10歳不登校ユーチューバー「ゆたぽん」

コメポ

10歳のユーチューバー、ゆたぽんの主張がついにテレビでも話題となっております。このユーチューバーは学校には行かず、ユーチューバーとして生活しているということです。不登校になった理由としては、学校の教師とのトラブルで、ネットでも「学校に行かないのはいかがなものなのか」という意見もあるようです。10歳ユーチューバーゆたぽん少年革命家ゆたぼん、人の心を突き動かしてる pic.twitter.com/cl9c0d8AF3— レモン (@mutyumuty) May 7, 201910歳のユーチューバーは以前、ネットでも不登校のユーチューバーとして話題となっておりました。今回日本テレビの「スッキリ」に出演することで更に話題となっております。ゆたぽんは、沖縄で家族と3人と暮らしているが、以前は大阪で暮らしており担任教師とトラブルとなり移住したということです。現在は通信スクールなどに行くことも検討しているということもでありますが、ゆたぽん曰く、学校に行くことは不幸になると主張しております。動画はもう少しで100万再生を迎え、更に反響を呼びそうではあります。そんな中スッキリに出演した父親は、ゆたぽんの活動についてある程度認めており、むしろ子供の「なぜ学校に行かなければならないのか」という主張に言い返せないということです。ネットやテレビでも「ずるい」「逃げているだけ」と否定的な意見が多いようです。少年革命家ゆたぽん??バカを売りにするのは良いけど、、将来、社会に野放しにしないでほしいな……。個性と自由を間違えた方向で主張するバカに育つでしょう。車の免許でもとったら………(;・∀・)あ、、、、、、、親が馬鹿なだけだ(ーー;)— けんまりぱぱ (@kazuya5001) May 14, 2019ゆたぽん絶対関西だろと思ったら沖縄住みでえっ!と思ったららやっぱり関西だった— (@KMR_0811) May 14, 2019ゆたぽんて奴なんだかんだ言ってるけど結局は逃げてるだけでしょ笑— 玲乃彩 (@SAO56481) May 14, 2019国民の3大義務の教育の義務(26条2項)をあえて捨てたゆたぽん。はたしてゆたぽんの活動は今後どうなってしまうのでしょうか。この件に関してMCの加藤は「やりたければこのまま突き進めばいい、ただしお笑いでは学校など他人の掛け合いは重要になる。お笑い目指すならたまには学校に行ったらどうかな」と助言しました。生きたままタコを食べた美人ユーチューバーも話題となりましたが今後更に難解なユーチューバーも登場しそうです。

秒刊SUNDAY

こいつ相手にしないほうがいいよ。

父親が世間の話題になるためにさせてるなんて話もあるしさ。

本当に心配するならなにがあってもとことん関わるべきだと思うが、中途半端に意見出すくらいなら関わらないほうがいいよ
行かなくなった理由が、他の子が先生に従うロボットに見えたから、だって。たぶん、これは後付け。最初は宿題するのが嫌だったんだって。不登校は不幸じゃない、それはわかる。学校に行かなくても、学ぶことはできるよ。でも、この子に、学校に行ってる子たちを人間じゃないって言う資格あるの?学校を楽しいと感じてる子たちは不幸なの?それこそ、価値観の押し付けじゃないか?話題にするほどのことじゃない。一意見として聞いておきます。
親は仕事してんの?子供に稼がせての無職か?働
き口がないに等しい沖縄県に移住して。ゆたぽん→あんポンタンやな。
父親がカウンセラーだとか言ってたけど、こんな偏った見識の人間にカウンセリングなぞして欲しくない。
母親は不安そうだったけど、父親に引きずられちゃってるんだろうな…。
親の犠牲者にしか見えんよ、憐れだこと。
宿題したくないから学校行かない?
やりたくないからしないってのが染み付いたら、親が亡くなりYouTubeもなくなったら どうやって生きていくの?
ナマポニートまっしぐらじゃん。
自分等がいなくなっても身を立てられるように教えることこそが、親の責任だと思うがね。
ただのわがままじゃん!
子供にYouTubeで金稼がせてる親ってどおよ?!
学校行かない、行かせないことを赤の他人の私が責める気はないが、『革命家』ってのは何だ(笑)

芸名みたいなもんならまだしも、本気で革命と思っているなら、親は
「色々な考えがあって、あえて不登校を選んでいる子供は他にもたくさんいる。お前が特別なのではない。YouTubeで発信してるのが珍しいだけ」
と教えてやらんと。

義務教育年齢を過ぎたらただの無職少年→無職男。YouTuberとして価値がなくなる。
いや、もっても小学生の間だけかも。

学校行く行かないの話の前に、そこを教えてやって。
迷惑かける大人になるから行け。
教育は義務。
って意見がそれなりにあるのが悲しいな。

学校で何を学んで来たのだろう・・・

学ぶことは遊ぶことと同じくらい楽しいよ。じゃダメなのかな。
私は否定派。
この子が自分の望む「自由」を謳歌していられるのは、単にそれを許容し全面的に支援する親がいるから。自力で得たとは言えない。YouTubeで主義主張を語るのも良いけど、それなら将来は是非とも現在の学校を否定するだけでなく、自分が熱く語る「自由」を損なわない学びの場や教育法を提唱し、実現出来る大人になって下さいね。
「自由」と「我が儘」の
違いも解らん者ほど
自由!自由!と喚く。
自由には、相応の自己責任が、常に付いて廻ることをお忘れ無き様にね!
子坊っちゃま君!!
この人の人生だからね…

page top