ウインカー右か左か 迷いがちな側道からの合流 「どっちもあり得る」

コメポ


        ウインカー右か左か 迷いがちな側道からの合流 「どっちもあり得る」

側道から本線へ斜めに接続するような箇所では、合流時にウインカーを左右どちらに出すか、迷うかもしれません。実は道路の構造により、どちらのパターンもあり得ます。



「交差点」か「付加車線」かで合図の方向が異なる



 ウインカーを左右どちらに出すか――迷いがちな場面に、太い道路の左側へ、側道のような細い道路が斜めに接続する箇所での合流が挙げられるでしょう。 このようなケースでは、右にハンドルを切って進む場合もあれば、いったん右に切り、左に切り返すような動作が必要な場合もあります。迷いがちなのは後者の事例でしょう。左折のような動作をするので、右ウインカーを出して本線へ進入し、途中で左ウインカーを出すクルマも見られます。 ここでは、右ウインカーを出すべき場合と左ウインカーを出すべき場合、どちらのパターンもあり得ます。 というのも、道路の形状によって「交差点」に分類されるケースと、合流の助走を行うための「付加車線」に分類されるケースがあるからです。 警察庁によると、前者では「左折」に該当するため左ウインカーを、後者では、右側の本線と並行する形で付加車線を走り、「進路変更」の形で本線へ移ることになるので、右ウインカーを出す必要があるといいます。



「交差点」は2つ以上の道路が交わる場所をいい、一般道の場合、上記した側道から本線への合流部も基本的には「交差点」になるといいます。つまりウインカーは基本的には左です。 一方で、高速道路におけるICからの合流部のように、本線車道部へすりつける形状で進路変更し合流する箇所が「付加車線」に当たるといいます。往復分離された自動車専用道路への進入部や、一方通行となっている側道と本線部分の合流部などに見られるとのこと。 ただ、高速道路上のICなどからの合流部は、道路交通法で「加速車線」と明確に定義されていますが、一般道の「付加車線」について、法律で定められた名称はないといいます。また「交差点」のケースについては、「交差点か否かによって合図の方向が決まるのではなく、法律で定めている合図の方法に従う必要がある」とも。 仮に右折禁止の標識などがあれば、交差点であると考えられますが、「一般道の側道からの合流ならば合図は左」と、一概には言えないようです。

乗りものニュース

交差点でなくて合流する場合は、後ろの車に割り込むぞと知らせるわけだから右ウインカーだよね。そして、無事割り込ませて貰ったら、ハザードランプを点滅させてお礼をいう。道交法がどうだろうと、これがエチケットと言うもんです。
昔、山手通りと玉川通りの立体合流車線で交通取締りの警官とドライバーが道路脇に立って、次々合流する車を眺めながら「ほら、右に出した」「ほら左だ」とやっていた(笑)
どうやらウィンカー違反でとっ捕まり切符きられ、ドライバーが反論して論争となり他の車の様子を「実地検分」してる模様。
取締るほうも取締られるほうも曖昧ですな。

ウィンカーは「誰に見せる(注意喚起する)ために出すか」から考えるのが正解論に賛成。
はい、合流を加速車線の手前でやる人、間違いです。もう一度教習所に行って下さい。本線にいて絶対に合流を譲らない人、運転する資格ありませんね。あと、車線変更する時にウィンカーを出さない人、ランプ点滅させるのもったいないんですか?さらに、オレは運転がウマいし慣れているんだと思ってる人、ならば周りを気をつかってあげて下さい。譲るのがカッコイイんだと優越感もてばイライラしなくなるんじゃない?
ウインカーってどの車に対して見てほしいのかで決まる。単に左折は後続車に知らせ合流などは本線から来る車と後続車に知らせる。右折は対向車と後続車に対し知らせる。結局 どの車に見せるかだよね。
左側から加速して追い越して被せるように合流する奴は、もう一回教習所へ行ってテストを受けて来なさい。
優先順位無視して我が物顔で突っ込んで来る奴も、ウインカー出してるからコッチが速度落として入れてあげようとしてるのに様子を伺いつつ結局止まる奴も…
もう一回免許取り直せ。
あと、ウインカー出してない奴は合流する気が無い若しくは後ろに入ると判断して速度は落とさんぞ。俺は。
ダメなんでしょうけど合流するしかない道でウインカーが右でも左でもどっちでも良いのでは?何なら無くても良いような…他に行きようが無いのだから。
上の場合は左 下の場合は右
役所が制定する法律や条例は煩雑で分かり難い。都道府県民や市民の立場に立って制定して貰いたい。役人根性で制定するのは程々にして貰いたい。
page top