、タクシーよりも安価なため多くの私鉄沿線で運行されていましたが、東急バスはその草分けと言える存在でした。また、通勤高速バス「TOKYU E-Liner」は朝の通勤時間帯に住宅街から池尻大橋駅や渋谷駅へ直行する座席定員制のバスで、コロナ前は虹が丘営業所から3便が運行されていました。 東急バスは廃止理由について、「コロナ禍における新生活様式等定着による需要変動」としています。

乗りものニュース

利用者の減少も有ると思うけど、乗務員の確保が難しいんだと思う。深夜便になると乗務員は二人必要だし、乗務員は昼間乗務出来ないからね。バスのドライバーって大型二種免許の保持者だし、今の若い人に大型二種免許を取る人が減っているから乗務員の確保は難題なんだよ。
page top