小倉優子の“お弁当にネット姑から小言「注意した方が」

コメポ

小倉優子の“お弁当

小倉優子 (C)まいじつ 

夫の収入に寄生し、ヒマな毎日の中でママタレのSNSを荒らすことに命をかけている〝ネット姑〟たちが、タレント・小倉優子のSNSをターゲットにしている。

6月28日、小倉は自身のインスタグラムを更新。《今日の次男と三男のお弁当は、カジキマグロの照り焼きでした》と、子どもたちのために作った弁当を公開した。

【関連】板野友美ヴィーガンなのにアニサキス症? 勘違いで叩くアンチたち ほか

2つの弁当はいずれも鮮やかで、品数も豊富な見た目・質共に高いクオリティ。しかも、これらは夕飯の残りで作られたそうで、《昨夜の残り物で、簡単お弁当でした》とスキルの高さまで滲ませている。

三男の弁当にはポテトサラダが入っているのだが、これについては《次男はポテトサラダが好きではないので入れていませんが、(三男は大好きなので入れています)最近、ポテトサラダにハマっています》とのこと。子どもの好みにも応じる上、《今回はホワイトバルサミコ酢を入れてみたら美味しかったです》とテクニックまで公開と、もはやケチの付けようがない投稿となった。

しかしネット姑たちは、これにすら壮絶ないちゃもんを付けていく。

文字通り重箱の隅をつつくいちゃもん殺到

ターゲットとなったのは、三男の弁当にのみ入っているポテトサラダだ。一見、好みに応じた素晴らしい気遣いに見えるこれもネット姑の格好の餌食。なんと彼女たちは、

《マヨネーズ使っているから夏場は特に注意しないとね》



《ポテサラって夏場のお弁当に良くないって聞いたことあるので注意したほうが良さそうです》



《ポテサラに入ってるきゅうりの水分がポテサラを傷める原因になるので、暑い今の時期は注意した方がいいですよ》



《キュウリとかを入れないならまだマシかも》



《食べるのがお子さんだから心配》



《ポテサラの味付けに塩使う、更にマヨネーズにも塩分ある 時間経つと浸透圧で野菜などから水分出ちゃうともう菌だらけ》

など、苦言を呈している。

「実は昨年も、小倉の料理はネット姑の餌食に。1歳の三男へ離乳食で出した枝豆に、そのままでは危ないとの指摘が来たようなのです。小倉は《今日、昨日のお夕飯をアップした時に、枝豆は一歳の三男にはカットしてあげた方が良いと教えていただきました! 調べましたら、一歳を過ぎても粗くカットしてあげないと危険ということでした! 私と同じような方がいらっしゃったらと思いバツを付けてアップいたします。教えていただきありがとうございました。離乳食、気を付けます》と長文で丁寧に回答。穏便に済ませていましたね」(芸能記者)

なお、7月1日に小倉はインスタにて、《昨日のポップ!UPで、私がお弁当に入れたポテトサラダはこの時期良くないと分かりました!!》と声明を発表。お弁当画像を1つアップするのも大変な世の中だ。



まいじつ

まぁ他人さまの家庭のことに口挟むのはヤボかな、と
ゆうこりん、カワイイ~
季節を考えた弁当を作ることは重要な事。
芋類は腐敗が早いから、すえた弁当食べて食中毒になる可能性が高くなる、
カレーも、肉じゃがも、ポテサラも痛みやすい料理で、食べ残りは直ぐに冷蔵庫や冷凍庫へ。またこの時期に冷蔵庫に入れてない弁当は危ないのに、更にポテサラはもってのほか。絶対禁忌。
もう少し気を配った弁当作りを⁉︎
小言ではない、注意喚起。小倉優子も納得してるのに、いちゃもん扱いは、まいじつだけ。
これはいちゃもんとは違う。

食中毒本当に怖くて甘くみちゃいけない。
今は色んな便利グッズがあるから、

そんなに心配しなくても大丈夫。

保冷バッグや保冷剤入り弁当箱もあるし、

お弁当抗菌シートも100均で買える。
記事の最初に「夫の収入に寄生し・・・」って方が余計な御世話ってネット姑にツツカレルのでは? 夫の稼ぎが専業主婦で家庭に集中出来るだけ有る証でしょ? それに、ポテサラは夏場食中毒の筆頭株は常識なんだよね。料理が出来ない人が記事を書いたとしか思えないよ(笑)
これをいちゃもんと取るのはどうかと思うけど。
ポテトサラダは食中毒で騒動が起きたことがあるほどの食材だから夏場は特に注意が必要なんだよ。こういう指摘はあって当然かと。
いちゃもんとしてスルーして実際食中毒になったらまいじつは責任取れるの?
ネット姑とはめんどくさい。無視するのがいちばん。お客さんでもないただの野次馬なんか相手にするものではない。
page top