人気芸人の脚本ドラマが大コケ!

コメポ

人気芸人の脚本ドラマが大コケ!「バカリズムって凄かったんだな」

空気階段 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

6月22日から24日にかけて、三夜連続のドラマ『脚本芸人』(フジテレビ系)が放送された。しかしあまりにも酷い出来であったため、ピン芸人・バカリズムを再評価する声があがっている。

このドラマの脚本を担当したのは、『THE W』を制した吉住、『キングオブコント』王者の『空気階段』水川かたまり、『かもめんたる』岩崎う大の3人。

【関連】バカリズムの“そっくり”ドラマが好評!? 「世にも奇妙なパクリ」「絶妙なユルさ」 ほか

1人1話ずつ脚本を担当し、テレビ局の各部署で巻き起こるさまざまな出来事を、1話から2話、2話から3話へと連動するオムニバスドラマとして3夜連続で放送された。

第1話は吉住が担当。無難なストーリーで、視聴者からは可もなく不可もなくといった評価が。続くかたまりの脚本は、そんな吉住よりも低評価。あまりにも微妙過ぎたため、オチを任された岩崎に期待の声が多く寄せられたのだが、彼がやらかしてしまったと話題になっている。

「第1話では、人気女優が万引きで逮捕。第2話では、その女優が出演していたロケ番組を急ピッチでカット編集する様子が描かれました。そしてオチとなる第3話では、そのロケ番組にクレームが来たという設定で、クレームに対応する部署『視聴者センター』が舞台に。新人オペレーター・美咲(佐久間由衣)と先輩オペレーター・育恵(酒井若菜)が厄介な電話対応に挑んでいきましたが、ドラマの中盤で雰囲気が一気に変わり、超能力サスペンスなストーリー展開に。そして最後にこの第3話は、視聴者センター職員を募集するためのトンデモドラマであるというオチがつけられたのです」(芸能記者)

「吉住が1番マシだったとは…」

視聴者置いてけぼりの超展開に、ネット上では呆れ声が殺到。

《吉住が1番マシだったとは…》



《こんな脚本でこんな演技させられる主人公が可哀想に思えてきた》



《全部が酷すぎる…これTVで流していいクオリティではない》



《メタで大滑りするとか見てられまへん》



《あー、もうフジのドラマは絶対観ない。これを面白いって出すって感覚がわからん》



《こういうのはどんでん返しじゃなくてひっくり返してるだけ》



《やっぱり夢落ちの類だった。最低》

と、本当に「視聴者センター」が出動しなければならない事態に。また、

《バカリズムって凄かったんだな》



《やっぱバカリの足元にも及ばないな今回の3人は》



《なんだう大って。バカリ呼んでこいよ》



《多分30分構成(ドラマ)というより、5分構成(コント)のものに申し訳程度の感動要素を足したものがこの作品でしょう しかもそれがことごとく外れているという。こうして考えるとバカリズムってすごかったんだなって》

と、ドラマ脚本を手掛けることの多いバカリズムを再評価する声が上がっている。

コントが書けるからといって、ドラマの脚本が書けるとは限らないようだ。



まいじつ

だからテレビを消して節電しましょうって言われるんですよ。
こんな企画に期待する方が、アレだろ。本業のお笑いも大して面白くないのに、更に畑違いってただの素人が書いた小説を映像化した様な物だろ。良く、アニメで揶揄されるなろう系(Web小説)のがまだマシだろ、アレはWeb上で人気出たの映像化だから。対してコッチは素人に書かせたの、大して質のチェックもせんで、制作したの流してる。小中のお遊戯会レベルの物を流してるに過ぎん。
予算もなければ知恵もないだけじゃなくてコンプライアンス重視で自分の首をしめているので観るべきモノはない。不要不急である。
時間返せと思ったよ。
オムニバスにしたのがまずかったかもね。

1話完結のショートのほうがよさが出せたかも。
ドラマみたけどシュールなコントみたいでした。淡々と進んでたのに急にあさっての方に話が展開する。お笑い芸人の脚本と聞いて納得。
吉住のも面白くなかった。微妙や3人の人選ミスとしか言いようがない
page top